ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

セロトニン性の神経回路による運動学習の機構

2016年11月28日

川島 尚之
(米国Howard Hughes Medical Institute,Janelia Research Campus)
email:川島尚之
DOI: 10.7875/first.author.2016.118

The serotonergic system tracks the outcomes of actions to mediate short-term motor learning.
Takashi Kawashima, Maarten F. Zwart, Chao-Tsung Yang, Brett D. Mensh, Misha B. Ahrens
Cell, 167, 933-946.e20 (2016)

続きを読む

エンハンサーによる転写バーストの制御

2016年7月1日

深谷 雄志
(米国Princeton大学Lewis-Sigler Institute for Integrative Genomics)
email:深谷雄志
DOI: 10.7875/first.author.2016.068

Enhancer control of transcriptional bursting.
Takashi Fukaya, Bomyi Lim, Michael Levine
Cell, 166, 358-368 (2016)

続きを読む

生細胞におけるリアルタイムでの1分子のmRNAからの翻訳のダイナミクスの可視化および定量

2016年5月30日

森崎達也・Timothy J. Stasevich
(米国Colorado州立大学Department of Biochemistry and Molecular Biology)
email:森崎達也
DOI: 10.7875/first.author.2016.049

Real-time quantification of single RNA translation dynamics in living cells.
Tatsuya Morisaki, Kenneth Lyon, Keith F. DeLuca, Jennifer G. DeLuca, Brian P. English, Zhengjian Zhang, Luke D. Lavis, Jonathan B. Grimm, Sarada Viswanathan, Loren L. Looger, Timothee Lionnet, Timothy J. Stasevich
Science, 352,1425-1429 (2016)

続きを読む

ソマトスタチン陽性ニューロンは音の刺激の重要性に応じ1次聴覚野における応答を双方向性に制御する

2015年11月19日

加藤紘之・Jeffry S. Isaacson
(米国California大学San Diego校Department of Neurosciences)
email:加藤紘之
DOI: 10.7875/first.author.2015.130

Flexible sensory representations in auditory cortex driven by behavioral relevance.
Hiroyuki K. Kato, Shea N. Gillet, Jeffry S. Isaacson
Neuron, 88, 1027-1039 (2015)

続きを読む

寄生植物ストライガのもつストリゴラクトン受容体を可視化する

2015年9月16日

萩原伸也・吉村柾彦・土屋雄一朗
(名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所)
email:萩原伸也土屋雄一朗
DOI: 10.7875/first.author.2015.106

Probing strigolactone receptors in Striga hermonthica with fluorescence.
Yuichiro Tsuchiya, Masahiko Yoshimura, Yoshikatsu Sato, Keiko Kuwata, Shigeo Toh, Duncan Holbrook-Smith, Hua Zhang, Peter McCourt, Kenichiro Itami, Toshinori Kinoshita, Shinya Hagihara
Science, 349, 864-868 (2015)

続きを読む

再構成系および1分子観察により同定されたショウジョウバエにおけるRISCの形成の過程

2015年5月11日

岩崎信太郎・佐々木 浩・泊 幸秀
(東京大学分子細胞生物学研究所 RNA機能研究分野)
email:岩崎信太郎佐々木 浩泊 幸秀
DOI: 10.7875/first.author.2015.053

Defining fundamental steps in the assembly of the Drosophila RNAi enzyme complex.
Shintaro Iwasaki, Hiroshi M. Sasaki, Yuriko Sakaguchi, Tsutomu Suzuki, Hisashi Tadakuma, Yukihide Tomari
Nature, 521, 533-536 (2015)

続きを読む

植物の受精における細胞融合による残存助細胞の迅速な排除

2015年5月7日

丸山大輔・東山哲也
(名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所)
email:丸山大輔
DOI: 10.7875/first.author.2015.051

Rapid elimination of the persistent synergid through a cell fusion mechanism.
Daisuke Maruyama, Ronny Völz, Hidenori Takeuchi, Toshiyuki Mori, Tomoko Igawa, Daisuke Kurihara, Tomokazu Kawashima, Minako Ueda, Masaki Ito, Masaaki Umeda, Shuh-ichi Nishikawa, Rita Groß-Hardt, Tetsuya Higashiyama
Cell, 161, 907-918 (2015)

続きを読む

Cdc42はフォーミンタンパク質Fmnl3を介して内皮細胞におけるフィロポディアの形成を促進し血管新生を誘導する

2015年1月26日

若山勇紀・福原茂朋
(国立循環器病研究センター研究所 細胞生物学部)
email:若山勇紀福原茂朋
DOI: 10.7875/first.author.2015.011

Cdc42 mediates Bmp-induced sprouting angiogenesis through Fmnl3-driven assembly of endothelial filopodia in zebrafish.
Yuki Wakayama, Shigetomo Fukuhara, Koji Ando, Michiyuki Matsuda, Naoki Mochizuki
Developmental Cell, 32, 109-122 (2015)

続きを読む

ドーパミンがスパインの形態の可塑性に対して作用する狭い時間枠

2014年10月20日

柳下 祥・河西春郎
(東京大学大学院医学系研究科 疾患生命工学センター構造生理学部門)
email:河西春郎
DOI: 10.7875/first.author.2014.126

A critical time window for dopamine actions on the structural plasticity of dendritic spines.
Sho Yagishita, Akiko Hayashi-Takagi, Graham C.R. Ellis-Davies, Hidetoshi Urakubo, Shin Ishii, Haruo Kasai
Science, 345, 1616-1620 (2014)

続きを読む

細胞質ダイニンの自己制御の機構および協同的な活性化

2014年10月20日

鳥澤嵩征1・豊島陽子2・古田健也1
1情報通信研究機構未来ICT研究所 バイオICT研究室生体物性グループ,2東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻生命環境科学)
email:鳥澤嵩征
DOI: 10.7875/first.author.2014.128

Autoinhibition and cooperative activation mechanisms of cytoplasmic dynein.
Takayuki Torisawa, Muneyoshi Ichikawa, Akane Furuta, Kei Saito, Kazuhiro Oiwa, Hiroaki Kojima, Yoko Y. Toyoshima, Ken’ya Furuta
Nature Cell Biology, 16, 1118-1124 (2014)

続きを読む