ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

ショウジョウバエの幼虫における相同なコマンドニューロンの多様化による適応的な逃避行動の実現

2017年12月18日

高木 優・能瀬聡直
(東京大学大学院新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻)
email:高木 優能瀬聡直
DOI: 10.7875/first.author.2017.143

Divergent connectivity of homologous command-like neurons mediates segment-specific touch responses in Drosophila.
Suguru Takagi, Benjamin Thomas Cocanougher, Sawako Niki, Dohjin Miyamoto, Hiroshi Kohsaka, Hokto Kazama, Richard Doty Fetter, James William Truman, Marta Zlatic, Albert Cardona, Akinao Nose
Neuron, DOI: 10.1016/j.neuron.2017.10.030

続きを読む

電位依存性Ca2+チャネル,リアノジン受容体,電位/Ca2+活性化型K+チャネルからなる二重のCa2+ナノドメインはニューロンにおいてバースト発火を制御する

2017年12月13日

入江智彦1・Laurence O. Trussell 2
1国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター薬理部,2米国Oregon Health and Science大学Oregon Hearing Research Center)
email:入江智彦
DOI: 10.7875/first.author.2017.141

Double-nanodomain coupling of calcium channels, ryanodine receptors, and BK channels controls the generation of burst firing.
Tomohiko Irie, Laurence O. Trussell
Neuron, 96, 856-870.e4 (2017)

続きを読む

HDAC5およびその標的であるNpas4遺伝子は側坐核においてコカインの報酬に関連する行動を制御する

2017年11月8日

谷口 誠・Maria B. Carreira・Christopher W. Cowan
(米国Medical University of South Carolina,Department of Neuroscience)
email:谷口 誠
DOI: 10.7875/first.author.2017.123

HDAC5 and its target gene, Npas4, function in the nucleus accumbens to regulate cocaine-conditioned behaviors.
Makoto Taniguchi, Maria B. Carreira, Yonatan A. Cooper, Ana-Clara Bobadilla, Jasper A. Heinsbroek, Nobuya Koike, Erin B. Larson, Evan A. Balmuth, Brandon W. Hughes, Rachel D. Penrod, Jaswinder Kumar, Laura N. Smith, Daniel Guzman, Joseph S. Takahashi, Tae-Kyung Kim, Peter W. Kalivas, David W. Self, Yingxi Lin, Christopher W. Cowan
Neuron, 96, 130-144.e6 (2017)

続きを読む

ショウジョウバエにおける神経修飾物質と社会行動を制御するニューロンとの相互作用による攻撃行動の制御

2017年9月29日

渡邉 毅一
(米国California Institute of Technology,Division of Biology and Biological Engineering)
email:渡邉毅一
DOI: 10.7875/first.author.2017.104

A circuit node that integrates convergent input from neuromodulatory and social behavior-promoting neurons to control aggression in Drosophila.
Kiichi Watanabe, Hui Chiu, Barret D. Pfeiffer, Allan M. Wong, Eric D. Hoopfer, Gerald M. Rubin, David J. Anderson
Neuron, 95, 1112-1128.e7 (2017)

続きを読む

苔状細胞-顆粒細胞シナプスにおける長期増強は興奮と抑制とのバランスを変化させ歯状回からの出力を制御する

2017年9月4日

橋本谷 祐輝
(米国Albert Einstein College of Medicine,Dominick P. Purpura Department of Neuroscience)
email:橋本谷祐輝
DOI: 10.7875/first.author.2017.091

LTP at hilar mossy cell-dentate granule cell synapses modulates dentate gyrus output by increasing excitation/inhibition balance.
Yuki Hashimotodani, Kaoutsar Nasrallah, Kyle R. Jensen, Andrés E. Chávez, Daniel Carrera, Pablo E. Castillo
Neuron, 95, 928-943.e3 (2017)

続きを読む

ショウジョウバエの感覚神経系においては刺激への応答が発生の環境にあわせ制御される

2017年8月16日

兼子 拓也
(米国Michigan大学Ann Arbor校Department of Cell and Developmental Biology)
email:兼子拓也
DOI: 10.7875/first.author.2017.080

Serotonergic modulation enables pathway-specific plasticity in a developing sensory circuit in Drosophila.
Takuya Kaneko, Ann Marie Macara, Ruonan Li, Yujia Hu, Kenichi Iwasaki, Zane Dunnings, Ethan Firestone, Shawn Horvatic, Ananya Guntur, Orie T. Shafer, Chung-Hui Yang, Jie Zhou, Bing Ye
Neuron, 95, 623-638.e4 (2017)

続きを読む

ショウジョウバエのキノコ体における細胞のタイプに特異的な匂いの情報処理の機構

2017年8月7日

稲田健吾・風間北斗
(理化学研究所脳科学総合研究センター 知覚神経回路機構研究チーム)
email:稲田健吾風間北斗
DOI: 10.7875/first.author.2017.077

Origins of cell-type-specific olfactory processing in the Drosophila mushroom body circuit.
Kengo Inada, Yoshiko Tsuchimoto, Hokto Kazama
Neuron, 95, 357-367.e4 (2017)

続きを読む

大脳の聴覚野における周波数へのチューニングは再帰性の神経回路の抑制により制御される

2017年7月24日

加藤紘之・Jeffry S. Isaacson
(米国California大学San Diego校Department of Neurosciences)
email:加藤紘之
DOI: 10.7875/first.author.2017.071

Network-level control of frequency tuning in auditory cortex.
Hiroyuki K. Kato, Samuel K. Asinof, Jeffry S. Isaacson
Neuron, 95, 412-423.e4 (2017)

続きを読む

非空間性の出来事の順序を表現する海馬における発火率および時間による符合化

2017年7月3日

寺田 慧・藤澤茂義
(理化学研究所脳総合研究センター システム神経生理学研究チーム)
email:寺田 慧藤澤茂義
DOI: 10.7875/first.author.2017.065

Temporal and rate coding for discrete event sequences in the hippocampus.
Satoshi Terada, Yoshio Sakurai, Hiroyuki Nakahara, Shigeyoshi Fujisawa
Neuron, 94, 1248-1262.e4 (2017)

続きを読む

マウスの性フェロモンESP1がメスの性行動を促進するための専用の神経回路

2017年6月23日

石井健太郎・宮道和成・東原和成
(東京大学大学院農学生命科学研究科 応用生命化学専攻生物化学研究室)
email:宮道和成東原和成
DOI: 10.7875/first.author.2017.057

A labeled-line neural circuit for pheromone-mediated sexual behaviors in mice.
Kentaro K. Ishii, Takuya Osakada, Hiromi Mori, Nobuhiko Miyasaka, Yoshihiro Yoshihara, Kazunari Miyamichi, Kazushige Touhara
Neuron, 95, 123-137 (2017)

続きを読む