ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

Fanconi貧血の新規の原因タンパク質RFWD3による相同組換えの制御

2017年6月12日

稲野将二郎1・佐藤浩一2・胡桃坂仁志2・高田 穣1
1京都大学放射線生物研究センター 晩発効果研究部門,2早稲田大学大学院先進理工学研究科 電気・情報生命専攻構造生物学研究室)
email:稲野将二郎
DOI: 10.7875/first.author.2017.052

RFWD3-mediated ubiquitination promotes timely removal of both RPA and RAD51 from DNA damage sites to facilitate homologous recombination.
Shojiro Inano, Koichi Sato, Yoko Katsuki, Wataru Kobayashi, Hiroki Tanaka, Kazuhiro Nakajima, Shinichiro Nakada, Hiroyuki Miyoshi, Kerstin Knies, Akifumi Takaori-Kondo, Detlev Schindler, Masamichi Ishiai, Hitoshi Kurumizaka, Minoru Takata
Molecular Cell, 66, 622-634.e8 (2017)

続きを読む

相同組換えにより再開された複製においてはDNAポリメラーゼδがリーディング鎖およびラギング鎖を合成する

2015年10月27日

宮部 泉
(英国Sussex大学Genome Damage and Stability Centre)
email:宮部 泉
DOI: 10.7875/first.author.2015.120

Polymeraseδreplicates both strands after homologous recombination-dependent fork restart.
Izumi Miyabe, Ken’Ichi Mizuno, Andrea Keszthelyi, Yasukazu Daigaku, Meliti Skouteri, Saed Mohebi, Thomas A. Kunkel, Johanne M. Murray, Antony M. Carr
Nature Structural & Molecular Biology, 22, 932-938 (2015)

続きを読む