ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

皮質ニューロンの樹状突起における知覚の制御

2017年1月25日

高橋直矢・Matthew E. Larkum
(ドイツHumboldt大学Berlin,Institute for Biology)
email:高橋直矢
DOI: 10.7875/first.author.2017.013

Active cortical dendrites modulate perception.
Naoya Takahashi, Thomas G. Oertner, Peter Hegemann, Matthew E. Larkum
Science, 354, 1587-1590 (2016)

続きを読む

延髄の網様体のニューロンはニューロペプチドYによる熱産生の抑制および摂食の促進を指令する

2017年1月24日

中村佳子・中村和弘
(名古屋大学大学院医学系研究科 統合生理学講座)
email:中村和弘
DOI: 10.7875/first.author.2017.011

Medullary reticular neurons mediate neuropeptide Y-induced metabolic inhibition and mastication.
Yoshiko Nakamura, Yuchio Yanagawa, Shaun F. Morrison, Kazuhiro Nakamura
Cell Metabolism, 25, 322-334 (2017)

続きを読む

脳弓下器官において水分および塩分への欲求を制御する神経機構

2017年1月12日

松田隆志・野田昌晴
(基礎生物学研究所 統合神経生物学研究部門)
email:松田隆志野田昌晴
DOI: 10.7875/first.author.2017.002

Distinct neural mechanisms for the control of thirst and salt appetite in the subfornical organ.
Takashi Matsuda, Takeshi Y. Hiyama, Fumio Niimura, Taiji Matsusaka, Akiyoshi Fukamizu, Kenta Kobayashi, Kazuto Kobayashi, Masaharu Noda
Nature Neuroscience, 20, 230-241 (2017)

続きを読む

ラットの体性感覚皮質におけるくすぐったさと相関する神経の活動

2016年11月22日

石山晋平・Michael Brecht
(ドイツHumboldt大学Berlin,Institute for Biology,Bernstein Center for Computational Neuroscience Berlin)
email:石山晋平
DOI: 10.7875/first.author.2016.116

Neural correlates of ticklishness in the rat somatosensory cortex.
S. Ishiyama, M. Brecht
Science, 354, 757-760 (2016)

続きを読む

到達運動の学習を推進する運動野からもたらされる誤差の信号

2016年6月6日

北澤 茂・井上雅仁
(大阪大学脳情報通信融合研究センター)
email:北澤 茂井上雅仁
DOI: 10.7875/first.author.2016.057

Error signals in motor cortices drive adaptation in reaching.
Masato Inoue, Motoaki Uchimura, Shigeru Kitazawa
Neuron, 90, 1114-1126 (2016)

続きを読む

小鳥の運動前野は歌を連続的にコードする

2016年6月6日

大久保達夫・Galen F. Lynch・Michale S. Fee
(米国Massachusetts Institute of Technology,Department of Brain and Cognitive Sciences,McGovern Institute for Brain Research)
email:大久保達夫
DOI: 10.7875/first.author.2016.056

Rhythmic continuous-time coding in the songbird analog of vocal motor cortex.
Galen F. Lynch, Tatsuo S. Okubo, Alexander Hanuschkin, Richard H.R. Hahnloser, Michale S. Fee
Neuron, 90, 877-892 (2016)

続きを読む

外側膝状体から1次視覚野へ入力する軸索の方位選択性は層により異なる

2016年1月28日

根東 覚・大木研一
(九州大学大学院医学研究院 分子生理学分野)
email:根東 覚大木研一
DOI: 10.7875/first.author.2016.009

Laminar differences in the orientation selectivity of geniculate afferents in mouse primary visual cortex.
Satoru Kondo, Kenichi Ohki
Nature Neuroscience, 19, 316-319 (2016)

続きを読む

小鳥の歌の学習における神経シークエンスの成長および分裂

2015年12月22日

大久保達夫・Michale S. Fee
(米国Massachusetts Institute of Technology,Department of Brain and Cognitive Sciences,McGovern Institute for Brain Research)
email:大久保達夫
DOI: 10.7875/first.author.2015.142

Growth and splitting of neural sequences in songbird vocal development.
Tatsuo S. Okubo, Emily L. Mackevicius, Hannah L. Payne, Galen F. Lynch, Michale S. Fee
Nature, 528, 352-357 (2015)

続きを読む

レム睡眠とノンレム睡眠との切り替えを担うニューロンの同定により明らかにされたレム睡眠の役割

2015年11月24日

林 悠1・柏木光昭1・糸原重美2
1筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構,2理化学研究所脳科学総合研究センター 行動遺伝学技術開発チーム)
email:林 悠糸原重美
DOI: 10.7875/first.author.2015.132

Cells of a common developmental origin regulate REM/non-REM sleep and wakefulness in mice.
Yu Hayashi, Mitsuaki Kashiwagi, Kosuke Yasuda, Reiko Ando, Mika Kanuka, Kazuya Sakai, Shigeyoshi Itohara
Science, 350, 957-961 (2015)

続きを読む

方位選択性の神経活動に非依存的な初期形成および神経活動に依存した最適化

2015年11月3日

萩原賢太1・田川義晃2・大木研一1
1九州大学大学院医学研究院 分子生理学分野,2京都大学大学院理学研究科 生物物理学系神経生物学分科)
email:萩原賢太田川義晃大木研一
DOI: 10.7875/first.author.2015.124

Neuronal activity is not required for the initial formation and maturation of visual selectivity.
Kenta M. Hagihara, Tomonari Murakami, Takashi Yoshida, Yoshiaki Tagawa, Kenichi Ohki
Nature Neuroscience, 18, 1780-1788 (2015)

続きを読む