ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

反応性アストロサイトと1型コラーゲンとの相互作用はインテグリン-Nカドヘリン経路を介して脊髄損傷ののちのアストロサイト瘢痕の形成をひき起こす

2017年7月6日

原 正光・岡田誠司
(九州大学大学院医学研究院 整形外科学分野)
email:岡田誠司
DOI: 10.7875/first.author.2017.067

Interaction of reactive astrocytes with type I collagen induces astrocytic scar formation through the integrin-N-cadherin pathway after spinal cord injury.
Masamitsu Hara, Kazu Kobayakawa, Yasuyuki Ohkawa, Hiromi Kumamaru, Kazuya Yokota, Takeyuki Saito, Ken Kijima, Shingo Yoshizaki, Katsumi Harimaya, Yasuharu Nakashima, Seiji Okada
Nature Medicine, 23, 818-828 (2017)

続きを読む

脊髄の損傷からの回復期における側坐核の機能

2015年10月30日

西村幸男・澤田眞寛
(生理学研究所 認知行動発達機構研究部門)
email:西村幸男
DOI: 10.7875/first.author.2015.118

Function of the nucleus accumbens in motor control during recovery after spinal cord injury.
Masahiro Sawada, Kenji Kato, Takeharu Kunieda, Nobuhiro Mikuni, Susumu Miyamoto, Hirotaka Onoe, Tadashi Isa, Yukio Nishimura
Science, 350, 98-101 (2015)

続きを読む