ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

マウスの初期胚におけるBMPシグナルのパターンはVam2に依存するエンドサイトーシス経路により制御されている

2012年6月19日

和田戈虹1・和田 洋2
1同志社女子大学薬学部 生化学研究室,2大阪大学産業科学研究所 生体分子機能科学研究分野)
email:和田戈虹
DOI: 10.7875/first.author.2012.072

Spatial restriction of bone morphogenetic protein signaling in mouse gastrula through the mVam2-dependent endocytic pathway.
Minako Aoyama, Ge-Hong Sun-Wada, Akitsugu Yamamoto, Masamichi Yamamoto, Hiroshi Hamada, Yoh Wada
Developmental Cell, 22, 1163-1175 (2012)

続きを読む

ArcはCa2+/カルモジュリン依存性キナーゼIIβとの相互作用により不活性なシナプスに集積しAMPA型グルタミン酸受容体のエンドサイトーシスにはたらく

2012年5月29日

奥野浩行・尾藤晴彦
(東京大学大学院医学系研究科 神経生化学分野)
email:奥野浩行尾藤晴彦
DOI: 10.7875/first.author.2012.061

Inverse synaptic tagging of inactive synapses via dynamic interaction of Arc/Arg3.1 with CaMKIIβ.
Hiroyuki Okuno, Kaori Akashi, Yuichiro Ishii, Nan Yagishita-Kyo, Kanzo Suzuki, Mio Nonaka, Takashi Kawashima, Hajime Fujii, Sayaka Takemoto-Kimura, Manabu Abe, Rie Natsume, Shoaib Chowdhury, Kenji Sakimura, Paul F. Worley, Haruhiko Bito
Cell, 149, 886-898 (2012)

続きを読む

シナプス小胞の放出と取り込みとのバランスをささえるcGMP依存性プロテインキナーゼに依存したシナプス逆行性の制御機構

2012年5月24日

江口工学・高橋智幸
(沖縄科学技術大学院大学 細胞分子シナプス機能ユニット)
email:江口工学高橋智幸
DOI: 10.7875/first.author.2012.060

Maturation of a PKG-dependent retrograde mechanism for exoendocytic coupling of synaptic vesicles.
Kohgaku Eguchi, Setsuko Nakanishi, Hiroshi Takagi, Zacharie Taoufiq, Tomoyuki Takahashi
Neuron, 74, 517-529 (2012)

続きを読む

X染色体連鎖性精神遅滞の原因遺伝子の産物であるOligophrenin 1は代謝型グルタミン酸受容体の活性化により新規に翻訳され長期抑制に機能する

2011年11月18日

小林 亜希子
(米国Cold Spring Harbor Laboratory)
email:小林亜希子
DOI: 10.7875/first.author.2011.166

Rapid synthesis of the X-linked mental retardation protein OPHN1 mediates mGluR-dependent LTD through interaction with the endocytic machinery.
Nael Nadif Kasri, Akiko Nakano-Kobayashi, Linda Van Aelst
Neuron, 72, 300-315 (2011)

続きを読む

分泌タンパク質Rspoファミリーの新たな分子機構とその役割

2011年4月4日

大河原 美静
(名古屋大学大学院医学系研究科 神経遺伝情報学)
email:大河原美静
DOI: 10.7875/first.author.2011.061

Rspo3 binds syndecan 4 and induces Wnt/PCP signaling via clathrin-mediated endocytosis to promote morphogenesis.
Bisei Ohkawara, Andrei Glinka, Christof Niehrs
Developmental Cell, 20, 303-314 (2011)

続きを読む

神経活動の活性化がIGF-Iの血液脳関門の通過をひき起こす

2010年11月5日

西島 壮
(首都大学東京大学院人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域行動生理学研究室)
email:西島 壮
DOI: 10.7875/first.author.2010.046

Neuronal activity drives localized blood-brain-barrier transport of serum insulin-like growth factor-I into the CNS.
Takeshi Nishijima*, Joaquin Piriz*, Sylvie Duflot*, Ana M. Fernandez, Gema Gaitan, Ulises Gomez-Pinedo, Jose M. Garcia Verdugo, Felix Leroy, Hideaki Soya, Angel Nuñez, Ignacio Torres-Aleman (* These authors contributed equally to this work.)
Neuron, 67, 834-846 (2010)

続きを読む

エンドサイトーシス経路によるN-カドヘリンの細胞内輸送は放射状突起にそったニューロンの移動を制御する

2010年9月30日

川内 健史
(慶應義塾大学医学部 解剖学教室)
email:川内健史
DOI: 10.7875/first.author.2010.022

Rab GTPases-dependent endocytic pathways regulate neuronal migration and maturation through N-cadherin trafficking.
Takeshi Kawauchi, Katsutoshi Sekine, Mima Shikanai, Kaori Chihama, Kenji Tomita, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, Yo-ichi Nabeshima, Mikio Hoshino
Neuron, 67, 588-602 (2010)

続きを読む