ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

NAD+還元[NiFe]ヒドロゲナーゼのもつレドックススイッチ機構の構造基盤

2017年9月14日

庄村康人1・樋口芳樹2
1茨城大学大学院理工学研究科 量子線科学専攻生体分子科学研究室,2兵庫県立大学大学院生命理学研究科 生体物質構造学I分野)
email:庄村康人樋口芳樹
DOI: 10.7875/first.author.2017.100

Structural basis of the redox switches in the NAD+-reducing soluble [NiFe]-hydrogenase.
Y. Shomura, M. Taketa, H. Nakashima, H. Tai, H. Nakagawa, Y. Ikeda, M. Ishii, Y. Igarashi, H. Nishihara, K. -S. Yoon, S. Ogo, S. Hirota, Y. Higuchi
Science, 357, 928-932 (2017)

続きを読む

AMP活性化キナーゼは急性骨髄性白血病の骨髄において代謝ストレスから白血病幹細胞を保護する

2015年10月30日

齋藤祐介・中田大介
(米国Baylor College of Medicine,Department of Molecular and Human Genetics)
email:齋藤祐介
DOI: 10.7875/first.author.2015.125

AMPK protects leukemia-initiating cells in myeloid leukemias from metabolic stress in the bone marrow.
Yusuke Saito, Richard H. Chapple, Angelique Lin, Ayumi Kitano, Daisuke Nakada
Cell Stem Cell, 17, 585-596 (2015)

続きを読む

kelchリピートタンパク質KLHDC10はPP5の抑制を介し酸化ストレスに依存的なASK1の活性化を制御する

2012年11月19日

関根悠介・一條秀憲
(東京大学大学院薬学系研究科 細胞情報学教室)
email:関根悠介一條秀憲
DOI: 10.7875/first.author.2012.143

The kelch repeat protein KLHDC10 regulates oxidative stress-induced ASK1 activation by suppressing PP5.
Yusuke Sekine, Ryo Hatanaka, Takeshi Watanabe, Naoki Sono, Shun-ichiro Iemura, Tohru Natsume, Erina Kuranaga, Masayuki Miura, Kohsuke Takeda, Hidenori Ichijo
Molecular Cell, 48, 692-704 (2012)

続きを読む

チロシンキナーゼBtkはヒトの好中球において活性酸素種の産生および刺激により誘導されるアポトーシスを負に制御する

2012年3月14日

本田富美子・森尾友宏
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 発生発達病態学)
email:本田富美子森尾友宏
DOI: 10.7875/first.author.2012.036

The kinase Btk negatively regulates the production of reactive oxygen species and stimulation-induced apoptosis in human neutrophils.
Fumiko Honda, Hirotsugu Kano, Hirokazu Kanegane, Shigeaki Nonoyama, Eun-Sung Kim, Sang-Kyou Lee, Masatoshi Takagi, Shuki Mizutani, Tomohiro Morio
Nature Immunology, 13, 369-378 (2012)

続きを読む

TDY型MAPキナーゼMPK8はカルモジュリン依存的に活性化し活性酸素種の蓄積を制御する

2011年4月12日

高橋史憲1・溝口 剛2・篠崎一雄3
1理化学研究所バイオマス工学研究プログラム,2筑波大学大学院生命環境科学研究科 情報生物科学専攻,3理化学研究所植物科学研究センター 機能開発研究グループ)
email:溝口 剛篠崎一雄
DOI: 10.7875/first.author.2011.068

Calmodulin-dependent activation of MAP kinase for ROS homeostasis in Arabidopsis.
Fuminori Takahashi, Tsuyoshi Mizoguchi, Riichiro Yoshida, Kazuya Ichimura, Kazuo Shinozaki
Molecular Cell, 41, 649-660 (2011)

続きを読む