ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

タンパク質の結び目構造からのシグナルによるtRNAのメチル化修飾

2016年9月28日

坂口怜子・Ya-Ming Hou
(米国Thomas Jefferson大学Department of Biochemistry and Molecular Biology)
email:坂口怜子
DOI: 10.7875/first.author.2016.097

Methyl transfer by substrate signaling from a knotted protein fold.
Thomas Christian, Reiko Sakaguchi, Agata P. Perlinska, Georges Lahoud, Takuhiro Ito, Erika A. Taylor, Shigeyuki Yokoyama, Joanna I. Sulkowska, Ya-Ming Hou
Nature Structural & Molecular Biology, 23, 941-948 (2016)

続きを読む

tRNA前駆体は5’キャップ構造により安定化されている

2016年8月5日

大平高之・鈴木 勉
(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻)
email:大平高之鈴木 勉
DOI: 10.7875/first.author.2016.080

Precursors of tRNAs are stabilized by methylguanosine cap structures.
Takayuki Ohira, Tsutomu Suzuki
Nature Chemical Biology, 12, 648-655 (2016)

続きを読む

G・U塩基対に依存したtRNAの選択的なアミノアシル化の分子機構

2014年6月27日

永沼政広・横山茂之
(理化学研究所 横山構造生物学研究室)
email:永沼政広横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2014.091

The selective tRNA aminoacylation mechanism based on a single G•U pair.
Masahiro Naganuma, Shun-ichi Sekine, Yeeting Esther Chong, Min Guo, Xiang-Lei Yang, Howard Gamper, Ya-Ming Hou, Paul Schimmel, Shigeyuki Yokoyama
Nature, 510, 507-511 (2014)

続きを読む

SelA十量体とtRNASecとの複合体のX線結晶構造解析によりセレノシステイン合成の分子機構を解明した

2013年5月9日

伊藤弓弦1・横山茂之2
1東京大学分子細胞生物学研究所 細胞形態研究分野,2理化学研究所 横山構造生物学研究室)
email:伊藤弓弦横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2013.054

Decameric SelA•tRNASec ring structure reveals mechanism of bacterial selenocysteine formation.
Yuzuru Itoh, Markus J. Bröcker, Shun-ichi Sekine, Gifty Hammond, Shiro Suetsugu, Dieter Söll, Shigeyuki Yokoyama
Science, 340, 75-78 (2013)

続きを読む

タンパク質合成に必須なtRNA修飾の化学構造が決定された

2013年1月16日

宮内健常・鈴木 勉
(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻)
email:宮内健常鈴木 勉
DOI: 10.7875/first.author.2013.007

A cyclic form of N6-threonylcarbamoyladenosine as a widely distributed tRNA hypermodification.
Kenjyo Miyauchi, Satoshi Kimura, Tsutomu Suzuki
Nature Chemical Biology, 9, 105-111 (2013)

続きを読む

tRNAをアグマチンで化学修飾するしくみ

2011年11月10日

大澤拓生・沼田倫征
(産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門 RNAプロセシング研究グループ)
email:大澤拓生沼田倫征
DOI: 10.7875/first.author.2011.165

Structural basis of tRNA agmatinylation essential for AUA codon decoding.
Takuo Osawa, Satoshi Kimura, Naohiro Terasaka, Hideko Inanaga, Tsutomu Suzuki, Tomoyuki Numata
Nature Structural & Molecular Biology, 18, 1275-1280 (2011)

続きを読む

遺伝暗号の解読に必須な2-アグマチニルシチジンはRNAとタンパク質の両方をリン酸化する酵素により生合成される

2011年11月10日

鈴木 勉
(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻)
email:鈴木 勉
DOI: 10.7875/first.author.2011.164

Biogenesis of 2-agmatinylcytidine catalyzed by the dual protein and RNA kinase TiaS.
Naohiro Terasaka, Satoshi Kimura, Takuo Osawa, Tomoyuki Numata, Tsutomu Suzuki
Nature Structural & Molecular Biology, 18, 1268-1274 (2011)

続きを読む

リジルtRNA合成酵素パラログGenXおよびYjeKによる翻訳因子EF-Pのアミノアシル化修飾

2010年10月13日

柳沢達男・横山茂之
(理化学研究所生命分子システム基盤研究領域)
email:横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2010.036

A paralog of lysyl-tRNA synthetase aminoacylates a conserved lysine residue in translation elongation factor P.
Tatsuo Yanagisawa, Tomomi Sumida, Ryohei Ishii, Chie Takemoto, Shigeyuki Yokoyama
Nature Structural & Molecular Biology, 17, 1136-1143 (2010)

続きを読む

タンパク質へのセレンの取り込み:その厳密性の分子基盤

2010年9月30日

千葉志穂1・伊藤弓弦1・関根俊一1・横山茂之2
1東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻,2理化学研究所生命分子システム基盤研究領域)
email:横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2010.021

Structural basis for the major role of O-phosphoseryl-tRNA kinase in the UGA-specific encoding of selenocysteine.
Shiho Chiba, Yuzuru Itoh, Shun-ichi Sekine, Shigeyuki Yokoyama
Molecular Cell, 39, 410-420 (2010)

続きを読む