ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

ショウジョウバエの脳における記憶および自己の運動の情報を符号化する並列した神経回路

2017年9月20日

塩崎博史・風間北斗
(理化学研究所脳科学総合研究センター 知覚神経回路機構研究チーム)
email:塩崎博史風間北斗
DOI: 10.7875/first.author.2017.101

Parallel encoding of recent visual experience and self-motion during navigation in Drosophila.
Hiroshi M. Shiozaki, Hokto Kazama
Nature Neuroscience, 20, 1395-1403 (2017)

続きを読む

ショウジョウバエの感覚神経系においては刺激への応答が発生の環境にあわせ制御される

2017年8月16日

兼子 拓也
(米国Michigan大学Ann Arbor校Department of Cell and Developmental Biology)
email:兼子拓也
DOI: 10.7875/first.author.2017.080

Serotonergic modulation enables pathway-specific plasticity in a developing sensory circuit in Drosophila.
Takuya Kaneko, Ann Marie Macara, Ruonan Li, Yujia Hu, Kenichi Iwasaki, Zane Dunnings, Ethan Firestone, Shawn Horvatic, Ananya Guntur, Orie T. Shafer, Chung-Hui Yang, Jie Zhou, Bing Ye
Neuron, 95, 623-638.e4 (2017)

続きを読む

ショウジョウバエのキノコ体における細胞のタイプに特異的な匂いの情報処理の機構

2017年8月7日

稲田健吾・風間北斗
(理化学研究所脳科学総合研究センター 知覚神経回路機構研究チーム)
email:稲田健吾風間北斗
DOI: 10.7875/first.author.2017.077

Origins of cell-type-specific olfactory processing in the Drosophila mushroom body circuit.
Kengo Inada, Yoshiko Tsuchimoto, Hokto Kazama
Neuron, 95, 357-367.e4 (2017)

続きを読む

マウスの性フェロモンESP1がメスの性行動を促進するための専用の神経回路

2017年6月23日

石井健太郎・宮道和成・東原和成
(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻生物化学研究室)
email:宮道和成東原和成
DOI: 10.7875/first.author.2017.057

A labeled-line neural circuit for pheromone-mediated sexual behaviors in mice.
Kentaro K. Ishii, Takuya Osakada, Hiromi Mori, Nobuhiko Miyasaka, Yoshihiro Yoshihara, Kazunari Miyamichi, Kazushige Touhara
Neuron, 95, 123-137 (2017)

続きを読む

恐怖記憶の強さを制御するフィードバック機構

2016年12月19日

小澤貴明・Joshua P. Johansen
(理化学研究所脳科学総合研究センター 記憶神経回路研究チーム)
email:小澤貴明
DOI: 10.7875/first.author.2016.126

A feedback neural circuit for calibrating aversive memory strength.
Takaaki Ozawa, Edgar A. Ycu, Ashwani Kumar, Li-Feng Yeh, Touqeer Ahmed, Jenny Koivumaa, Joshua P. Johansen
Nature Neuroscience, 20, 90-97 (2017)

続きを読む

小鳥の歌のタイミングを生成する大域的なチェーン状の神経回路

2016年7月29日

濱口航介・Richard Mooney
(米国Duke大学School of Medicine,Department of Neurobiology)
email:濱口航介
DOI: 10.7875/first.author.2016.078

A distributed recurrent network contributes to temporally precise vocalizations.
Kosuke Hamaguchi, Masashi Tanaka, Richard Mooney
Neuron, 91, 680-693 (2016)

続きを読む

大脳の視覚野における情報処理形態の学習による変化

2015年7月14日

牧野浩史・小宮山尚樹
(米国California大学San Diego校Department of Neurosciences)
email:牧野浩史小宮山尚樹
DOI: 10.7875/first.author.2015.092

Learning enhances the relative impact of top-down processing in the visual cortex.
Hiroshi Makino, Takaki Komiyama
Nature Neuroscience, 18, 1116-1122 (2015)

続きを読む

神経回路の入力と出力の関係を可視化するTRIO法の開発

2015年7月2日

宮道 和成
(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻生物化学研究室)
email:宮道和成
DOI: 10.7875/first.author.2015.082

Viral-genetic tracing of the input-output organization of a central noradrenaline circuit.
Lindsay A. Schwarz, Kazunari Miyamichi, Xiaojing J. Gao, Kevin T. Beier, Brandon Weissbourd, Katherine E. DeLoach, Jing Ren, Sandy Ibanes, Robert C. Malenka, Eric J. Kremer, Liqun Luo
Nature, 524, 88-92 (2015)

続きを読む

マウスの大脳皮質において知覚の形成に必須なトップダウンの制御

2015年6月22日

真仁田 聡・鈴木崇之・村山正宜
(理化学研究所脳科学総合研究センター 行動神経生理学研究チーム)
email:真仁田 聡鈴木崇之村山正宜
DOI: 10.7875/first.author.2015.076

A top-down cortical circuit for accurate sensory perception.
Satoshi Manita, Takayuki Suzuki, Chihiro Homma, Takashi Matsumoto, Maya Odagawa, Kazuyuki Yamada, Keisuke Ota, Chie Matsubara, Ayumu Inutsuka, Masaaki Sato, Masamichi Ohkura, Akihiro Yamanaka, Yuchio Yanagawa, Junichi Nakai, Yasunori Hayashi, Matthew E. Larkum, Masanori Murayama
Neuron, 86, 1304-1316 (2015)

続きを読む

アセチルコリンにより活性化された局所の神経回路は大脳皮質の活動の時間的な動態を規定する

2015年6月8日

杉原弘記・Mriganka Sur
(米国Massachusetts Institute of Technology,Department of Brain and Cognitive Sciences,Picower Institute for Learning and Memory)
email:杉原弘記
DOI: 10.7875/first.author.2015.070

An acetylcholine-activated microcircuit drives temporal dynamics of cortical activity.
Naiyan Chen, Hiroki Sugihara, Mriganka Sur
Nature Neuroscience, 18, 892-902 (2015)

続きを読む