ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

RNAサイレンシングにかかわるSiwiの結晶構造

2016年10月25日

松本直樹1・西増弘志1・塩見美喜子2・濡木 理1
(東京大学大学院理学系研究科 1生物科学専攻生物化学講座構造生命科学研究室,2生物科学専攻生物化学講座RNA生物学研究室)
email:西増弘志塩見美喜子濡木 理
DOI: 10.7875/first.author.2016.105

Crystal structure of silkworm PIWI-clade Argonaute Siwi bound to piRNA.
Naoki Matsumoto, Hiroshi Nishimasu, Kazuhiro Sakakibara, Kazumichi M. Nishida, Takamasa Hirano, Ryuichiro Ishitani, Haruhiko Siomi, Mikiko C. Siomi, Osamu Nureki
Cell, 167, 484-497.e9 (2016)

続きを読む

miR-183クラスターは転写因子Foxo1の発現を負に制御することによりTh17細胞の病原性を促進する

2016年7月8日

市山健司1・Chen Dong 2
1米国Children’s National Medical Center,Center for Cancer and Immunology Research,2中国Tsinghua大学Institute for Immunology)
email:市山健司
DOI: 10.7875/first.author.2016.074

The microRNA-183-96-182 cluster promotes T helper 17 cell pathogenicity by negatively regulating transcription factor Foxo1 expression.
Kenji Ichiyama, Alicia Gonzalez-Martin, Byung-Seok Kim, Hyun Yong Jin, Wei Jin, Wei Xu, Mohsen Sabouri-Ghomi, Shunbin Xu, Pan Zheng, Changchun Xiao, Chen Dong
Immunity, 44, 1284-1298 (2016)

続きを読む

プラナリアの全能性幹細胞におけるPIWIファミリータンパク質による転移因子の抑制の機構

2016年5月30日

柴田典人・阿形清和
(京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻分子発生学分科)
email:柴田典人阿形清和
DOI: 10.7875/first.author.2016.047

Inheritance of a nuclear PIWI from pluripotent stem cells by somatic descendants ensures differentiation by silencing transposons in planarian.
Norito Shibata, Makoto Kashima, Taisuke Ishiko, Osamu Nishimura, Labib Rouhana, Kazuyo Misaki, Shigenobu Yonemura, Kuniaki Saito, Haruhiko Siomi, Mikiko C. Siomi, Kiyokazu Agata
Developmental Cell, 37, 226-237 (2016)

続きを読む

piRNA前駆体の3’末端を削りこむヌクレアーゼTrimmerの同定および機能の解析

2016年3月4日

泉 奈津子・泊 幸秀
(東京大学分子細胞生物学研究所 RNA機能研究分野)
email:泉 奈津子泊 幸秀
DOI: 10.7875/first.author.2016.017

Identification and functional analysis of the pre-piRNA 3′ trimmer in silkworms.
Natsuko Izumi, Keisuke Shoji, Yuriko Sakaguchi, Shozo Honda, Yohei Kirino, Tsutomu Suzuki, Susumu Katsuma, Yukihide Tomari
Cell, 164, 962-973 (2016)

続きを読む

ミトコンドリア3’プロセソームとアンチセンスRNAによるガイドRNAの産生の機構

2016年2月18日

末松卓真・Liye Zhang・Ruslan Aphasizhev
(米国Boston大学School of Dental Medicine,Department of Molecular and Cell Biology)
email:末松卓真
DOI: 10.7875/first.author.2016.012

Antisense transcripts delimit exonucleolytic activity of the mitochondrial 3′ processome to generate guide RNAs.
Takuma Suematsu, Liye Zhang, Inna Aphasizheva, Stefano Monti, Lan Huang, Qi Wang, Catherine E. Costello, Ruslan Aphasizhev
Molecular Cell, 61, 364-378 (2016)

続きを読む

KrimpはAGO3とセンスpiRNAとの相互作用を制御することによりアンチセンスpiRNAの産生を促進する

2015年8月18日

佐藤 薫1・岩崎由香2・塩見美喜子1・塩見春彦2
1東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻生物化学講座RNA生物学研究室,2慶應義塾大学医学部 分子生物学教室)
email:佐藤 薫岩崎由香塩見美喜子塩見春彦
DOI: 10.7875/first.author.2015.099

Krimper enforces an antisense bias on piRNA pools by binding AGO3 in the Drosophila germline.
Kaoru Sato, Yuka W. Iwasaki, Aoi Shibuya, Piero Carninci, Yuuta Tsuchizawa, Hirotsugu Ishizu, Mikiko C. Siomi, Haruhiko Siomi
Molecular Cell, 59, 553-563 (2015)

続きを読む

テトラヒメナにおけるDNAの削減は小分子RNAによるトランス認識ネットワークにより制御されている

2015年7月21日

能登朋子・片岡研介・望月一史
(オーストリアInstitute of Molecular Biotechnology of the Austrian Academy of Sciences)
email:望月一史
DOI: 10.7875/first.author.2015.093

Small-RNA-mediated genome-wide trans-recognition network in Tetrahymena DNA elimination.
Tomoko Noto, Kensuke Kataoka, Jan H. Suhren, Azusa Hayashi, Katrina J. Woolcock, Martin A. Gorovsky, Kazufumi Mochizuki
Molecular Cell, 59, 229-242 (2015)

続きを読む

マイクロRNAとは何か,古くて新しい非対称性の謎を解く

2015年7月14日

鈴木 洋・宮園浩平
(東京大学大学院医学系研究科 分子病理学分野)
email:鈴木 洋
DOI: 10.7875/first.author.2015.091

Small-RNA asymmetry is directly driven by mammalian Argonautes.
Hiroshi I. Suzuki, Akihiro Katsura, Takahiko Yasuda, Toshihide Ueno, Hiroyuki Mano, Koichi Sugimoto, Kohei Miyazono
Nature Structural & Molecular Biology, 22, 512-521 (2015)

続きを読む

再構成系および1分子観察により同定されたショウジョウバエにおけるRISCの形成の過程

2015年5月11日

岩崎信太郎・佐々木 浩・泊 幸秀
(東京大学分子細胞生物学研究所 RNA機能研究分野)
email:岩崎信太郎佐々木 浩泊 幸秀
DOI: 10.7875/first.author.2015.053

Defining fundamental steps in the assembly of the Drosophila RNAi enzyme complex.
Shintaro Iwasaki, Hiroshi M. Sasaki, Yuriko Sakaguchi, Tsutomu Suzuki, Hisashi Tadakuma, Yukihide Tomari
Nature, 521, 533-536 (2015)

続きを読む

Y染色体にコードされた小分子RNAがカキにおける性決定因子である

2014年11月14日

赤木剛士・田尾龍太郎
(京都大学大学院農学研究科 農学専攻果樹園芸学研究室)
email:赤木剛士
DOI: 10.7875/first.author.2014.141

A Y-chromosome-encoded small RNA acts as a sex determinant in persimmons.
Takashi Akagi, Isabelle M. Henry, Ryutaro Tao, Luca Comai
Science, 346, 646-650 (2014)

続きを読む