ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

Cdc48-Rad23/Dsk2軸はプロテアソームに依存的なタンパク質分解における主要な経路である

2017年6月16日

土屋 光・大竹史明・田中啓二・佐伯 泰
(東京都医学総合研究所 蛋白質代謝研究室)
email:佐伯 泰
DOI: 10.7875/first.author.2017.055

In vivo ubiquitin linkage-type analysis reveals that the Cdc48-Rad23/Dsk2 axis contributes to K48-linked chain specificity of the proteasome.
Hikaru Tsuchiya, Fumiaki Ohtake, Naoko Arai, Ai Kaiho, Sayaka Yasuda, Keiji Tanaka, Yasushi Saeki
Molecular Cell, 66, 488-502.e7 (2017)

続きを読む

ユビキチンリガーゼ活性を欠失したMDM2によるp53の活性の制御

2017年6月13日

野村浩司・Karen H. Vousden
(英国Cancer Research UK Beatson Institute)
email:野村浩司
DOI: 10.7875/first.author.2017.053

Structural analysis of MDM2 RING separates degradation from regulation of p53 transcription activity.
Koji Nomura, Marta Klejnot, Dominika Kowalczyk, Andreas K. Hock, Gary J. Sibbet, Karen H. Vousden, Danny T. Huang
Nature Structural & Molecular Biology, 24, 578-587 (2017)

続きを読む

Fanconi貧血の新規の原因タンパク質RFWD3による相同組換えの制御

2017年6月12日

稲野将二郎1・佐藤浩一2・胡桃坂仁志2・高田 穣1
1京都大学放射線生物研究センター 晩発効果研究部門,2早稲田大学大学院先進理工学研究科 電気・情報生命専攻構造生物学研究室)
email:稲野将二郎
DOI: 10.7875/first.author.2017.052

RFWD3-mediated ubiquitination promotes timely removal of both RPA and RAD51 from DNA damage sites to facilitate homologous recombination.
Shojiro Inano, Koichi Sato, Yoko Katsuki, Wataru Kobayashi, Hiroki Tanaka, Kazuhiro Nakajima, Shinichiro Nakada, Hiroyuki Miyoshi, Kerstin Knies, Akifumi Takaori-Kondo, Detlev Schindler, Masamichi Ishiai, Hitoshi Kurumizaka, Minoru Takata
Molecular Cell, 66, 622-634.e8 (2017)

続きを読む

K48/K63分岐型のユビキチン鎖はNF-κBシグナルを制御する

2016年11月11日

大竹史明・佐伯 泰・田中啓二
(東京都医学総合研究所生体分子先端研究分野 蛋白質代謝研究室)
email:田中啓二
DOI: 10.7875/first.author.2016.109

The K48-K63 branched ubiquitin chain regulates NF-κB signaling.
Fumiaki Ohtake, Yasushi Saeki, Satoshi Ishido, Jun Kanno, Keiji Tanaka
Molecular Cell, 64, 251-266 (2016)

続きを読む

ユビキチン結合酵素UBC6eを介した翻訳ののちに起こる小胞体関連分解の活性の制御

2016年10月12日

萩原 誠智
(米国Whitehead Institute for Biomedical Research)
email:萩原誠智
DOI: 10.7875/first.author.2016.101

Posttranscriptional regulation of glycoprotein quality control in the endoplasmic reticulum is controlled by the E2 Ub-conjugating enzyme UBC6e.
Masatoshi Hagiwara, Jingjing Ling, Paul-Albert Koenig, Hidde L. Ploegh
Molecular Cell, 63, 753-767 (2016)

続きを読む

プロテインキナーゼAはMIC60のリン酸化を介してPINK1の安定性およびParkinのミトコンドリアへのリクルートを制御する

2016年5月26日

赤羽しおり・岡 敏彦
(立教大学理学部 生命理学科)
email:赤羽しおり岡 敏彦
DOI: 10.7875/first.author.2016.045

PKA regulates PINK1 stability and Parkin recruitment to damaged mitochondria through phosphorylation of MIC60.
Shiori Akabane, Midori Uno, Naoki Tani, Shunta Shimazaki, Natsumi Ebara, Hiroki Kato, Hidetaka Kosako, Toshihiko Oka
Molecular Cell, 62, 371-384 (2016)

続きを読む

Cdk1によるリン酸化に依存的なAPC/Cの活性化

2016年5月17日

藤光和之・山野博之
(英国University College London,UCL Cancer Institute,Cell Cycle Control Group)
email:藤光和之
DOI: 10.7875/first.author.2016.037

Cyclin dependent kinase 1-dependent activation of APC/C ubiquitin ligase.
Kazuyuki Fujimitsu, Margaret Grimaldi, Hiroyuki Yamano
Science, 352, 1121-1124 (2016)

続きを読む

転写部位の近傍において2本鎖DNA切断が生じるとENLはATMによりリン酸化されポリコーム抑制複合体1をリクルートすることにより転写を抑制する

2015年5月26日

宇井 彩子
(東北大学加齢医学研究所 加齢ゲノム制御プロテオーム研究部門)
email:宇井彩子
DOI: 10.7875/first.author.2015.063

Transcriptional elongation factor ENL phosphorylated by ATM recruits Polycomb and switches off transcription for DSB repair.
Ayako Ui, Yuko Nagaura, Akira Yasui
Molecular Cell, 58, 468-482 (2015)

続きを読む

ユビキチンリガーゼ複合体SCFUcc1はグリオキシル酸回路の代謝スイッチとして機能する

2015年5月25日

中務邦雄・嘉村 巧
(名古屋大学大学院理学研究科 生命理学専攻分子修飾制御学グループ)
email:中務邦雄
DOI: 10.7875/first.author.2015.062

The ubiquitin ligase SCFUcc1 acts as a metabolic switch for the glyoxylate cycle.
Kunio Nakatsukasa, Takashi Nishimura, Stuart D. Byrne, Michiyo Okamoto, Azusa Takahashi-Nakaguchi, Hiroji Chibana, Fumihiko Okumura, Takumi Kamura
Molecular Cell, 59, 22-34 (2015)

続きを読む

SCML2はヒストンH2Aのユビキチン化を介してオスの生殖細胞系列において特異的なエピゲノムを形成する

2015年3月17日

長谷川和輝・前澤 創・行川 賢
(米国Cincinnati Children’s Hospital Medical Center,Division of Reproductive Sciences)
email:行川 賢
DOI: 10.7875/first.author.2015.032

SCML2 establishes the male germline epigenome through regulation of histone H2A ubiquitination.
Kazuteru Hasegawa, Ho-Su Sin, So Maezawa, Tyler J. Broering, Andrey V. Kartashov, Kris G. Alavattam, Yosuke Ichijima, Fan Zhang, W. Clark Bacon, Kenneth D. Greis, Paul R. Andreassen, Artem Barski, Satoshi H. Namekawa
Developmental Cell, 32, 574-588 (2015)

続きを読む