ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

過剰学習による学習の過固定および脳における興奮と抑制のバランスの変化

2017年3月1日

柴田和久・佐々木由香・渡邊武郎
(米国Brown大学Department of Cognitive, Linguistics, & Psychological Sciences)
email:渡邊武郎
DOI: 10.7875/first.author.2017.021

Overlearning hyperstabilizes a skill by rapidly making neurochemical processing inhibitory-dominant.
Kazuhisa Shibata, Yuka Sasaki, Ji Won Bang, Edward G. Walsh, Maro G. Machizawa, Masako Tamaki, Li-Hung Chang, Takeo Watanabe
Nature Neuroscience, 20, 470-475 (2017)

続きを読む

代謝型グルタミン酸受容体1型による経験に依存的な視覚系の神経回路の維持

2016年9月12日

鳴島 円1・宮田麻理子1・狩野方伸2
1東京女子医科大学医学部 生理学(第一)講座,2東京大学大学院医学系研究科 神経生理学分野)
email:鳴島 円宮田麻理子狩野方伸
DOI: 10.7875/first.author.2016.094

The metabotropic glutamate receptor subtype 1 mediates experience-dependent maintenance of mature synaptic connectivity in the visual thalamus.
Madoka Narushima, Motokazu Uchigashima, Yuki Yagasaki, Takeshi Harada, Yasuyuki Nagumo, Naofumi Uesaka, Kouichi Hashimoto, Atsu Aiba, Masahiko Watanabe, Mariko Miyata, Masanobu Kano
Neuron, 91, 1097-1109 (2016)

続きを読む

外側膝状体から1次視覚野へ入力する軸索の方位選択性は層により異なる

2016年1月28日

根東 覚・大木研一
(九州大学大学院医学研究院 分子生理学分野)
email:根東 覚大木研一
DOI: 10.7875/first.author.2016.009

Laminar differences in the orientation selectivity of geniculate afferents in mouse primary visual cortex.
Satoru Kondo, Kenichi Ohki
Nature Neuroscience, 19, 316-319 (2016)

続きを読む

方位選択性の神経活動に非依存的な初期形成および神経活動に依存した最適化

2015年11月3日

萩原賢太1・田川義晃2・大木研一1
1九州大学大学院医学研究院 分子生理学分野,2京都大学大学院理学研究科 生物物理学系神経生物学分科)
email:萩原賢太田川義晃大木研一
DOI: 10.7875/first.author.2015.124

Neuronal activity is not required for the initial formation and maturation of visual selectivity.
Kenta M. Hagihara, Tomonari Murakami, Takashi Yoshida, Yoshiaki Tagawa, Kenichi Ohki
Nature Neuroscience, 18, 1780-1788 (2015)

続きを読む

大脳の視覚野における情報処理形態の学習による変化

2015年7月14日

牧野浩史・小宮山尚樹
(米国California大学San Diego校Department of Neurosciences)
email:牧野浩史小宮山尚樹
DOI: 10.7875/first.author.2015.092

Learning enhances the relative impact of top-down processing in the visual cortex.
Hiroshi Makino, Takaki Komiyama
Nature Neuroscience, 18, 1116-1122 (2015)

続きを読む

ピンぼけ像を利用したハエトリグモの奥行きの知覚

2012年2月29日

永田 崇・小柳光正・寺北明久
(大阪市立大学大学院理学研究科 生物地球系専攻生物分子機能学)
email:寺北明久
DOI: 10.7875/first.author.2012.028

Depth perception from image defocus in a jumping spider.
Takashi Nagata, Mitsumasa Koyanagi, Hisao Tsukamoto, Shinjiro Saeki, Kunio Isono, Yoshinori Shichida, Fumio Tokunaga, Michiyo Kinoshita, Kentaro Arikawa, Akihisa Terakita
Science, 335, 469-471 (2012)

続きを読む

網膜変性に対するアミン製剤を用いた新規の薬物治療

2012年1月27日

前田亜希子・Krzysztof Palczewski
(米国Case Western Reserve大学,Department of Ophthalmology and Visual Sciences)
email:前田亜希子
DOI: 10.7875/first.author.2012.011

Primary amines protect against retinal degeneration in mouse models of retinopathies.
Akiko Maeda, Marcin Golczak, Yu Chen, Kiichiro Okano, Hideo Kohno, Satomi Shiose, Kaede Ishikawa, William Harte, Grazyna Palczewska, Tadao Maeda, Krzysztof Palczewski
Nature Chemical Biology, 8, 170-178 (2012)

続きを読む

機能的磁気共鳴画像法を用いたニューロフィードバック訓練によりひき起こされる視覚知覚学習

2012年1月11日

柴田和久・渡邊武郎・佐々木由香・川人光男
(国際電気通信基礎技術研究所脳情報通信総合研究所 認知機構研究所認知神経科学研究室)
email:渡邊武郎
DOI: 10.7875/first.author.2012.003

Perceptual learning incepted by decoded fMRI neurofeedback without stimulus presentation.
Kazuhisa Shibata, Takeo Watanabe, Yuka Sasaki, Mitsuo Kawato
Science, 334, 1413-1415 (2011)

続きを読む

マカク属サルの第4次視覚野における色と傾きの処理にかかわる機能的な構造

2010年12月14日

谷川 久
(米国Vanderbilt大学Department of Psychology)
email:谷川 久
DOI: 10.7875/first.author.2010.062

Functional organization for color and orientation in macaque V4.
Hisashi Tanigawa, Haidong D. Lu & Anna W. Roe
Nature Neuroscience, 13, 1542-1548 (2010)

続きを読む