ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

Toll様受容体TLR7はグアノシンおよび1本鎖RNAを認識する

2016年11月1日

張 志寛・大戸梅治・清水敏之
(東京大学大学院薬学系研究科 蛋白構造生物学教室)
email:大戸梅治清水敏之
DOI: 10.7875/first.author.2016.108

Structural analysis reveals that Toll-like receptor 7 is a dual receptor for guanosine and single-stranded RNA.
Zhikuan Zhang, Umeharu Ohto, Takuma Shibata, Elena Krayukhina, Masato Taoka, Yoshio Yamauchi, Hiromi Tanji, Toshiaki Isobe, Susumu Uchiyama, Kensuke Miyake, Toshiyuki Shimizu
Immunity, 45, 737-748 (2016)

続きを読む

到達運動の学習を推進する運動野からもたらされる誤差の信号

2016年6月6日

北澤 茂・井上雅仁
(大阪大学脳情報通信融合研究センター)
email:北澤 茂井上雅仁
DOI: 10.7875/first.author.2016.057

Error signals in motor cortices drive adaptation in reaching.
Masato Inoue, Motoaki Uchimura, Shigeru Kitazawa
Neuron, 90, 1114-1126 (2016)

続きを読む

聴覚の情報にもとづく意思決定における聴覚皮質の因果的な役割

2016年1月13日

綱田丈二・Yale E. Cohen
(米国Pennsylvania大学Department of Otorhinolaryngology)
email:綱田丈二
DOI: 10.7875/first.author.2016.006

Causal contribution of primate auditory cortex to auditory perceptual decision-making.
Joji Tsunada, Andrew S. K. Liu, Joshua I. Gold, Yale E. Cohen
Nature Neuroscience, 19, 135-142 (2016)

続きを読む

記憶の想起の成功には側頭葉の領域のあいだのシグナルによる皮質層のあいだの神経回路の活性化が必要である

2015年5月12日

竹田真己・宮下保司
(東京大学大学院医学系研究科 統合生理学)
email:宮下保司
DOI: 10.7875/first.author.2015.054

Top-down regulation of laminar circuit via inter-area signal for successful object memory recall in monkey temporal cortex.
Masaki Takeda, Kenji W. Koyano, Toshiyuki Hirabayashi, Yusuke Adachi, Yasushi Miyashita
Neuron, 86, 840-852 (2015)

続きを読む

信頼度の異なる情報を組み合わせて判断を形成する神経機構

2015年3月2日

吉良 信一郎
(米国Harvard Medical School,Department of Neurobiology)
email:吉良信一郎
DOI: 10.7875/first.author.2015.026

A neural implementation of Wald’s sequential probability ratio test.
Shinichiro Kira, Tianming Yang, Michael N. Shadlen
Neuron, 85, 861-873 (2015)

続きを読む

前頭連合野における神経活動の解析により二重課題干渉とこれにかかわる認知的な容量制限の神経機構を明らかにした

2014年3月18日

渡邉 慶・船橋新太郎
(京都大学こころの未来研究センター)
email:船橋新太郎
DOI: 10.7875/first.author.2014.037

Neural mechanisms of dual-task interference and cognitive capacity limitation in the prefrontal cortex.
Kei Watanabe, Shintaro Funahashi
Nature Neuroscience, 17, 601-611 (2014)

続きを読む

前頭前野における分散された注意の収束

2013年10月11日

門久 美紀子
(英国MRC Cognition and Brain Sciences Unit)
email:門久美紀子
DOI: 10.7875/first.author.2013.124

Dynamic construction of a coherent attentional state in a prefrontal cell population.
Mikiko Kadohisa, Philippe Petrov, Mark Stokes, Natasha Sigala, Mark Buckley, David Gaffan, Makoto Kusunoki, John Duncan
Neuron, 80, 235-246 (2013)

続きを読む

視床枕におけるニューロンの活動は視覚の判別における主観的な確からしさを反映する

2013年6月10日

小村 豊
(産業技術総合研究所ヒューマンライフテクノロジー研究部門 システム脳科学研究グループ)
email:小村 豊
DOI: 10.7875/first.author.2013.074

Responses of pulvinar neurons reflect a subject’s confidence in visual categorization.
Yutaka Komura, Akihiko Nikkuni, Noriko Hirashima, Teppei Uetake,Aki Miyamoto
Nature Neuroscience, 16, 749-755 (2013)

続きを読む

マカク属サルの第4次視覚野における色と傾きの処理にかかわる機能的な構造

2010年12月14日

谷川 久
(米国Vanderbilt大学Department of Psychology)
email:谷川 久
DOI: 10.7875/first.author.2010.062

Functional organization for color and orientation in macaque V4.
Hisashi Tanigawa, Haidong D. Lu & Anna W. Roe
Nature Neuroscience, 13, 1542-1548 (2010)

続きを読む