ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

聴覚の情報にもとづく意思決定における聴覚皮質の因果的な役割

2016年1月13日

綱田丈二・Yale E. Cohen
(米国Pennsylvania大学Department of Otorhinolaryngology)
email:綱田丈二
DOI: 10.7875/first.author.2016.006

Causal contribution of primate auditory cortex to auditory perceptual decision-making.
Joji Tsunada, Andrew S. K. Liu, Joshua I. Gold, Yale E. Cohen
Nature Neuroscience, 19, 135-142 (2016)

続きを読む

方位選択性の神経活動に非依存的な初期形成および神経活動に依存した最適化

2015年11月3日

萩原賢太1・田川義晃2・大木研一1
1九州大学大学院医学研究院 分子生理学分野,2京都大学大学院理学研究科 生物物理学系神経生物学分科)
email:萩原賢太田川義晃大木研一
DOI: 10.7875/first.author.2015.124

Neuronal activity is not required for the initial formation and maturation of visual selectivity.
Kenta M. Hagihara, Tomonari Murakami, Takashi Yoshida, Yoshiaki Tagawa, Kenichi Ohki
Nature Neuroscience, 18, 1780-1788 (2015)

続きを読む

ミクログリアの放出するエキソソームによる初期のアルツハイマー病におけるタウの沈着の進展の機構

2015年10月23日

池津聖子・池津庸哉
(米国Boston大学School of Medicine,Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics,Laboratory of Molecular NeuroTherapeutics)
email:池津庸哉
DOI: 10.7875/first.author.2015.115

Depletion of microglia and inhibition of exosome synthesis halt tau propagation.
Hirohide Asai, Seiko Ikezu, Satoshi Tsunoda, Maria Medalla, Jennifer Luebke, Tarik Haydar, Benjamin Wolozin, Oleg Butovsky, Sebastian Kügler, Tsuneya Ikezu
Nature Neuroscience, 18, 1584-1593 (2015)

続きを読む

大脳の視覚野における情報処理形態の学習による変化

2015年7月14日

牧野浩史・小宮山尚樹
(米国California大学San Diego校Department of Neurosciences)
email:牧野浩史小宮山尚樹
DOI: 10.7875/first.author.2015.092

Learning enhances the relative impact of top-down processing in the visual cortex.
Hiroshi Makino, Takaki Komiyama
Nature Neuroscience, 18, 1116-1122 (2015)

続きを読む

アセチルコリンにより活性化された局所の神経回路は大脳皮質の活動の時間的な動態を規定する

2015年6月8日

杉原弘記・Mriganka Sur
(米国Massachusetts Institute of Technology,Department of Brain and Cognitive Sciences,Picower Institute for Learning and Memory)
email:杉原弘記
DOI: 10.7875/first.author.2015.070

An acetylcholine-activated microcircuit drives temporal dynamics of cortical activity.
Naiyan Chen, Hiroki Sugihara, Mriganka Sur
Nature Neuroscience, 18, 892-902 (2015)

続きを読む

パターン解析により明らかにされた脳における価値表象の普遍性

2014年8月14日

近添 淳一
(米国Cornell大学College of Human Ecology,Department of Human Development)
email:近添淳一
DOI: 10.7875/first.author.2014.107

Population coding of affect across stimuli, modalities and individuals.
Junichi Chikazoe, Daniel H. Lee, Nikolaus Kriegeskorte, Adam K. Anderson
Nature Neuroscience , 17, 1114-1122 (2014)

続きを読む

運動学習中に大脳皮質において起こる層に特異的な神経活動の変化

2014年7月11日

田中康裕・正水芳人・松崎政紀
(基礎生物学研究所 光脳回路研究部門)
email:田中康裕正水芳人松崎政紀
DOI: 10.7875/first.author.2014.095

Two distinct layer-specific dynamics of cortical ensembles during learning of a motor task.
Yoshito Masamizu, Yasuhiro R. Tanaka, Yasuyo H. Tanaka, Riichiro Hira, Fuki Ohkubo, Kazuo Kitamura, Yoshikazu Isomura, Takashi Okada, Masanori Matsuzaki
Nature Neuroscience, 17, 987-994 (2014)

続きを読む

前頭連合野における神経活動の解析により二重課題干渉とこれにかかわる認知的な容量制限の神経機構を明らかにした

2014年3月18日

渡邉 慶・船橋新太郎
(京都大学こころの未来研究センター)
email:船橋新太郎
DOI: 10.7875/first.author.2014.037

Neural mechanisms of dual-task interference and cognitive capacity limitation in the prefrontal cortex.
Kei Watanabe, Shintaro Funahashi
Nature Neuroscience, 17, 601-611 (2014)

続きを読む

神経幹細胞の長く伸びた形態は核の移動を効率化し混雑を防ぐことにより脳の組織づくりを下支えしている

2013年10月1日

岡本麻友美・宮田卓樹
(名古屋大学大学院医学系研究科 細胞生物学分野)
email:岡本麻友美宮田卓樹
DOI: 10.7875/first.author.2013.118

TAG-1-assisted progenitor elongation streamlines nuclear migration to optimize subapical crowding.
Mayumi Okamoto, Takashi Namba, Tomoyasu Shinoda, Takefumi Kondo, Tadashi Watanabe, Yasuhiro Inoue, Kosei Takeuchi, Yukiko Enomoto, Kumiko Ota, Kanako Oda, Yoshino Wada, Ken Sagou, Kanako Saito, Akira Sakakibara, Ayano Kawaguchi, Kazunori Nakajima, Taiji Adachi, Toshihiko Fujimori, Masahiro Ueda, Shigeo Hayashi, Kozo Kaibuchi, Takaki Miyata
Nature Neuroscience, 16, 1556-1566 (2013)

続きを読む

視床枕におけるニューロンの活動は視覚の判別における主観的な確からしさを反映する

2013年6月10日

小村 豊
(産業技術総合研究所ヒューマンライフテクノロジー研究部門 システム脳科学研究グループ)
email:小村 豊
DOI: 10.7875/first.author.2013.074

Responses of pulvinar neurons reflect a subject’s confidence in visual categorization.
Yutaka Komura, Akihiko Nikkuni, Noriko Hirashima, Teppei Uetake,Aki Miyamoto
Nature Neuroscience, 16, 749-755 (2013)

続きを読む

«