ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

インターロイキン27を産生するCD4陽性T細胞によるマラリア原虫の感染に対する免疫防御の制御

2016年3月25日

木村大輔・由井克之
(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 免疫学分野)
email:由井克之
DOI: 10.7875/first.author.2016.021

Interleukin-27-producing CD4+ T cells regulate protective immunity during malaria parasite infection.
Daisuke Kimura, Mana Miyakoda, Kazumi Kimura, Kiri Honma, Hiromitsu Hara, Hiroki Yoshida, Katsuyuki Yui
Immunity, 44, 672-682 (2016)

続きを読む

インターフェロンおよびインターロイキン27は2型自然リンパ球による2型免疫反応を抑制する

2016年1月5日

茂呂和世・加畑宏樹・小安重夫
(理化学研究所統合生命医科学研究センター 免疫細胞システム研究グループ)
email:茂呂和世加畑宏樹
DOI: 10.7875/first.author.2016.001

Interferon and IL-27 antagonize the function of group 2 innate lymphoid cells and type 2 innate immune responses.
Kazuyo Moro, Hiroki Kabata, Masanobu Tanabe, Satoshi Koga, Natsuki Takeno, Miho Mochizuki, Koichi Fukunaga, Koichiro Asano, Tomoko Betsuyaku, Shigeo Koyasu
Nature Immunology, 17, 76-86 (2016)

続きを読む

遺伝子発現の量およびサイトカインの特異性を制御するSTAT1およびSTAT3の非対称的な作用

2015年6月9日

平原 潔1・中山俊憲2・菅野由香3
1千葉大学大学院医学研究院 先進気道アレルギー学,2千葉大学大学院医学研究院 免疫発生学,3米国NIH National Institute of Arthritis and Musculoskeletal and Skin Diseases,Molecular Immunology and Inflammation Branch)
email:平原 潔菅野由香
DOI: 10.7875/first.author.2015.071

Asymmetric action of STAT transcription factors drives transcriptional outputs and cytokine specificity.
Kiyoshi Hirahara, Atsushi Onodera, Alejandro V. Villarino, Michael Bonelli, Giuseppe Sciumè, Arian Laurence, Hong-Wei Sun, Stephen R. Brooks, Golnaz Vahedi, Han-Yu Shih, Gustavo Gutierrez-Cruz, Shigeru Iwata, Ryo Suzuki, Yohei Mikami, Yoshitaka Okamoto, Toshinori Nakayama, Steven M. Holland, Christopher A. Hunter, Yuka Kanno, John J. O’Shea
Immunity, 42 877-889 (2015)

続きを読む

インターロイキン10を産生するプラズマブラストは自己免疫疾患における炎症反応を抑制する

2014年12月24日

松本真典・黒崎知博・馬場義裕
(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 分化制御研究室)
email:松本真典
DOI: 10.7875/first.author.2014.157

Interleukin-10-producing plasmablasts exert regulatory function in autoimmune inflammation.
Masanori Matsumoto, Akemi Baba, Takafumi Yokota, Hiroyoshi Nishikawa, Yasuyuki Ohkawa, Hisako Kayama, Axel Kallies, Stephen L. Nutt, Shimon Sakaguchi, Kiyoshi Takeda, Tomohiro Kurosaki, Yoshihiro Baba
Immunity, 41, 1040-1051 (2014)

続きを読む

血管の周囲に形成される白血球のクラスターは皮膚におけるT細胞の活性化に必須である

2014年10月2日

江川形平・椛島健治
(京都大学大学院医学研究科 皮膚科学分野)
email:江川形平椛島健治
DOI: 10.7875/first.author.2014.123

Perivascular leukocyte clusters are essential for efficient activation of effector T cells in the skin.
Yohei Natsuaki, Gyohei Egawa, Satoshi Nakamizo, Sachiko Ono, Sho Hanakawa, Takaharu Okada, Nobuhiro Kusuba, Atsushi Otsuka, Akihiko Kitoh, Tetsuya Honda, Saeko Nakajima, Soken Tsuchiya, Yukihiko Sugimoto, Ken J. Ishii, Hiroko Tsutsui, Hideo Yagita, Yoichiro Iwakura, Masato Kubo, Lai guan Ng, Takashi Hashimoto, Judilyn Fuentes, Emma Guttman-Yassky, Yoshiki Miyachi, Kenji Kabashima
Nature Immunology, 15, 1064-1069 (2014)

続きを読む

ホスファチジルイノシトール5-リン酸による自然免疫応答の制御

2013年9月9日

川崎拓実・審良静男・河合太郎
(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 自然免疫学研究室)
email:川崎拓実河合太郎
DOI: 10.7875/first.author.2013.111

The second messenger phosphatidylinositol-5-phosphate facilitates antiviral innate immune signaling.
Takumi Kawasaki, Naoki Takemura, Daron M. Standley, Shizuo Akira, Taro Kawai
Cell Host & Microbe, 14, 148-158 (2013)

続きを読む

GBPはインターフェロンγにより誘導され病原性の寄生虫トキソプラズマを破壊する

2012年8月7日

山本雅裕・竹田 潔
(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 粘膜免疫学研究室)
email:山本雅裕
DOI: 10.7875/first.author.2012.102

A cluster of interferon-γ-inducible p65 GTPases plays a critical role in host defense against Toxoplasma gondii.
Masahiro Yamamoto, Megumi Okuyama, Ji Su Ma, Taishi Kimura, Naganori Kamiyama, Hiroyuki Saiga, Jun Ohshima, Miwa Sasai, Hisako Kayama, Toru Okamoto, David C.S. Huang, Dominique Soldati-Favre, Kyoji Horie, Junji Takeda, Kiyoshi Takeda
Immunity, 37, 302-313 (2012)

続きを読む

NLRC4を介したインターロイキン1βの産生は病原細菌と腸内常在細菌との識別および生体防御に重要である

2012年5月1日

鎌田信彦・Gabriel Núñez
(米国Michigan大学Medical School,Department of Pathology)
email:鎌田信彦
DOI: 10.7875/first.author.2012.047

NLRC4-driven production of IL-1β discriminates between pathogenic and commensal bacteria and promotes host intestinal defense.
Luigi Franchi, Nobuhiko Kamada, Yuumi Nakamura, Aaron Burberry, Peter Kuffa, Shiho Suzuki, Michael H Shaw, Yun-Gi Kim, Gabriel Núñez
Nature Immunology, 13, 449-456 (2012)

続きを読む

CNS2エンハンサーは濾胞性ヘルパーT細胞によるインターロイキン4に依存性の液性免疫応答を制御する

2012年3月28日

原田陽介・久保允人
(東京理科大学生命科学研究所 分子病態学研究部門)
email:原田陽介久保允人
DOI: 10.7875/first.author.2012.042

The 3′ enhancer CNS2 is a critical regulator of interleukin-4-mediated humoral immunity in follicular helper T cells.
Yohsuke Harada, Shinya Tanaka, Yasutaka Motomura, Yasuyo Harada, Shin-ichiro Ohno, Shinji Ohno, Yusuke Yanagi, Hiromasa Inoue, Masato Kubo
Immunity, 36, 188-200 (2012)

続きを読む

小胞体Ca2+センサーであるSTIM1とSTIM2の誘導するCa2+流入がB細胞のインターロイキン10産生および炎症抑制機能に必須である

2011年5月19日

馬場 義裕
(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 分化制御研究室)
email:馬場義裕
DOI: 10.7875/first.author.2011.083

The calcium sensors STIM1 and STIM2 control B cell regulatory function through interleukin-10 production.
Masanori Matsumoto, Yoko Fujii, Akemi Baba, Masaki Hikida, Tomohiro Kurosaki, Yoshihiro Baba
Immunity, 34, 703-714 (2011)

続きを読む