ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

生細胞におけるリアルタイムでの1分子のmRNAからの翻訳のダイナミクスの可視化および定量

2016年5月30日

森崎達也・Timothy J. Stasevich
(米国Colorado州立大学Department of Biochemistry and Molecular Biology)
email:森崎達也
DOI: 10.7875/first.author.2016.049

Real-time quantification of single RNA translation dynamics in living cells.
Tatsuya Morisaki, Kenneth Lyon, Keith F. DeLuca, Jennifer G. DeLuca, Brian P. English, Zhengjian Zhang, Luke D. Lavis, Jonathan B. Grimm, Sarada Viswanathan, Loren L. Looger, Timothee Lionnet, Timothy J. Stasevich
Science, 352,1425-1429 (2016)

続きを読む

F1-ATPaseにおける回転の角度に依存した触媒活性の制御機構

2011年12月12日

渡邉力也・野地博行
(東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻)
email:渡邉力也
DOI: 10.7875/first.author.2011.179

Mechanical modulation of catalytic power on F1-ATPase.
Rikiya Watanabe, Daichi Okuno, Shouichi Sakakihara, Katsuya Shimabukuro, Ryota Iino, Masasuke Yoshida, Hiroyuki Noji
Nature Chemical Biology, 8, 86–92 (2012)

続きを読む

回転子のないF1-ATPaseが一方向に“回転”することを高速原子間力顕微鏡により解明

2011年8月19日

飯野亮太1・内橋貴之2・安藤敏夫2・野地博行1
1東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻,2金沢大学理工研究域 数物科学系)
email:飯野亮太
DOI: 10.7875/first.author.2011.130

High-speed atomic force microscopy reveals rotary catalysis of rotorless F1-ATPase.
Takayuki Uchihashi, Ryota Iino, Toshio Ando, Hiroyuki Noji
Science, 333, 755-758 (2011)

続きを読む

高速原子間力顕微鏡による歩行運動中のミオシンVのビデオイメージング

2010年11月12日

古寺哲幸・安藤敏夫
(金沢大学理工研究域 数物科学系生物物理学研究室)
email:古寺哲幸安藤敏夫
DOI: 10.7875/first.author.2010.051

Video imaging of walking myosin V by high-speed atomic force microscopy.
Noriyuki Kodera, Daisuke Yamamoto, Ryoki Ishikawa, Toshio Ando
Nature, 468, 72-76 (2010)

続きを読む

1分子操作技術に立脚した回転モータータンパク質F1-ATPaseの化学-力学共役機構の解明

2010年10月26日

渡邉力也1野地博行2
1大阪大学産業科学研究所 生体分子エナジェティクス研究分野,2東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻)
email:渡邉力也
DOI: 10.7875/first.author.2010.042

Phosphate release in F1-ATPase catalytic cycle follows ADP release.
Rikiya Watanabe, Ryota Iino, Hiroyuki Noji
Nature Chemical Biology, 6, 814-820 (2010)

続きを読む