ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

in vitroにおける収縮環の収縮はミオシンIIに依存するがアクチンのダイナミクスには依存しない

2013年7月24日

柏﨑 隼・高木智子・馬渕一誠
(学習院大学理学部 生命科学科分子細胞生物学)
email:馬渕一誠
DOI: 10.7875/first.author.2013.094

In vitro contraction of cytokinetic ring depends on myosin II but not on actin dynamics.
Mithilesh Mishra, Jun Kashiwazaki, Tomoko Takagi, Ramanujam Srinivasan, Yinyi Huang, Mohan K. Balasubramanian, Issei Mabuchi
Nature Cell Biology, 15, 853-859 (2013)

続きを読む

細胞膜の過剰な生産により誘導される原始的な細胞分裂

2013年3月22日

川合 良和
(英国Newcastle大学Medical School,The Centre for Bacterial Cell Biology)
email:川合良和
DOI: 10.7875/first.author.2013.028

Excess membrane synthesis drives a primitive mode of cell proliferation.
Romain Mercier, Yoshikazu Kawai, Jeff Errington
Cell, 152, 997-1007 (2013)

続きを読む

上皮の形態形成における分裂期球形化の新たな役割

2013年2月1日

近藤武史・林 茂生
(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 形態形成シグナル研究グループ)
email:近藤武史林 茂生
DOI: 10.7875/first.author.2013.010

Mitotic cell rounding accelerates epithelial invagination.
Takefumi Kondo, Shigeo Hayashi
Nature, 494, 125-129 (2013)

続きを読む

MPS1/Mph1は動原体タンパク質KNL1/Spc7をリン酸化することにより紡錘体形成チェックポイントタンパク質の動原体への局在を促進する

2012年7月2日

山岸有哉・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:山岸有哉
DOI: 10.7875/first.author.2012.078

MPS1/Mph1 phosphorylates the kinetochore protein KNL1/Spc7 to recruit SAC components.
Yuya Yamagishi, Ching-Hui Yang, Yuji Tanno, Yoshinori Watanabe
Nature Cell Biology, 14, 746-752 (2012)

続きを読む

分裂期における紡錘体の配置および軸の方向を規定する2つの細胞内法則

2012年3月27日

清光 智美
(米国Whitehead Institute for Biomedical Research)
email:清光智美
DOI: 10.7875/first.author.2012.040

Chromosome- and spindle-pole-derived signals generate an intrinsic code for spindle position and orientation.
Tomomi Kiyomitsu, Iain M. Cheeseman
Nature Cell Biology, 14, 311-317 (2012)

続きを読む

Gタンパク質共役受容体Tre1からのシグナルによりショウジョウバエの神経幹細胞の分裂方向は制御される

2012年1月24日

吉浦茂樹・松崎文雄
(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 非対称細胞分裂研究グループ)
email:吉浦茂樹松崎文雄
DOI: 10.7875/first.author.2012.009

Tre1 GPCR signaling orients stem cell divisions in the Drosophila central nervous system.
Shigeki Yoshiura, Nao Ohta, Fumio Matsuzaki
Developmental Cell, 22, 79-91 (2012)

続きを読む

RhoAのグアニンヌクレオチド交換因子であるEct2による細胞質分裂における分裂溝の形成の制御機構

2012年1月11日

高木 亨・Mark Petronczki
(英国Cancer Research UK London Research Institute,Cell Division and Aneuploidy Laboratory)
email:高木 亨
DOI: 10.7875/first.author.2012.004

Targeting of the RhoGEF Ect2 to the equatorial membrane controls cleavage furrow formation during cytokinesis.
Kuan-Chung Su, Tohru Takaki, Mark Petronczki
Developmental Cell, 21, 1104-1115 (2011)

続きを読む

古細菌の細胞分裂を担うESCRT-III複合体の分子構造的な基盤

2011年2月14日

帯田 孝之
(富山大学大学院医学薬学研究部 構造生物学研究室)
email:帯田孝之
DOI: 10.7875/first.author.2011.027

Molecular and structural basis of ESCRT-III recruitment to membranes during archaeal cell division.
Rachel Y. Samson, Takayuki Obita, Ben Hodgson, Michael K. Shaw, Parkson Lee-Gau Chong, Roger L. Williams, Stephen D. Bell
Molecular Cell, 41, 186-196 (2011)

続きを読む

2つのヒストンリン酸化修飾が染色体の2方向性結合の確立に寄与する

2010年11月16日

山岸有哉・本田貴史・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:山岸有哉
DOI: 10.7875/first.author.2010.052

Two histone marks establish the inner centromere and chromosome bi-orientation.
Yuya Yamagishi, Takashi Honda, Yuji Tanno, Yoshinori Watanabe
Science, 330, 239-243 (2010)

続きを読む

サイクリン依存性キナーゼCdk1による染色体パッセンジャー複合体のリン酸化は染色体の2方向性を促進する

2010年10月7日

塚原達也・丹野悠司・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:塚原達也
DOI: 10.7875/first.author.2010.028

Phosphorylation of the CPC by Cdk1 promotes chromosome bi-orientation.
Tatsuya Tsukahara, Yuji Tanno, Yoshinori Watanabe
Nature, 467, 719-723 (2010)

続きを読む

«