ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

細胞質のミトコンドリア膜タンパク質はUBQLNにより品質管理される

2016年7月22日

板倉 英祐
(英国MRC Laboratory of Molecular Biology)
email:板倉英祐
DOI: 10.7875/first.author.2016.075

Ubiquilins chaperone and triage mitochondrial membrane proteins for degradation.
Eisuke Itakura, Eszter Zavodszky, Sichen Shao, Matthew L. Wohlever, Robert J. Keenan, Ramanujan S. Hegde
Molecular Cell, 63, 21-33 (2016)

続きを読む

高等植物の光化学系I-光捕集アンテナI超複合体におけるエネルギー伝達経路の構造基盤

2015年6月17日

菅 倫寛・沈 建仁
(岡山大学大学院自然科学研究科 地球生命物質科学専攻構造生物学分野)
email:沈 建仁
DOI: 10.7875/first.author.2015.074

Structural basis for energy transfer pathways in the plant PSI-LHCI supercomplex.
Xiaochun Qin, Michihiro Suga, Tingyun Kuang, Jian-Ren Shen
Science, 348, 989-995 (2015)

続きを読む

ヒトのアディポネクチン受容体の結晶構造

2015年4月28日

田辺弘明1・横山茂之1・山内敏正2・門脇 孝2
1理化学研究所 横山構造生物学研究室,2東京大学大学院医学系研究科 代謝・栄養病態学)
email:田辺弘明横山茂之山内敏正門脇 孝
DOI: 10.7875/first.author.2015.048

Crystal structures of the human adiponectin receptors.
Hiroaki Tanabe, Yoshifumi Fujii, Miki Okada-Iwabu, Masato Iwabu, Yoshihiro Nakamura, Toshiaki Hosaka, Kanna Motoyama, Mariko Ikeda, Motoaki Wakiyama, Takaho Terada, Noboru Ohsawa, Masakatsu Hato, Satoshi Ogasawara, Tomoya Hino, Takeshi Murata, So Iwata, Kunio Hirata, Yoshiaki Kawano, Masaki Yamamoto, Tomomi Kimura-Someya, Mikako Shirouzu, Toshimasa Yamauchi, Takashi Kadowaki, Shigeyuki Yokoyama
Nature, 520, 312-316 (2015)

続きを読む

膜組み込み酵素YidCによるタンパク質の細胞膜への組み込みの分子機構

2014年5月8日

熊崎 薫1・千葉志信2・塚崎智也3・濡木 理1
1東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻構造生命科学研究室,2京都産業大学総合生命科学部 生命システム学科,3奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 膜分子複合機能学研究室)
email:熊崎 薫千葉志信塚崎智也濡木 理
DOI: 10.7875/first.author.2014.057

Structural basis of Sec-independent membrane protein insertion by YidC.
Kaoru Kumazaki, Shinobu Chiba, Mizuki Takemoto, Arata Furukawa, Ken-ichi Nishiyama, Yasunori Sugano, Takaharu Mori, Naoshi Dohmae, Kunio Hirata, Yoshiko Nakada-Nakura, Andrés D. Maturana, Yoshiki Tanaka, Hiroyuki Mori, Yuji Sugita, Fumio Arisaka, Koreaki Ito, Ryuichiro Ishitani, Tomoya Tsukazaki, Osamu Nureki
Nature, 509, 516-520 (2014)

続きを読む

H+/Ca2+交換輸送体における対向輸送の分子基盤

2013年6月20日

西澤知宏・石谷隆一郎・濡木 理
(東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
email:西澤知宏濡木 理
DOI: 10.7875/first.author.2013.079

Structural basis for the counter-transport mechanism of a H+/Ca2+ exchanger.
Tomohiro Nishizawa, Satomi Kita, Andrés D. Maturana, Noritaka Furuya, Kunio Hirata, Go Kasuya, Satoshi Ogasawara, Naoshi Dohmae, Takahiro Iwamoto, Ryuichiro Ishitani, Osamu Nureki
Science, 341, 168-172 (2013)

続きを読む

ジスルフィド結合スキャン法によるβバレル型膜タンパク質のβストランドのアライメントおよびフォールディング中間体の解析

2013年5月13日

佐藤健大・Arthur E. Johnson
(米国Texas A&M Health Science Center,Department of Molecular and Cellular Medicine)
email:佐藤健大
DOI: 10.7875/first.author.2013.058

Disulfide-bond scanning reveals assembly state and β-strand tilt angle of the PFO β-barrel.
Takehiro K. Sato, Rodney K. Tweten, Arthur E. Johnson
Nature Chemical Biology, 9, 383-389 (2013)

続きを読む

非対称な結晶構造から明らかになったV1-ATPaseの回転機構

2013年3月12日

西條慎也1・山登一郎1・村田武士2
1東京理科大学基礎工学部 生物工学科・2千葉大学大学院理学研究科 生体構造化学研究室)
email:村田武士
DOI: 10.7875/first.author.2013.020

Rotation mechanism of Enterococcus hirae V1-ATPase based on asymmetric crystal structures.
Satoshi Arai, Shinya Saijo, Kano Suzuki, Kenji Mizutani, Yoshimi Kakinuma, Yoshiko Ishizuka-Katsura, Noboru Ohsawa, Takaho Terada, Mikako Shirouzu, Shigeyuki Yokoyama, So Iwata, Ichiro Yamato, Takeshi Murata
Nature, 493, 703-707 (2013)

続きを読む

光駆動性の陽イオンチャネルであるチャネルロドプシンの結晶構造からその陽イオンの輸送経路と分子機構の一端を解明

2012年2月6日

加藤英明・石谷隆一郎・濡木 理
(東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
email:加藤英明石谷隆一郎濡木 理
DOI: 10.7875/first.author.2012.019

Crystal structure of the channelrhodopsin light-gated cation channel.
Hideaki E. Kato, Feng Zhang, Ofer Yizhar, Charu Ramakrishnan, Tomohiro Nishizawa, Kunio Hirata, Jumpei Ito, Yusuke Aita, Tomoya Tsukazaki, Shigehiko Hayashi, Peter Hegemann, Andrés D. Maturana, Ryuichiro Ishitani, Karl Deisseroth, Osamu Nureki
Nature, 482, 369-374 (2012)

続きを読む

ヒトのムスカリン性アセチルコリン受容体M2サブタイプのX線結晶構造解析

2012年2月3日

芳賀達也1・Brian K. Kobilka 2・小林拓也3
1学習院大学理学部 生命科学研究科,2米国Stanford大学School of Medicine,Department of Molecular and Cellular Physiology,3京都大学大学院医学研究科 分子細胞情報学)
email:小林拓也
DOI: 10.7875/first.author.2012.018

Structure of the human M2 muscarinic acetylcholine receptor bound to an antagonist.
Kazuko Haga, Andrew C. Kruse, Hidetsugu Asada, Takami Yurugi-Kobayashi, Mitsunori Shiroishi, Cheng Zhang, William I. Weis, Tetsuji Okada, Brian K. Kobilka, Tatsuya Haga, Takuya Kobayashi
Nature, 482, 547-551 (2012)

続きを読む

生体で亜酸化窒素を生成する一酸化窒素還元酵素の立体構造

2010年12月21日

日野智也 1・城 宜嗣2
1 ERATO岩田ヒト膜受容体構造プロジェクト 結晶創成グループ,2理化学研究所放射光科学総合研究センター 城生体金属科学研究室)
email:城 宜嗣
DOI: 10.7875/first.author.2010.070

Structural basis of biological N2O generation by bacterial nitric oxide reductase.
Tomoya Hino, Yushi Matsumoto, Shingo Nagano, Hiroshi Sugimoto, Yoshihiro Fukumori, Takeshi Murata, So Iwata, Yoshitsugu Shiro
Science, 330, 1666-1670(2010)

続きを読む