ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

新規のコンディショナルプロテオミクス法による細胞においてZn2+の近傍に存在するタンパク質の同定

2016年10月5日

西川雄貴・浜地 格
(京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻生物有機化学分野)
email:西川雄貴浜地 格
DOI: 10.7875/first.author.2016.100

A conditional proteomics approach to identify proteins involved in zinc homeostasis.
Takayuki Miki, Masashi Awa, Yuki Nishikawa, Shigeki Kiyonaka, Masaki Wakabayashi, Yasushi Ishihama, Itaru Hamachi
Nature Methods, 13, 931-937 (2016)

続きを読む

神経活動を可視化する超高感度かつ超高速の赤色Ca2+センサーの開発

2014年12月22日

井上昌俊・尾藤晴彦
(東京大学大学院医学系研究科 神経生化学分野)
email:井上昌俊尾藤晴彦
DOI: 10.7875/first.author.2014.156

Rational design of a high-affinity, fast, red calcium indicator R-CaMP2.
Masatoshi Inoue, Atsuya Takeuchi, Shin-ichiro Horigane, Masamichi Ohkura, Keiko Gengyo-Ando, Hajime Fujii, Satoshi Kamijo, Sayaka Takemoto-Kimura, Masanobu Kano, Junichi Nakai, Kazuo Kitamura, Haruhiko Bito
Nature Methods, 12, 64-70 (2015)

続きを読む

非侵襲的な細胞内温度センサーによる生体における熱産生機構の可視化

2013年11月6日

清中茂樹・森 泰生
(京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻分子生物化学分野)
email:森 泰生
DOI: 10.7875/first.author.2013.135

Genetically encoded fluorescent thermosensors visualize subcellular thermoregulation in living cells.
Shigeki Kiyonaka, Taketoshi Kajimoto, Reiko Sakaguchi, Daisuke Shinmi, Mariko Omatsu-Kanbe, Hiroshi Matsuura, Hiromi Imamura, Takenao Yoshizaki, Itaru Hamachi, Takashi Morii, Yasuo Mori
Nature Methods, 10, 1232-1238 (2013)

続きを読む

神経活動に依存的な新規の遺伝子プロモーターE-SAREによるニューロンと軸索投射の機能的な標識

2013年8月27日

川島尚之・尾藤晴彦
(東京大学大学院医学系研究科 神経生化学分野)
email:川島尚之尾藤晴彦
DOI: 10.7875/first.author.2013.109

Functional labeling of neurons and their projections using the synthetic activity-dependent promoter E-SARE.
Takashi Kawashima, Kazuo Kitamura, Kanzo Suzuki, Mio Nonaka, Satoshi Kamijo, Sayaka Takemoto-Kimura, Masanobu Kano, Hiroyuki Okuno, Kenichi Ohki, Haruhiko Bito
Nature Methods, 10, 889-895 (2013)

続きを読む

TGFαの切断を用いた正確かつ汎用性の高いGタンパク質共役受容体の活性化の測定法

2012年10月18日

井上飛鳥・青木淳賢
(東北大学大学院薬学研究科 分子細胞生化学分野)
email:井上飛鳥青木淳賢
DOI: 10.7875/first.author.2012.125

TGFα shedding assay: an accurate and versatile method for detecting GPCR activation.
Asuka Inoue, Jun Ishiguro, Hajime Kitamura, Naoaki Arima, Michiyo Okutani, Akira Shuto, Shigeki Higashiyama, Tomohiko Ohwada, Hiroyuki Arai, Kumiko Makide, Junken Aoki
Nature Methods, 9, 1021-1029 (2012)

続きを読む

表現型の解析を基盤とした遺伝学的なスクリーニングを行うためのホモ変異体ES細胞バンクの構築

2011年11月21日

堀江恭二・竹田潤二
(大阪大学大学院医学系研究科 環境・生体機能学)
email:堀江恭二
DOI: 10.7875/first.author.2011.169

A homozygous mutant embryonic stem cell bank applicable for phenotype-driven genetic screening.
Kyoji Horie, Chikara Kokubu, Junko Yoshida, Keiko Akagi, Ayako Isotani, Akiko Oshitani, Kosuke Yusa, Ryuji Ikeda, Yue Huang, Allan Bradley, Junji Takeda
Nature Methods, 8, 1071-1077 (2011)

続きを読む

膜電位感受性蛍光タンパク質による脳機能のイメージング

2010年9月1日

武藤弘樹・Thomas Knöpfel
(理化学研究所脳科学総合研究センター 神経回路ダイナミクス研究チーム)
email:武藤弘樹Thomas Knöpfel
DOI: 10.7875/first.author.2010.006

Imaging brain electric signals with genetically targeted voltage-sensitive fluorescent proteins.
Walther Akemann, Hiroki Mutoh, Amélie Perron, Jean Rossier, Thomas Knöpfel
Nature Methods, 7, 643-649 (2010)

続きを読む