ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

トマトの成熟を制御する転写因子RINの機能の再評価

2017年11月16日

伊藤 康博
(農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門 酵素研究ユニット)
email:伊藤康博
DOI: 10.7875/first.author.2017.128

Re-evaluation of the rin mutation and the role of RIN in the induction of tomato ripening.
Yasuhiro Ito, Ayako Nishizawa-Yokoi, Masaki Endo, Masafumi Mikami, Yoko Shima, Nobutaka Nakamura, Eiichi Kotake-Nara, Susumu Kawasaki, Seiichi Toki
Nature Plants, 3, 866-874 (2017)

続きを読む

根から長距離を輸送されたサイトカイニンとその前駆体は地上部の成長の制御において異なる役割を担う

2017年8月17日

大薄麻未・榊原 均
(名古屋大学大学院生命農学研究科 生物機構・機能科学専攻生物化学研究分野)
email:大薄麻未榊原 均
DOI: 10.7875/first.author.2017.083

Systemic transport of trans-zeatin and its precursor have differing roles in Arabidopsis shoots.
Asami Osugi, Mikiko Kojima, Yumiko Takebayashi, Nanae Ueda, Takatoshi Kiba, Hitoshi Sakakibara
Nature Plants, 3, 17112 (2017)

続きを読む

アブラナ科植物において自他を認識する遺伝子の遺伝子重複と相互の機能喪失により生じた新たな生殖障壁

2017年7月27日

高田美信1・鈴木 剛2・渡辺正夫1
1東北大学大学院生命科学研究科 生態システム生命科学専攻植物生殖遺伝分野,2大阪教育大学 理数情報講座植物分子遺伝学研究室)
email:高田美信鈴木 剛渡辺正夫
DOI: 10.7875/first.author.2017.074

Duplicated pollen-pistil recognition loci control intraspecific unilateral incompatibility in Brassica rapa.
Yoshinobu Takada, Kohji Murase, Hiroko Shimosato-Asano, Takahiro Sato, Honoka Nakanishi, Keita Suwabe, Kentaro K. Shimizu, Yong Pyo Lim, Seiji Takayama, Go Suzuki, Masao Watanabe
Nature Plants, 3, 17096 (2017)

続きを読む

葉緑体ゲノムの分配はHollidayジャンクション解離酵素MOC1により保障される

2017年5月30日

小林優介1・三角修己2・西村芳樹1
1京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 植物学教室植物分子遺伝学分科,2山口大学大学院創成科学研究科理学系学域 生物学分野)
email:西村芳樹
DOI: 10.7875/first.author.2017.043

Holliday junction resolvases mediate chloroplast nucleoid segregation.
Yusuke Kobayashi, Osami Misumi, Masaki Odahara, Kota Ishibashi, Masafumi Hirono, Kumi Hidaka, Masayuki Endo, Hiroshi Sugiyama, Hiroshi Iwasaki, Tsuneyoshi Kuroiwa, Toshiharu Shikanai, Yoshiki Nishimura
Science, 356, 631-634 (2017)

続きを読む

シロイヌナズナの根における拡散障壁であるカスパリー線の形成に必要なペプチドホルモン

2017年2月14日

篠原秀文・松林嘉克
(名古屋大学大学院理学研究科 生命理学専攻細胞間シグナル研究グループ)
email:松林嘉克
DOI: 10.7875/first.author.2017.016

A peptide hormone required for Casparian strip diffusion barrier formation in Arabidopsis roots.
Takuya Nakayama, Hidefumi Shinohara, Mina Tanaka, Koki Baba, Mari Ogawa-Ohnishi, Yoshikatsu Matsubayashi
Science, 355, 284-286 (2017)

続きを読む

イネの節に存在する新規のリン酸輸送体SPDTの欠損による穀粒におけるリンの蓄積の低下

2017年1月17日

山地直樹・馬 建鋒
(岡山大学資源植物科学研究所 植物ストレス学グループ)
email:山地直樹馬 建鋒
DOI: 10.7875/first.author.2017.006

Reducing phosphorus accumulation in rice grains with an impaired transporter in the node.
Naoki Yamaji, Yuma Takemoto, Takaaki Miyaji, Namiki Mitani-Ueno, Kaoru T. Yoshida, Jian Feng Ma
Nature, 541, 92-95 (2017)

続きを読む

植物は細胞外の糖を減少させることにより病原細菌の増殖を抑制する

2016年12月26日

山田晃嗣・高野義孝
(京都大学大学院農学研究科 応用生物科学専攻植物病理学分野)
email:山田晃嗣
DOI: 10.7875/first.author.2016.130

Regulation of sugar transporter activity for antibacterial defense in Arabidopsis.
Kohji Yamada, Yusuke Saijo, Hirofumi Nakagami, Yoshitaka Takano
Science, 354, 1427-1430 (2016)

続きを読む

ゲノムワイド関連解析を用いたイネにおける農業形質にかかわる新規の遺伝子の同定

2016年7月11日

矢野憲司・松岡 信
(名古屋大学生物機能開発利用研究センター 植物分子育種分野)
email:矢野憲司松岡 信
DOI: 10.7875/first.author.2016.073

Genome-wide association study using whole-genome sequencing rapidly identifies new genes influencing agronomic traits in rice.
Kenji Yano, Eiji Yamamoto, Koichiro Aya, Hideyuki Takeuchi, Pei-ching Lo, Li Hu, Masanori Yamasaki, Shinya Yoshida, Hidemi Kitano, Ko Hirano, Makoto Matsuoka
Nature Genetics, 48, 927-934 (2016)

続きを読む

糸状菌Colletotrichum tofieldiaeはリン酸の欠乏した条件において宿主植物の根にリン酸を供給し成長を促進する

2016年4月11日

晝間 敬・Paul Schulze-Lefert
(ドイツMax Planck Institute for Plant Breeding Research,Department of Plant Microbe Interactions)
email:晝間 敬
DOI: 10.7875/first.author.2016.029

Root endophyte Colletotrichum tofieldiae confers plant fitness benefits that are phosphate status dependent.
Kei Hiruma, Nina Gerlach, Soledad Sacristán, Ryohei Thomas Nakano, Stéphane Hacquard, Barbara Kracher, Ulla Neumann, Diana Ramírez, Marcel Bucher, Richard J. O’Connell, Paul Schulze-Lefert
Cell, 165, 464-474 (2016)

続きを読む

シロイヌナズナにおいて花粉管の先端に局在する受容体が花粉管の伸長および花粉管誘引ペプチドの感知を制御する

2016年4月11日

武内秀憲・東山哲也
(科学技術振興機構ERATO東山ライブホロニクスプロジェクト)
email:武内秀憲
DOI: 10.7875/first.author.2016.026

Tip-localized receptors control pollen tube growth and LURE sensing in Arabidopsis.
Hidenori Takeuchi, Tetsuya Higashiyama
Nature, 531, 245-248 (2016)

続きを読む