ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

損傷した細胞の検知にかかわるDNGR-1とアクチン線維との複合体のクライオ電子顕微鏡法を用いた構造解析

2015年6月19日

藤井 高志
(大阪大学生命機能研究科 プロトニックナノマシン研究室)
email:藤井高志
DOI: 10.7875/first.author.2015.075

Structure of the complex of F-actin and DNGR-1, a C-type lectin receptor involved in dendritic cell cross-presentation of dead cell-associated antigens.
Pavel Hanč, Takashi Fujii, Salvador Iborra, Yurika Yamada, Jatta Huotari, Oliver Schulz, Susan Ahrens, Svend Kjær, Michael Way, David Sancho, Keiichi Namba, Caetano Reis e Sousa
Immunity, 42, 839-849 (2015)

続きを読む

FHOD1はnesprin-2Gとの相互作用によりアクチンに依存した核の移動を仲介する

2014年7月10日

安徳 晋・Gregg G. Gundersen
(米国Columbia大学Department of Pathology and Cell Biology)
email:安徳 晋
DOI: 10.7875/first.author.2014.094

FHOD1 interaction with nesprin-2G mediates TAN line formation and nuclear movement.
Stefan Kutscheidt, Ruijun Zhu, Susumu Antoku, Gant W. Luxton, Igor Stagljar, Oliver T. Fackler, Gregg G. Gundersen
Nature Cell Biology, 16, 708-715 (2014)

続きを読む

原形質流動は植物の大きさの決定因子である

2013年12月4日

富永基樹1・伊藤光二2
1理化学研究所光量子工学研究領域 ライブセル分子イメージング研究チーム,2千葉大学大学院理学研究科 生物学コース)
email:富永基樹伊藤光二
DOI: 10.7875/first.author.2013.150

Cytoplasmic streaming velocity as a plant size determinant.
Motoki Tominaga, Atsushi Kimura, Etsuo Yokota, Takeshi Haraguchi, Teruo Shimmen, Keiichi Yamamoto, Akihiko Nakano, Kohji Ito
Developmental Cell, 27, 345-352 (2013)

続きを読む

アクチン線維の二重らせん鎖にそったフォルミンmDia1の回転運動

2011年1月17日

渡邊直樹・水野裕昭
(東北大学大学院生命科学研究科 分子生命科学専攻単分子動態生物学分野)
email:渡邊直樹
DOI: 10.7875/first.author.2011.016

Rotational movement of the formin mDia1 along the double helical strand of an actin filament.
Hiroaki Mizuno, Chiharu Higashida, Yunfeng Yuan, Toshimasa Ishizaki, Shuh Narumiya, Naoki Watanabe
Science, 331, 80-83 (2011)

続きを読む

nebulinとN-WASPは協同してIGF-1により誘導される筋原線維のアクチン線維の形成をひき起こす

2011年1月14日

高野和儀・遠藤 剛
(千葉大学大学院理学研究科 生物学分野)
email:高野和儀遠藤 剛
DOI: 10.7875/first.author.2011.011

Nebulin and N-WASP cooperate to cause IGF-1-induced sarcomeric actin filament formation.
Kazunori Takano, Haruko Watanabe-Takano, Shiro Suetsugu, Souichi Kurita, Kazuya Tsujita, Sumiko Kimura, Takashi Karatsu, Tadaomi Takenawa, Takeshi Endo
Science, 330, 1536-1540 (2010)

続きを読む

低温電子顕微鏡像の解析によりアクチン繊維の構造を6.6Å分解能で解明

2010年11月2日

藤井高志・難波啓一
(大阪大学大学院生命機能研究科 プロトニックナノマシン研究室)
email:難波啓一
DOI: 10.7875/first.author.2010.045

Direct visualization of secondary structures of F-actin by electron cryomicroscopy.
Takashi Fujii, Atsuko H. Iwane, Toshio Yanagida, Keiichi Namba
Nature, 467, 724-728 (2010)

続きを読む