ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

レプリソームの構成タンパク質であるCtf4は複製が阻害された際に生じるDNA 2本鎖切断の修復に重要である

2017年6月12日

佐々木真理子・小林武彦
(東京大学分子細胞生物学研究所 ゲノム再生研究分野)
email:佐々木真理子小林武彦
DOI: 10.7875/first.author.2017.051

Ctf4 prevents genome rearrangements by suppressing DNA double-strand break formation and its end resection at arrested replication forks.
Mariko Sasaki, Takehiko Kobayashi
Molecular Cell, 66, 533-545.e5 (2017)

続きを読む

tRNA前駆体は5’キャップ構造により安定化されている

2016年8月5日

大平高之・鈴木 勉
(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻)
email:大平高之鈴木 勉
DOI: 10.7875/first.author.2016.080

Precursors of tRNAs are stabilized by methylguanosine cap structures.
Takayuki Ohira, Tsutomu Suzuki
Nature Chemical Biology, 12, 648-655 (2016)

続きを読む

バイオセンサーにより解き明かすキネトコアにおける張力の伝達機構

2016年4月13日

鈴木 應志
(米国North Carolina大学Chapel Hill校Department of Biology)
email:鈴木應志
DOI: 10.7875/first.author.2016.027

How the kinetochore couples microtubule force and centromere stretch to move chromosomes.
Aussie Suzuki, Benjamin L. Badger, Julian Haase, Tomoo Ohashi, Harold P. Erickson, Edward D. Salmon, Kerry Bloom
Nature Cell Biology, 18, 382-392 (2016)

続きを読む

プリオン様のタンパク質凝集体による抗ウイルス作用

2015年12月11日

鈴木元治郎・田中元雅
(理化学研究所脳科学総合研究センター タンパク質構造疾患研究チーム)
email:鈴木元治郎田中元雅
DOI: 10.7875/first.author.2015.140

[KIL-d] protein element confers antiviral activity via catastrophic viral mutagenesis.
Genjiro Suzuki, Jonathan S. Weissman, Motomasa Tanaka
Molecular Cell, 60, 651-660 (2015)

続きを読む

選択的なオートファジーによる小胞体および核の分解

2015年6月30日

持田啓佑・中戸川 仁
(東京工業大学生命理工学研究科 生体システム専攻形態形成学分野)
email:持田啓佑
DOI: 10.7875/first.author.2015.080

Receptor-mediated selective autophagy degrades the endoplasmic reticulum and the nucleus.
Keisuke Mochida, Yu Oikawa, Yayoi Kimura, Hiromi Kirisako, Hisashi Hirano, Yoshinori Ohsumi, Hitoshi Nakatogawa
Nature, 522, 359-362 (2015)

続きを読む

複製フォークに呼び込まれたDbf4依存性キナーゼは減数分裂において複製と相同組換えとをリンクする

2014年9月9日

村上 創・Scott Keeney
(米国Memorial Sloan Kettering Cancer Center,Molecular Biology Program)
email:村上 創
DOI: 10.7875/first.author.2014.114

Temporospatial coordination of meiotic DNA replication and recombination via DDK recruitment to replisomes.
Hajime Murakami, Scott Keeney
Cell, 158, 861-873 (2014)

続きを読む

出芽酵母においてヒストン脱アセチル化酵素はリボソームDNA領域におけるクロマチンの制御を介して複製のタイミングを制御している

2014年6月20日

吉田 和真
(フランスInstitute of Human Genetics,Department of Molecular Bases of Human Diseases)
email:吉田和真
DOI: 10.7875/first.author.2014.083

The histone deacetylases Sir2 and Rpd3 act on ribosomal DNA to control the replication program in budding yeast.
Kazumasa Yoshida, Julien Bacal, Damien Desmarais, Ismaël Padioleau, Olga Tsaponina, Andrei Chabes, Véronique Pantesco, Emeric Dubois, Hugues Parrinello, Magdalena Skrzypczak, Krzysztof Ginalski, Armelle Lengronne, Philippe Pasero
Molecular Cell, 54, 691-697 (2014)

続きを読む

オートファジー始動複合体の形成の構造基盤

2014年5月26日

藤岡優子・野田展生
(微生物化学研究所 分子構造解析部)
email:藤岡優子野田展生
DOI: 10.7875/first.author.2014.067

Structural basis of starvation-induced assembly of the autophagy initiation complex.
Yuko Fujioka, Sho W. Suzuki, Hayashi Yamamoto, Chika Kondo-Kakuta, Yayoi Kimura, Hisashi Hirano, Rinji Akada, Fuyuhiko Inagaki, Yoshinori Ohsumi, Nobuo N. Noda
Nature Structural & Molecular Biology, 21, 513-521 (2014)

続きを読む

コヒーシンのDNAとのトポロジカルな結合の生化学的な再構成

2013年12月19日

村山 泰斗
(英国Cancer Research UK London Research Institute,Chromosome Segregation Laboratory)
email:村山泰斗
DOI: 10.7875/first.author.2013.162

Biochemical reconstitution of topological DNA binding by the cohesin ring.
Yasuto Murayama, Frank Uhlmann
Nature, 505, 367-371 (2014)

続きを読む

真核生物の転写開始複合体のクライオ電子顕微鏡による構造解析

2013年11月19日

村上 健次
(米国Stanford大学Department of Structural Biology)
email:村上健次
DOI: 10.7875/first.author.2013.144

Architecture of an RNA polymerase II transcription pre-initiation complex.
Kenji Murakami, Hans Elmlund, Nir Kalisman, David A. Bushnell, Christopher M. Adams, Maia Azubel, Dominika Elmlund, Yael Levi-Kalisman, Xin Liu, Brian J. Gibbons, Michael Levitt, Roger D. Kornberg
Science, 342, 1238724 (2013)

続きを読む