ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

紡錘体形成チェックポイントタンパク質Mad1はキネシンをキネトコアにつなぎとめることにより染色体の整列を促進する

2015年9月8日

明楽隆志・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:明楽隆志
DOI: 10.7875/first.author.2015.103

Mad1 promotes chromosome congression by anchoring a kinesin motor to the kinetochore.
Takashi Akera, Yuhei Goto, Masamitsu Sato, Masayuki Yamamoto, Yoshinori Watanabe
Nature Cell Biology, 17, 1124-1133 (2015)

続きを読む

哺乳類の卵母細胞では微小管と動原体との接続が不安定化されやすい

2015年6月22日

吉田周平・北島智也
(理化学研究所多細胞システム形成研究センター 染色体分配研究チーム)
email:吉田周平
DOI: 10.7875/first.author.2015.077

Inherent instability of correct kinetochore-microtubule attachments during meiosis I in oocytes.
Shuhei Yoshida, Masako Kaido, Tomoya S. Kitajima
Developmental Cell, 33, 589-602 (2015)

続きを読む

コンデンシンIによる染色体の軸構造の形成機構

2015年4月27日

木下和久・平野達也
(理化学研究所 平野染色体ダイナミクス研究室)
email:木下和久平野達也
DOI: 10.7875/first.author.2015.047

Balancing acts of two HEAT subunits of condensin I support dynamic assembly of chromosome axes.
Kazuhisa Kinoshita, Tetsuya J. Kobayashi, Tatsuya Hirano
Developmental Cell, 33, 94-106 (2015)

続きを読む

減数第1分裂に特異的な染色体分配の司令塔としてはたらく新規の動原体タンパク質MEIKIN

2015年1月15日

石黒啓一郎・金 智慧・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:石黒啓一郎金 智慧渡邊嘉典
DOI: 10.7875/first.author.2015.009

Meikin is a conserved regulator of meiosis-I-specific kinetochore function.
Jihye Kim, Kei-ichiro Ishiguro, Aya Nambu, Bungo Akiyoshi, Shihori Yokobayashi, Ayano Kagami, Tadashi Ishiguro, Alberto M. Pendas, Naoki Takeda, Yogo Sakakibara, Tomoya S. Kitajima, Yuji Tanno, Takeshi Sakuno, Yoshinori Watanabe
Nature, 517, 466-471 (2015)

続きを読む

紡錘体チェックポイント複合体は2分子のCdc20に作用して活性化型APC/Cを阻害する

2014年11月13日

伊澤 大介
(英国Cambridge大学Cancer Research UK Gurdon Institute)
email:伊澤大介
DOI: 10.7875/first.author.2014.139

The mitotic checkpoint complex binds a second CDC20 to inhibit active APC/C.
Daisuke Izawa, Jonathon Pines
Nature, 517, 631-634 (2015)

続きを読む

コヒーシンのDNAとのトポロジカルな結合の生化学的な再構成

2013年12月19日

村山 泰斗
(英国Cancer Research UK London Research Institute,Chromosome Segregation Laboratory)
email:村山泰斗
DOI: 10.7875/first.author.2013.162

Biochemical reconstitution of topological DNA binding by the cohesin ring.
Yasuto Murayama, Frank Uhlmann
Nature, 505, 367-371 (2014)

続きを読む

家族性乳がんの原因遺伝子の産物であるBRCA1の新規の結合タンパク質OLA1は中心体を制御する

2013年12月19日

松澤綾子・千葉奈津子
(東北大学加齢医学研究所 免疫遺伝子制御研究分野)
email:千葉奈津子
DOI: 10.7875/first.author.2013.161

The BRCA1/BARD1-interacting protein OLA1 functions in centrosome regulation.
Ayako Matsuzawa, Shin-ichiro Kanno, Masahiro Nakayama, Hironori Mochiduki, Leizhen Wei, Tatsuro Shimaoka, Yumiko Furukawa, Kei Kato, Shun Shibata, Akira Yasui, Chikashi Ishioka, Natsuko Chiba
Molecular Cell, 53, 101-114 (2014)

続きを読む

微小管とTACC-TOG複合体は染色体の配置を変換することにより減数分裂における組換えと正確な染色体分配の連携を制御する

2013年7月8日

角井康貢1・佐藤政充2
1英国Cancer Research UK London Research Institute,2早稲田大学先進理工学部 生命医科学科)
email:角井康貢佐藤政充
DOI: 10.7875/first.author.2013.084

Microtubules and Alp7-Alp14 (TACC-TOG) reposition chromosomes before meiotic segregation.
Yasutaka Kakui, Masamitsu Sato, Naoyuki Okada, Takashi Toda, Masayuki Yamamoto
Nature Cell Biology, 15, 786-796 (2013)

続きを読む

バイオセンサーにより明らかにされた染色体分離におけるセパラーゼの異なる2つの役割

2012年8月9日

進藤軌久・広田 亨
(がん研究会がん研究所 実験病理部)
email:進藤軌久広田 亨
DOI: 10.7875/first.author.2012.104

Separase sensor reveals dual roles for separase coordinating cohesin cleavage and cdk1 inhibition.
Norihisa Shindo, Kazuki Kumada, Toru Hirota
Developmental Cell, 23, 112-123 (2012)

続きを読む

MPS1/Mph1は動原体タンパク質KNL1/Spc7をリン酸化することにより紡錘体形成チェックポイントタンパク質の動原体への局在を促進する

2012年7月2日

山岸有哉・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:山岸有哉
DOI: 10.7875/first.author.2012.078

MPS1/Mph1 phosphorylates the kinetochore protein KNL1/Spc7 to recruit SAC components.
Yuya Yamagishi, Ching-Hui Yang, Yuji Tanno, Yoshinori Watanabe
Nature Cell Biology, 14, 746-752 (2012)

続きを読む