ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

小鳥の運動前野は歌を連続的にコードする

2016年6月6日

大久保達夫・Galen F. Lynch・Michale S. Fee
(米国Massachusetts Institute of Technology,Department of Brain and Cognitive Sciences,McGovern Institute for Brain Research)
email:大久保達夫
DOI: 10.7875/first.author.2016.056

Rhythmic continuous-time coding in the songbird analog of vocal motor cortex.
Galen F. Lynch, Tatsuo S. Okubo, Alexander Hanuschkin, Richard H.R. Hahnloser, Michale S. Fee
Neuron, 90, 877-892 (2016)

続きを読む

外側膝状体から1次視覚野へ入力する軸索の方位選択性は層により異なる

2016年1月28日

根東 覚・大木研一
(九州大学大学院医学研究院 分子生理学分野)
email:根東 覚大木研一
DOI: 10.7875/first.author.2016.009

Laminar differences in the orientation selectivity of geniculate afferents in mouse primary visual cortex.
Satoru Kondo, Kenichi Ohki
Nature Neuroscience, 19, 316-319 (2016)

続きを読む

小鳥の歌の学習における神経シークエンスの成長および分裂

2015年12月22日

大久保達夫・Michale S. Fee
(米国Massachusetts Institute of Technology,Department of Brain and Cognitive Sciences,McGovern Institute for Brain Research)
email:大久保達夫
DOI: 10.7875/first.author.2015.142

Growth and splitting of neural sequences in songbird vocal development.
Tatsuo S. Okubo, Emily L. Mackevicius, Hannah L. Payne, Galen F. Lynch, Michale S. Fee
Nature, 528, 352-357 (2015)

続きを読む

レム睡眠とノンレム睡眠との切り替えを担うニューロンの同定により明らかにされたレム睡眠の役割

2015年11月24日

林 悠1・柏木光昭1・糸原重美2
1筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構,2理化学研究所脳科学総合研究センター 行動遺伝学技術開発チーム)
email:林 悠糸原重美
DOI: 10.7875/first.author.2015.132

Cells of a common developmental origin regulate REM/non-REM sleep and wakefulness in mice.
Yu Hayashi, Mitsuaki Kashiwagi, Kosuke Yasuda, Reiko Ando, Mika Kanuka, Kazuya Sakai, Shigeyoshi Itohara
Science, 350, 957-961 (2015)

続きを読む

方位選択性の神経活動に非依存的な初期形成および神経活動に依存した最適化

2015年11月3日

萩原賢太1・田川義晃2・大木研一1
1九州大学大学院医学研究院 分子生理学分野,2京都大学大学院理学研究科 生物物理学系神経生物学分科)
email:萩原賢太田川義晃大木研一
DOI: 10.7875/first.author.2015.124

Neuronal activity is not required for the initial formation and maturation of visual selectivity.
Kenta M. Hagihara, Tomonari Murakami, Takashi Yoshida, Yoshiaki Tagawa, Kenichi Ohki
Nature Neuroscience, 18, 1780-1788 (2015)

続きを読む

新奇の環境における海馬の発火パターンの形成はシナプス可塑性により制御される

2015年6月30日

北西 卓磨
(ノルウェーNorwegian University of Science and Technology,Kavli Institute for Systems Neuroscience)
email:北西卓磨
DOI: 10.7875/first.author.2015.079

Novelty-induced phase-locked firing to slow gamma oscillations in the hippocampus: requirement of synaptic plasticity.
Takuma Kitanishi, Sakiko Ujita, Mehdi Fallahnezhad, Naomi Kitanishi, Yuji Ikegaya, Ayumu Tashiro
Neuron, 86, 1265-1276 (2015)

続きを読む

視交叉上核のバソプレシン産生ニューロンの細胞時計はニューロンのあいだの連絡の制御をとおし行動の概日リズムを制御する

2015年3月24日

三枝 理博
(金沢大学医薬保健研究域医学系 分子神経科学・統合生理学分野)
email:三枝理博
DOI: 10.7875/first.author.2015.034

Cellular clocks in AVP neurons of the SCN are critical for interneuronal coupling regulating circadian behavior rhythm.
Michihiro Mieda, Daisuke Ono, Emi Hasegawa, Hitoshi Okamoto, Ken-ichi Honma, Sato Honma, Takeshi Sakurai
Neuron, 85, 1103-1116 (2015)

続きを読む

網膜のニューロンはVEGFを希釈することにより血管の新生を制限する

2014年11月11日

岡部圭介・久保田義顕
(慶應義塾大学医学部 機能形態学研究室)
email:久保田義顕
DOI: 10.7875/first.author.2014.137

Neurons limit angiogenesis by titrating VEGF in retina.
Keisuke Okabe, Sakiko Kobayashi, Toru Yamada, Toshihide Kurihara, Ikue Tai-Nagara, Takeshi Miyamoto, Yoh-suke Mukouyama, Thomas N. Sato, Toshio Suda, Masatsugu Ema, Yoshiaki Kubota
Cell, 159, 584-596 (2014)

続きを読む

長期記憶の形成における脳領域に特異的な遺伝子発現の制御機構

2014年10月28日

野中美応・尾藤晴彦
(東京大学大学院医学系研究科 神経生化学分野)
email:野中美応
DOI: 10.7875/first.author.2014.131

Region-specific activation of CRTC1-CREB signaling mediates long-term fear memory.
Mio Nonaka, Ryang Kim, Hotaka Fukushima, Kazuki Sasaki, Kanzo Suzuki, Michiko Okamura, Yuichiro Ishii, Takashi Kawashima, Satoshi Kamijo, Sayaka Takemoto-Kimura, Hiroyuki Okuno, Satoshi Kida, Haruhiko Bito
Neuron, 84, 92-106 (2014)

続きを読む

中枢神経系に特異的なtRNAの変異によりポリペプチド鎖の伸長過程においてリボソームが停滞し神経細胞死が起こる

2014年8月27日

石村 隆太
(米国Jackson Laboratory)
email:石村隆太
DOI: 10.7875/first.author.2014.112

Ribosome stalling induced by mutation of a CNS-specific tRNA causes neurodegeneration.
Ryuta Ishimura, Gabor Nagy, Ivan Dotu, Huihao Zhou, Xiang-Lei Yang, Paul Schimmel, Satoru Senju, Yasuharu Nishimura, Jeffrey H. Chuang, Susan L. Ackerman
Science, 345, 455-459 (2014)

続きを読む

«