ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

細胞表面のリガンドSasおよびその受容体PTP10Dはがんの抑制にはたらく細胞競合を駆動する

2017年2月21日

山本真寿・井垣達吏
(京都大学大学院生命科学研究科 高次生命科学専攻システム機能学分野)
email:井垣達吏
DOI: 10.7875/first.author.2017.019

The ligand Sas and its receptor PTP10D drive tumour-suppressive cell competition.
Masatoshi Yamamoto, Shizue Ohsawa, Kei Kunimasa, Tatsushi Igaki
Nature, 542, 246-250 (2017)

続きを読む

ショウジョウバエの視覚神経回路における歩行の情報の定量的なコーディング

2016年11月17日

藤原輝史・M. Eugenia Chiappe
(ポルトガルChampalimaud Center for the Unknown,Champalimaud Neuroscience Programme)
email:藤原輝史
DOI: 10.7875/first.author.2016.113

A faithful internal representation of walking movements in the Drosophila visual system.
Terufumi Fujiwara, Tomás L. Cruz, James P. Bohnslav, M. Eugenia Chiappe
Nature Neuroscience, 20, 72-81 (2017)

続きを読む

Notchシグナル制御タンパク質Rumiの基質の認識およびがんに関連する変異の分子基盤

2016年9月5日

竹内英之・Robert S. Haltiwanger
(米国Georgia大学Complex Carbohydrate Research Center)
email:竹内英之
DOI: 10.7875/first.author.2016.092

Structural analysis of Notch-regulating Rumi reveals basis for pathogenic mutations.
Hongjun Yu, Hideyuki Takeuchi, Megumi Takeuchi, Qun Liu, Joshua Kantharia, Robert S. Haltiwanger, Huilin Li
Nature Chemical Biology, 12, 735-740 (2016)

続きを読む

PiwiはヒストンH1を介したクロマチンの構造の制御により標的となるトランスポゾンを抑制する

2016年8月4日

岩崎由香・塩見春彦・齋藤都暁
(慶應義塾大学医学部 分子生物学教室)
email:岩崎由香塩見春彦齋藤都暁
DOI: 10.7875/first.author.2016.081

Piwi modulates chromatin accessibility by regulating multiple factors including histone H1 to repress transposons.
Yuka W. Iwasaki, Kensaku Murano, Hirotsugu Ishizu, Aoi Shibuya, Yumiko Iyoda, Mikiko C. Siomi, Haruhiko Siomi, Kuniaki Saito
Molecular Cell, 63, 408-419 (2016)

続きを読む

エンハンサーによる転写バーストの制御

2016年7月1日

深谷 雄志
(米国Princeton大学Lewis-Sigler Institute for Integrative Genomics)
email:深谷雄志
DOI: 10.7875/first.author.2016.068

Enhancer control of transcriptional bursting.
Takashi Fukaya, Bomyi Lim, Michael Levine
Cell, 166, 358-368 (2016)

続きを読む

WinglessシグナルはユビキチンリガーゼGodzillaに依存的なトランスサイトーシスにより活性化される

2016年4月1日

山崎 泰男
(スウェーデンGothenburg大学Sahlgrenska Academy)
email:山崎泰男
DOI: 10.7875/first.author.2016.024

Godzilla-dependent transcytosis promotes Wingless signalling in Drosophila wing imaginal discs.
Yasuo Yamazaki, Lucy Palmer, Cyrille Alexandre, Satoshi Kakugawa, Karen Beckett, Isabelle Gaugue, Ruth H. Palmer, Jean-Paul Vincent
Nature Cell Biology, 18, 451-457 (2016)

続きを読む

ショウジョウバエにおけるモルフォゲンDppによる細胞の増殖および分化のたくみな制御

2015年12月1日

秋山 琢也
(米国Stowers Institute for Medical Research)
email:秋山琢也
10.7875/first.author.2015.134

Decapentaplegic and growth control in the developing Drosophila wing.
Takuya Akiyama, Matthew C. Gibson
Nature, 527, 375-378 (2015)

続きを読む

ショウジョウバエにおいてステロイドホルモンは分泌小胞を介し分泌される

2015年11月26日

山中 直岐
(米国California大学Riverside校Department of Entomology)
email:山中直岐
DOI: 10.7875/first.author.2015.133

Vesicle-mediated steroid hormone secretion in Drosophila melanogaster.
Naoki Yamanaka, Guillermo Marqués, Michael B. O’Connor
Cell, 163, 907-919 (2015)

続きを読む

ショウジョウバエの幼虫においてインスリン様ペプチドが栄養に依存して産生される分子機構

2015年11月17日

岡本直樹・西村隆史
(理化学研究所多細胞システム形成研究センター 成長シグナル研究チーム)
email:岡本直樹西村隆史
DOI: 10.7875/first.author.2015.129

Signaling from glia and cholinergic neurons controls nutrient-dependent production of an insulin-like peptide for Drosophila body growth.
Naoki Okamoto, Takashi Nishimura
Developmental Cell, 35, 295-310 (2015)

続きを読む

KrimpはAGO3とセンスpiRNAとの相互作用を制御することによりアンチセンスpiRNAの産生を促進する

2015年8月18日

佐藤 薫1・岩崎由香2・塩見美喜子1・塩見春彦2
1東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻生物化学講座RNA生物学研究室,2慶應義塾大学医学部 分子生物学教室)
email:佐藤 薫岩崎由香塩見美喜子塩見春彦
DOI: 10.7875/first.author.2015.099

Krimper enforces an antisense bias on piRNA pools by binding AGO3 in the Drosophila germline.
Kaoru Sato, Yuka W. Iwasaki, Aoi Shibuya, Piero Carninci, Yuuta Tsuchizawa, Hirotsugu Ishizu, Mikiko C. Siomi, Haruhiko Siomi
Molecular Cell, 59, 553-563 (2015)

続きを読む