ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

結晶構造から明らかにされたトリオースリン酸/リン酸輸送体における基質特異性の基盤

2017年11月6日

李 勇燦・濡木 理
(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻生物化学講座構造生命科学研究室)
email:濡木 理
DOI: 10.7875/first.author.2017.120

Structure of the triose-phosphate/phosphate translocator reveals the basis of substrate specificity.
Yongchan Lee, Tomohiro Nishizawa, Mizuki Takemoto, Kaoru Kumazaki, Keitaro Yamashita, Kunio Hirata, Ayumi Minoda, Satoru Nagatoishi, Kouhei Tsumoto, Ryuichiro Ishitani, Osamu Nureki
Nature Plants, 3, 825-832 (2017)

続きを読む

温度に依存的な基質および生成物との結合が概日時計の温度補償されたリン酸化反応の基盤である

2017年9月27日

篠原雄太・小山洋平・上田泰己
(理化学研究所生命システム研究センター 合成生物学研究グループ)
email:篠原雄太小山洋平上田泰己
DOI: 10.7875/first.author.2017.102

Temperature-sensitive substrate and product binding underlie temperature-compensated phosphorylation in the clock.
Yuta Shinohara, Yohei M. Koyama, Maki Ukai-Tadenuma, Takatsugu Hirokawa, Masaki Kikuchi, Rikuhiro G. Yamada, Hideki Ukai, Hiroshi Fujishima, Takashi Umehara, Kazuki Tainaka, Hiroki R. Ueda
Molecular Cell, 67, 783-798.e20 (2017)

続きを読む

モータータンパク質kinesin-5が隣接する微小管を架橋しながら集団で発生する力の制御

2015年10月19日

島本 勇太
(米国Rockefeller大学Laboratory of Chemistry and Cell Biology)
email:島本勇太
DOI: 10.7875/first.author.2015.110

Measuring pushing and braking forces generated by ensembles of kinesin-5 crosslinking two microtubules.
Yuta Shimamoto, Scott Forth, Tarun M. Kapoor
Developmental Cell, 34, 669-681 (2015)

続きを読む

酵素と基質との相互作用に対するシミュレーションをオペロンに適用することによるタンパク質の機能および代謝経路の解明

2013年10月22日

酒井 綾乃
(米国Illinois大学Urbana-Champaign校Institute for Genomic Biology)
email:酒井綾乃
DOI: 10.7875/first.author.2013.126

Discovery of new enzymes and metabolic pathways by using structure and genome context.
Suwen Zhao, Ritesh Kumar, Ayano Sakai, Matthew W. Vetting, B. McKay Wood, Shoshana Brown, Jeffery B. Bonanno, Brandan S. Hillerich, Ronald D. Seidel, Patricia C. Babbitt, Steven C. Almo, Jonathan V. Sweedler, John A. Gerlt, John E. Cronan, Matthew P. Jacobson
Nature, 502, 698-702 (2013)

続きを読む

理想タンパク質構造のデザインの原理

2012年12月3日

古賀信康・古賀 (巽) 理恵
(米国Washington大学Department of Biochemistry)
email:古賀信康古賀 (巽) 理恵
DOI: 10.7875/first.author.2012.147

Principles for designing ideal protein structures.
Nobuyasu Koga, Rie Tatsumi-Koga, Gaohua Liu, Rong Xiao, Thomas B. Acton, Gaetano T. Montelione, David Baker
Nature, 491, 222-227 (2012)

続きを読む

インスリン-AKTシグナル伝達経路の情報多重化によるインスリンの作用の時間情報コード

2012年6月18日

久保田浩行・黒田真也
(東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
email:久保田浩行
DOI: 10.7875/first.author.2012.071

Temporal coding of insulin action through multiplexing of the AKT pathway.
Hiroyuki Kubota, Rei Noguchi, Yu Toyoshima, Yu-ichi Ozaki, Shinsuke Uda, Kanako Watanabe, Wataru Ogawa, Shinya Kuroda
Molecular Cell, 46, 820-832 (2012)

続きを読む

生体組織のマテリアル解析から形態制御を探る

2012年3月27日

中山 尚美
(スイスBern大学Institute of Plant Sciences)
email:中山尚美
DOI: 10.7875/first.author.2012.041

Elastic domains regulate growth and organogenesis in the plant shoot apical meristem.
Daniel Kierzkowski, Naomi Nakayama, Anne-Lise Routier-Kierzkowska, Alain Weber, Emmanuelle Bayer, Martine Schorderet, Didier Reinhardt, Cris Kuhlemeier, Richard S. Smith
Science, 335, 1096-1099 (2012)

続きを読む