ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

ショウジョウバエにおける神経修飾物質と社会行動を制御するニューロンとの相互作用による攻撃行動の制御

2017年9月29日

渡邉 毅一
(米国California Institute of Technology,Division of Biology and Biological Engineering)
email:渡邉毅一
DOI: 10.7875/first.author.2017.104

A circuit node that integrates convergent input from neuromodulatory and social behavior-promoting neurons to control aggression in Drosophila.
Kiichi Watanabe, Hui Chiu, Barret D. Pfeiffer, Allan M. Wong, Eric D. Hoopfer, Gerald M. Rubin, David J. Anderson
Neuron, 95, 1112-1128.e7 (2017)

続きを読む

オキシトシンと視線との正のループによるヒトとイヌとの絆の形成

2015年5月7日

永澤美保・菊水健史
(麻布大学獣医学部 動物応用科学科伴侶動物学研究室)
email:菊水健史
DOI: 10.7875/first.author.2015.049

Oxytocin-gaze positive loop and the coevolution of human-dog bonds.
Miho Nagasawa, Shouhei Mitsui, Shiori En, Nobuyo Ohtani, Mitsuaki Ohta, Yasuo Sakuma, Tatsushi Onaka, Kazutaka Mogi, Takefumi Kikusui
Science, 348, 333-336 (2015)

続きを読む

社会性アメーバの自己と非自己の認識はtgrB1-tgrC1遺伝子座の配列多型に依存する

2011年7月15日

廣瀬滋規・Adam Kuspa・Gad Shaulsky
(米国Baylor College of Medicine)
email:廣瀬滋規
DOI: 10.7875/first.author.2011.113

Self-recognition in social amoebae is mediated by allelic pairs of tiger genes.
Shigenori Hirose, Rocio Benabentos, Hsing-I Ho, Adam Kuspa, Gad Shaulsky
Science, 333, 467-470 (2011)

続きを読む

女王バチへの分化を誘導する因子ロイヤラクチンの発見

2011年6月21日

鎌倉 昌樹
(富山県立大学工学部 生物工学研究センター)
email:鎌倉昌樹
DOI: 10.7875/first.author.2011.096

Royalactin induces queen differentiation in honeybees.
Masaki Kamakura
Nature, 473, 478-483 (2011)

続きを読む

線虫の嗅覚可塑性はフェロモンシグナルによって制御されている

2010年10月22日

山田康嗣・飯野雄一
(東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
email:山田康嗣飯野雄一
DOI: 10.7875/first.author.2010.041

Olfactory plasticity is regulated by pheromonal signaling in Caenorhabditis elegans.
Koji Yamada, Takaaki Hirotsu, Masahiro Matsuki, Rebecca A. Butcher, Masahiro Tomioka, Takeshi Ishihara, Jon Clardy, Hirofumi Kunitomo, Yuichi Iino
Science, 329, 1647-1650 (2010)

続きを読む

マウスのオスフェロモンESP1の受容機構の解明

2010年9月1日

はが紗智子・東原和成
(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻生物化学研究室)
email:東原和成
DOI: 10.7875/first.author.2010.001

The male mouse pheromone ESP1 enhances female sexual receptive behaviour through a specific vomeronasal receptor.
Sachiko Haga, Tatsuya Hattori, Toru Sato, Koji Sato, Soichiro Matsuda, Reiko Kobayakawa, Hitoshi Sakano, Yoshihiro Yoshihara, Takefumi Kikusui, Kazushige Touhara
Nature, 466, 118-122 (2010)

続きを読む