ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

トマトの成熟を制御する転写因子RINの機能の再評価

2017年11月16日

伊藤 康博
(農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門 酵素研究ユニット)
email:伊藤康博
DOI: 10.7875/first.author.2017.128

Re-evaluation of the rin mutation and the role of RIN in the induction of tomato ripening.
Yasuhiro Ito, Ayako Nishizawa-Yokoi, Masaki Endo, Masafumi Mikami, Yoko Shima, Nobutaka Nakamura, Eiichi Kotake-Nara, Susumu Kawasaki, Seiichi Toki
Nature Plants, 3, 866-874 (2017)

続きを読む

結晶構造から明らかにされたトリオースリン酸/リン酸輸送体における基質特異性の基盤

2017年11月6日

李 勇燦・濡木 理
(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻生物化学講座構造生命科学研究室)
email:濡木 理
DOI: 10.7875/first.author.2017.120

Structure of the triose-phosphate/phosphate translocator reveals the basis of substrate specificity.
Yongchan Lee, Tomohiro Nishizawa, Mizuki Takemoto, Kaoru Kumazaki, Keitaro Yamashita, Kunio Hirata, Ayumi Minoda, Satoru Nagatoishi, Kouhei Tsumoto, Ryuichiro Ishitani, Osamu Nureki
Nature Plants, 3, 825-832 (2017)

続きを読む

根から長距離を輸送されたサイトカイニンとその前駆体は地上部の成長の制御において異なる役割を担う

2017年8月17日

大薄麻未・榊原 均
(名古屋大学大学院生命農学研究科 生物機構・機能科学専攻生物化学研究分野)
email:大薄麻未榊原 均
DOI: 10.7875/first.author.2017.083

Systemic transport of trans-zeatin and its precursor have differing roles in Arabidopsis shoots.
Asami Osugi, Mikiko Kojima, Yumiko Takebayashi, Nanae Ueda, Takatoshi Kiba, Hitoshi Sakakibara
Nature Plants, 3, 17112 (2017)

続きを読む

アブラナ科植物において自他を認識する遺伝子の遺伝子重複と相互の機能喪失により生じた新たな生殖障壁

2017年7月27日

高田美信1・鈴木 剛2・渡辺正夫1
1東北大学大学院生命科学研究科 生態システム生命科学専攻植物生殖遺伝分野,2大阪教育大学 理数情報講座植物分子遺伝学研究室)
email:高田美信鈴木 剛渡辺正夫
DOI: 10.7875/first.author.2017.074

Duplicated pollen-pistil recognition loci control intraspecific unilateral incompatibility in Brassica rapa.
Yoshinobu Takada, Kohji Murase, Hiroko Shimosato-Asano, Takahiro Sato, Honoka Nakanishi, Keita Suwabe, Kentaro K. Shimizu, Yong Pyo Lim, Seiji Takayama, Go Suzuki, Masao Watanabe
Nature Plants, 3, 17096 (2017)

続きを読む