ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

大脳皮質においてニューロンにより構築される格子構造

2017年11月24日

丸岡久人・細谷俊彦
(理化学研究所脳科学総合研究センター 局所神経回路研究チーム)
email:細谷俊彦
DOI: 10.7875/first.author.2017.131

Lattice system of functionally distinct cell types in the neocortex.
Hisato Maruoka, Nao Nakagawa, Shun Tsuruno, Seiichiro Sakai, Taisuke Yoneda, Toshihiko Hosoya
Science, 358, 610-615 (2017)

続きを読む

霊長類の側頭葉において記憶を想起の対象へと変換する第5層から第6層への層構造のモジュール

2016年10月25日

小谷野賢治・竹田真己・宮下保司
(東京大学大学院医学系研究科 統合生理学)
email:小谷野賢治竹田真己宮下保司
DOI: 10.7875/first.author.2016.106

Laminar module cascade from layer 5 to 6 implementing cue-to-target conversion for object memory retrieval in the primate temporal cortex.
Kenji W. Koyano, Masaki Takeda, Teppei Matsui, Toshiyuki Hirabayashi, Yohei Ohashi, Yasushi Miyashita
Neuron, 92, 518-529 (2016)

続きを読む

脳の発達期においてミクログリアは大脳皮質第5層のニューロンの生存に寄与する

2013年4月11日

上野将紀・藤田 幸・山下俊英
(大阪大学大学院医学系研究科 分子神経科学)
email:上野将紀山下俊英
DOI: 10.7875/first.author.2013.037

Layer V cortical neurons require microglial support for survival during postnatal development.
Masaki Ueno, Yuki Fujita, Tatsuhide Tanaka, Yuka Nakamura, Junichi Kikuta, Masaru Ishii, Toshihide Yamashita
Nature Neuroscience, 16, 543-551 (2013)

続きを読む

Reelinはインテグリンα5β1を細胞内から活性化することにより細胞外基質との接着を亢進しニューロンの配置を制御する

2012年11月7日

関根克敏・仲嶋一範
(慶應義塾大学医学部 解剖学教室)
email:仲嶋一範
DOI: 10.7875/first.author.2012.137

Reelin controls neuronal positioning by promoting cell-matrix adhesion via inside-out activation of integrinα5β1.
Katsutoshi Sekine, Takeshi Kawauchi, Ken-ichiro Kubo, Takao Honda, Joachim Herz, Mitsuharu Hattori, Tatsuo Kinashi, Kazunori Nakajima
Neuron, 76, 353-369 (2012)

続きを読む