ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

転写の一時停止を空間的に分離することによりスプライシングと転写伸長チェックポイントとの関係を理解する

2018年2月13日

鈴木 洋・Phillip A. Sharp
(米国Massachusetts Institute of Technology,David H. Koch Institute for Integrative Cancer Research)
email:鈴木 洋
DOI: 10.7875/first.author.2018.019

Transcriptional pause sites delineate stable nucleosome-associated premature polyadenylation suppressed by U1 snRNP.
Anthony C. Chiu, Hiroshi I. Suzuki, Xuebing Wu, Dig B. Mahat, Andrea J. Kriz, Phillip A. Sharp
Molecular Cell, 69, 648-663.e7 (2018)

続きを読む

RNAポリメラーゼのもつ複数の機能はラチェット型およびラチェット型に移行しやすいコンホメーションによりささえられている

2015年2月9日

関根俊一・村山祐子・横山茂之
(理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 超分子構造解析研究チーム)
email:関根俊一横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2015.022

The ratcheted and ratchetable structural states of RNA polymerase underlie multiple transcriptional functions.
Shun-ichi Sekine, Yuko Murayama, Vladimir Svetlov, Evgeny Nudler, Shigeyuki Yokoyama
Molecular Cell, 57, 408-421 (2015)

続きを読む

真核生物の転写開始複合体のクライオ電子顕微鏡による構造解析

2013年11月19日

村上 健次
(米国Stanford大学Department of Structural Biology)
email:村上健次
DOI: 10.7875/first.author.2013.144

Architecture of an RNA polymerase II transcription pre-initiation complex.
Kenji Murakami, Hans Elmlund, Nir Kalisman, David A. Bushnell, Christopher M. Adams, Maia Azubel, Dominika Elmlund, Yael Levi-Kalisman, Xin Liu, Brian J. Gibbons, Michael Levitt, Roger D. Kornberg
Science, 342, 1238724 (2013)

続きを読む

細菌RNAポリメラーゼと転写因子Gfh1との複合体のX線結晶解析

2010年12月24日

田上俊輔1・関根俊一2・横山茂之1
1理化学研究所生命分子システム基盤研究領域,2東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
email:横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2010.072

Crystal structure of bacterial RNA polymerase bound with a transcription inhibitor protein.
Shunsuke Tagami, Shun-ichi Sekine, Thirumananseri Kumarevel, Nobumasa Hino, Yuko Murayama, Syunsuke Kamegamori, Masaki Yamamoto, Kensaku Sakamoto, Shigeyuki Yokoyama
Nature, 468, 978-982 (2010)

続きを読む