ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

生化学的な再構成によりみえてきたコヒーシンとDNAとの結合反応および解離反応の機序

2016年1月13日

村山 泰斗
(英国The Francis Crick Institute,Lincoln’s Inn Fields Laboratory,Chromosome Segregation Laboratory)
email:村山泰斗
DOI: 10.7875/first.author.2016.004

DNA entry into and exit out of the cohesin ring by an interlocking gate mechanism.
Yasuto Murayama, Frank Uhlmann
Cell, 163, 1628-1640 (2015)

続きを読む

Rif1はグアニン4重鎖構造を形成するDNAを介して染色体へ結合し複製の開始を広範囲にわたり抑制する

2015年11月4日

加納 豊・松本清治・正井久雄
(東京都医学総合研究所 ゲノム動態プロジェクト)
email:正井久雄
DOI: 10.7875/first.author.2015.127

Rif1 binds to G quadruplexes and suppresses replication over long distances.
Yutaka Kanoh, Seiji Matsumoto, Rino Fukatsu, Naoko Kakusho, Nobuaki Kono, Claire Renard-Guillet, Koji Masuda, Keisuke Iida, Kazuo Nagasawa, Katsuhiko Shirahige, Hisao Masai
Nature Structural & Molecular Biology, 22, 889-897 (2015)

続きを読む

精製タンパク質を使って分裂期の染色体をつくる

2015年7月10日

新冨圭史・平野達也
(理化学研究所 平野染色体ダイナミクス研究室)
email:新冨圭史
DOI: 10.7875/first.author.2015.086

Reconstitution of mitotic chromatids with a minimum set of purified factors.
Keishi Shintomi, Tatsuro S. Takahashi, Tatsuya Hirano
Nature Cell Biology, 17, 1014-1023 (2015)

続きを読む

染色体の構造の形成にかかわるコヒーシンのサブコンプレックスの構造

2014年9月16日

原 幸大・Hongtao Yu
(米国Texas大学Southwestern Medical Center,Department of Pharmacology)
email:原 幸大
DOI: 10.7875/first.author.2014.118

Structure of cohesin subcomplex pinpoints direct shugoshin-Wapl antagonism in centromeric cohesion.
Kodai Hara, Ge Zheng, Qianhui Qu, Hong Liu, Zhuqing Ouyang, Zhe Chen, Diana R Tomchick, Hongtao Yu
Nature Structural & Molecular Biology, 21, 864-870 (2014)

続きを読む

哺乳動物の新規のテロメア結合タンパク質TERB1による減数分裂期における染色体の運動の制御

2014年1月20日

澁谷大輝・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:澁谷大輝
DOI: 10.7875/first.author.2014.013

The TRF1-binding protein TERB1 promotes chromosome movement and telomere rigidity in meiosis.
Hiroki Shibuya, Kei-ichiro Ishiguro, Yoshinori Watanabe
Nature Cell Biology, 16, 145-156 (2014)

続きを読む

エピジェネティックなヒストンH2A.Zの排除により異所的なセントロメアは安定化する

2013年11月27日

荻山友貴・石井浩二郎
(大阪大学大学院生命機能研究科 染色体機能制御研究室)
email:荻山友貴石井浩二郎
DOI: 10.7875/first.author.2013.146

Epigenetically induced paucity of histone H2A.Z stabilizes fission-yeast ectopic centromeres.
Yuki Ogiyama, Yuko Ohno, Yoshino Kubota, Kojiro Ishii
Nature Structural & Molecular Biology, 20, 1397-1406 (2013)

続きを読む