ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

in vitroにおける収縮環の収縮はミオシンIIに依存するがアクチンのダイナミクスには依存しない

2013年7月24日

柏﨑 隼・高木智子・馬渕一誠
(学習院大学理学部 生命科学科分子細胞生物学)
email:馬渕一誠
DOI: 10.7875/first.author.2013.094

In vitro contraction of cytokinetic ring depends on myosin II but not on actin dynamics.
Mithilesh Mishra, Jun Kashiwazaki, Tomoko Takagi, Ramanujam Srinivasan, Yinyi Huang, Mohan K. Balasubramanian, Issei Mabuchi
Nature Cell Biology, 15, 853-859 (2013)

続きを読む

微小管とTACC-TOG複合体は染色体の配置を変換することにより減数分裂における組換えと正確な染色体分配の連携を制御する

2013年7月8日

角井康貢1・佐藤政充2
1英国Cancer Research UK London Research Institute,2早稲田大学先進理工学部 生命医科学科)
email:角井康貢佐藤政充
DOI: 10.7875/first.author.2013.084

Microtubules and Alp7-Alp14 (TACC-TOG) reposition chromosomes before meiotic segregation.
Yasutaka Kakui, Masamitsu Sato, Naoyuki Okada, Takashi Toda, Masayuki Yamamoto
Nature Cell Biology, 15, 786-796 (2013)

続きを読む

組換えにより再開したDNAの複製は誤りがちで逆位反復配列において染色体の再編成をひき起こす

2013年1月8日

水野 健一
(英国Sussex大学Genome Damage and Stability Centre)
email:水野健一
DOI: 10.7875/first.author.2013.001

Recombination-restarted replication makes inverted chromosome fusions at inverted repeats.
Ken’Ichi Mizuno, Izumi Miyabe, Stephanie A. Schalbetter, Antony M. Carr, Johanne M. Murray
Nature, 493, 246-249 (2013)

続きを読む

RNAiは新規の機構を介して特定の遺伝子の発現を抑制する

2012年12月13日

山中総一郎・Shiv I. S. Grewal
(米国NIH National Cancer Institute,Laboratory of Biochemistry and Molecular Biology)
email:山中総一郎
DOI: 10.7875/first.author.2012.156

RNAi triggered by specialized machinery silences developmental genes and retrotransposons.
Soichiro Yamanaka, Sameet Mehta, Francisca E. Reyes-Turcu, Fanglei Zhuang, Ryan T. Fuchs, Yikang Rong, Gregory B. Robb, Shiv I. S. Grewal
Nature, 493, 557-560 (2013)

続きを読む

染色体の高次構造とS期チェックポイントを減数分裂期の組換えの開始と連係させるリエゾンタンパク質

2012年8月15日

三好知一郎・伊藤 将・太田邦史
(東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻生命環境科学系)
email:太田邦史
DOI: 10.7875/first.author.2012.106

A central coupler for recombination initiation linking chromosome architecture to S phase checkpoint.
Tomoichiro Miyoshi, Masaru Ito, Kazuto Kugou, Shintaro Yamada, Masaki Furuichi, Arisa Oda, Takatomi Yamada, Kouji Hirota, Hisao Masai, Kunihiro Ohta
Molecular Cell, 47, 722-733 (2012)

続きを読む

Chp1のもつクロモドメインの核酸への結合能はヘテロクロマチンのサイレンシングに必要である

2012年7月10日

石田真由美・中山潤一
(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター クロマチン動態研究チーム)
email:中山潤一
DOI: 10.7875/first.author.2012.083

Intrinsic nucleic acid-binding activity of Chp1 chromodomain is required for heterochromatic gene silencing.
Mayumi Ishida, Hideaki Shimojo, Aki Hayashi, Rika Kawaguchi, Yasuko Ohtani, Koichi Uegaki, Yoshifumi Nishimura, Jun-ichi Nakayama
Molecular Cell, 47, 228-241 (2012)

続きを読む

MPS1/Mph1は動原体タンパク質KNL1/Spc7をリン酸化することにより紡錘体形成チェックポイントタンパク質の動原体への局在を促進する

2012年7月2日

山岸有哉・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:山岸有哉
DOI: 10.7875/first.author.2012.078

MPS1/Mph1 phosphorylates the kinetochore protein KNL1/Spc7 to recruit SAC components.
Yuya Yamagishi, Ching-Hui Yang, Yuji Tanno, Yoshinori Watanabe
Nature Cell Biology, 14, 746-752 (2012)

続きを読む

減数分裂前期の相同染色体の認識と対合に非コードRNAが関与する

2012年6月15日

丁 大橋・平岡 泰
(情報通信研究機構未来ICT研究所 バイオICT研究室)
email:丁 大橋
DOI: 10.7875/first.author.2012.069

Meiosis-specific non-coding RNA mediates robust pairing of homologous chromosomes in meiosis.
Da-Qiao Ding, Kasumi Okamasa, Miho Yamane, Chihiro Tsutsumi, Tokuko Haraguchi, Masayuki Yamamoto, Yasushi Hiraoka
Science, 336, 732-736 (2012)

続きを読む

コンデンシンとヒストンH2Aとの相互作用が分裂期の染色体を形成する

2011年6月23日

多田健志・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:多田健志
DOI: 10.7875/first.author.2011.097

Condensin association with histone H2A shapes mitotic chromosomes.
Kenji Tada, Hiroaki Susumu, Takeshi Sakuno, Yoshinori Watanabe
Nature, 474, 477-483 (2011)

続きを読む

サイクリン依存性キナーゼCdk1による染色体パッセンジャー複合体のリン酸化は染色体の2方向性を促進する

2010年10月7日

塚原達也・丹野悠司・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:塚原達也
DOI: 10.7875/first.author.2010.028

Phosphorylation of the CPC by Cdk1 promotes chromosome bi-orientation.
Tatsuya Tsukahara, Yuji Tanno, Yoshinori Watanabe
Nature, 467, 719-723 (2010)

続きを読む

«