ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

霊長類における物体の知覚から物体の価値への情報変換の光遺伝学的な手法による解明

2017年9月13日

田村啓太・宮下保司
(東京大学大学院医学系研究科 生理学)
email:田村啓太宮下保司
DOI: 10.7875/first.author.2017.098

Conversion of object identity to object-general semantic value in the primate temporal cortex.
Keita Tamura, Masaki Takeda, Rieko Setsuie, Tadashi Tsubota, Toshiyuki Hirabayashi, Kentaro Miyamoto, Yasushi Miyashita
Science, 357, 687-692 (2017)

続きを読む

新奇な体験による記憶の保持の強化の機構

2016年10月27日

竹内 倫徳
(英国Edinburgh大学Centre for Cognitive and Neural Systems)
email:竹内倫徳
DOI: 10.7875/first.author.2016.107

Locus coeruleus and dopaminergic consolidation of everyday memory.
Tomonori Takeuchi, Adrian J. Duszkiewicz, Alex Sonneborn, Patrick A. Spooner, Miwako Yamasaki, Masahiko Watanabe, Caroline C. Smith, Guillén Fernández, Karl Deisseroth, Robert W. Greene, Richard G. M. Morris
Nature, 537, 357-362 (2016)

続きを読む

ノンレム睡眠における皮質のトップダウン入力による知覚記憶の固定化

2016年6月16日

宮本大祐・村山正宜
(理化学研究所脳科学総合研究センター 行動神経生理学研究チーム)
email:宮本大祐村山正宜
DOI: 10.7875/first.author.2016.059

Top-down cortical input during NREM sleep consolidates perceptual memory.
D. Miyamoto, D. Hirai, C. C. A. Fung, A. Inutsuka, M. Odagawa, T. Suzuki, R. Boehringer, C. Adaikkan, C. Matsubara, N. Matsuki, T. Fukai, T. J. McHugh, A. Yamanaka, M. Murayama
Science, 352, 1315-1318 (2016)

続きを読む

記憶の想起の成功には側頭葉の領域のあいだのシグナルによる皮質層のあいだの神経回路の活性化が必要である

2015年5月12日

竹田真己・宮下保司
(東京大学大学院医学系研究科 統合生理学)
email:宮下保司
DOI: 10.7875/first.author.2015.054

Top-down regulation of laminar circuit via inter-area signal for successful object memory recall in monkey temporal cortex.
Masaki Takeda, Kenji W. Koyano, Toshiyuki Hirabayashi, Yusuke Adachi, Yasushi Miyashita
Neuron, 86, 840-852 (2015)

続きを読む

線虫C. elegansの行動の可塑性を制御する全身性の温度シグナルの同定

2011年7月19日

杉 拓磨・森 郁恵
(名古屋大学大学院理学研究科 生命理学専攻分子神経生物学グループ)
email:杉 拓磨森 郁恵
DOI: 10.7875/first.author.2011.115

Regulation of behavioral plasticity by systemic temperature signaling in Caenorhabditis elegans.
Takuma Sugi, Yukuo Nishida, Ikue Mori
Nature Neuroscience, 14, 984-992 (2011)

続きを読む