ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

リング構造をとるコヒーシンはDNAとDNAとをつなぎとめる

2018年1月24日

村山 泰斗
(国立遺伝学研究所 新分野創造センター染色体生化学研究室)
email:村山泰斗
DOI: 10.7875/first.author.2018.012

Establishment of DNA-DNA interactions by the cohesin ring.
Yasuto Murayama, Catarina P. Samora, Yumiko Kurokawa, Hiroshi Iwasaki, Frank Uhlmann
Cell, 172, 465-477.e15 (2018)

続きを読む

Rad51に依存的なDNA鎖交換反応は2種類の3本鎖DNA中間体をへて進行する

2018年1月5日

伊藤健太郎1・村山泰斗1・TAKAHASHI MASAYUKI 2・岩崎博史1
1東京工業大学科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター,2東京工業大学生命理工学院)
email:岩崎博史
DOI: 10.7875/first.author.2018.001

Two three-strand intermediates are processed during Rad51-driven DNA strand exchange.
Kentaro Ito, Yasuto Murayama, Masayuki Takahashi, Hiroshi Iwasaki
Nature Structural & Molecular Biology, 25, 29-36 (2018)

続きを読む

コンデンシンはクロマチンの空間配置を再構築することにより分裂期における染色体の凝縮を担う

2017年9月11日

角井 康貢
(英国Francis Crick Institute,Chromosome Segregation Laboratory)
email:角井康貢
DOI: 10.7875/first.author.2017.096

Condensin-mediated remodeling of the mitotic chromatin landscape in fission yeast.
Yasutaka Kakui, Adam Rabinowitz, David J. Barry, Frank Uhlmann
Nature Genetics, 49, 1553-1557 (2017)

続きを読む

Mediatorの結晶構造から明らかにされた転写開始機構

2017年5月31日

野澤 佳世
(ドイツMax Planck Institute for Biophysical Chemistry,Department of Molecular Biology)
email:野澤佳世
DOI: 10.7875/first.author.2017.046

Core Mediator structure at 3.4Å extends model of transcription initiation complex.
Kayo Nozawa, Thomas R. Schneider, Patrick Cramer
Nature, 545, 248-251 (2017)

続きを読む

リボソームの生合成を標的にした低分子阻害剤ribozinoindoleの発見

2016年10月18日

川島茂裕・Tarun M. Kapoor
(米国Rockefeller大学Laboratory of Chemistry and Cell Biology)
email:川島茂裕
DOI: 10.7875/first.author.2016.103

Potent, reversible, and specific chemical inhibitors of eukaryotic ribosome biogenesis.
Shigehiro A. Kawashima, Zhen Chen, Yuki Aoi, Anupam Patgiri, Yuki Kobayashi, Paul Nurse, Tarun M. Kapoor
Cell, 167, 512-524.e14 (2016)

続きを読む

真核生物の翻訳開始因子eIF2Bの結晶構造

2016年3月15日

柏木一宏1・伊藤拓宏1・横山茂之2
1理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 翻訳因子構造解析研究ユニット,2理化学研究所 横山構造生物学研究室)
email:柏木一宏伊藤拓宏横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2016.019

Crystal structure of eukaryotic translation initiation factor 2B.
Kazuhiro Kashiwagi, Mari Takahashi, Madoka Nishimoto, Takuya B. Hiyama, Toshiaki Higo, Takashi Umehara, Kensaku Sakamoto, Takuhiro Ito, Shigeyuki Yokoyama
Nature, 531, 122-125 (2016)

続きを読む

生化学的な再構成によりみえてきたコヒーシンとDNAとの結合反応および解離反応の機序

2016年1月13日

村山 泰斗
(英国The Francis Crick Institute,Lincoln’s Inn Fields Laboratory,Chromosome Segregation Laboratory)
email:村山泰斗
DOI: 10.7875/first.author.2016.004

DNA entry into and exit out of the cohesin ring by an interlocking gate mechanism.
Yasuto Murayama, Frank Uhlmann
Cell, 163, 1628-1640 (2015)

続きを読む

紡錘体形成チェックポイントタンパク質Mad1はキネシンをキネトコアにつなぎとめることにより染色体の整列を促進する

2015年9月8日

明楽隆志・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:明楽隆志
DOI: 10.7875/first.author.2015.103

Mad1 promotes chromosome congression by anchoring a kinesin motor to the kinetochore.
Takashi Akera, Yuhei Goto, Masamitsu Sato, Masayuki Yamamoto, Yoshinori Watanabe
Nature Cell Biology, 17, 1124-1133 (2015)

続きを読む

カゼインキナーゼ1は減数分裂に特異的なコヒーシンの構成タンパク質Rec11のリン酸化を介して染色体の軸構造の形成および相同組換えを制御する

2015年1月27日

作野剛士・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:作野剛士
DOI: 10.7875/first.author.2015.016

Phosphorylation of cohesin Rec11/SA3 by casein kinase 1 promotes homologous recombination by assembling the meiotic chromosome axis.
Takeshi Sakuno, Yoshinori Watanabe
Developmental Cell, 32, 220-230 (2015)

続きを読む

エピジェネティックなヒストンH2A.Zの排除により異所的なセントロメアは安定化する

2013年11月27日

荻山友貴・石井浩二郎
(大阪大学大学院生命機能研究科 染色体機能制御研究室)
email:荻山友貴石井浩二郎
DOI: 10.7875/first.author.2013.146

Epigenetically induced paucity of histone H2A.Z stabilizes fission-yeast ectopic centromeres.
Yuki Ogiyama, Yuko Ohno, Yoshino Kubota, Kojiro Ishii
Nature Structural & Molecular Biology, 20, 1397-1406 (2013)

続きを読む