ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

温度に依存的な基質および生成物との結合が概日時計の温度補償されたリン酸化反応の基盤である

2017年9月27日

篠原雄太・小山洋平・上田泰己
(理化学研究所生命システム研究センター 合成生物学研究グループ)
email:篠原雄太小山洋平上田泰己
DOI: 10.7875/first.author.2017.102

Temperature-sensitive substrate and product binding underlie temperature-compensated phosphorylation in the clock.
Yuta Shinohara, Yohei M. Koyama, Maki Ukai-Tadenuma, Takatsugu Hirokawa, Masaki Kikuchi, Rikuhiro G. Yamada, Hideki Ukai, Hiroshi Fujishima, Takashi Umehara, Kazuki Tainaka, Hiroki R. Ueda
Molecular Cell, 67, 783-798.e20 (2017)

続きを読む