ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

Notchシグナル制御タンパク質Rumiの基質の認識およびがんに関連する変異の分子基盤

2016年9月5日

竹内英之・Robert S. Haltiwanger
(米国Georgia大学Complex Carbohydrate Research Center)
email:竹内英之
DOI: 10.7875/first.author.2016.092

Structural analysis of Notch-regulating Rumi reveals basis for pathogenic mutations.
Hongjun Yu, Hideyuki Takeuchi, Megumi Takeuchi, Qun Liu, Joshua Kantharia, Robert S. Haltiwanger, Huilin Li
Nature Chemical Biology, 12, 735-740 (2016)

続きを読む

リガンド指向性化学によるGABAA受容体に対する新規のアロステリック作用薬の発見

2016年9月2日

山浦 圭・清中茂樹・浜地 格
(京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻生物有機化学分野)
email:山浦 圭清中茂樹浜地 格
DOI: 10.7875/first.author.2016.090

Discovery of allosteric modulators for GABAA receptors by ligand-directed chemistry.
Kei Yamaura, Shigeki Kiyonaka, Tomohiro Numata, Ryuji Inoue, Itaru Hamachi
Nature Chemical Biology, 12, 822-830 (2016)

続きを読む

ヒストン脱アセチル化酵素HDAC6の結晶構造から明らかにされたチューブリンに対する特異性および選択的な阻害剤との結合

2016年8月18日

三宅康之・Patrick Matthias
(スイスFriedrich Miescher Institute for Biomedical Research)
email:三宅康之
DOI: 10.7875/first.author.2016.083

Structural insights into HDAC6 tubulin deacetylation and its selective inhibition.
Yasuyuki Miyake, Jeremy J. Keusch, Longlong Wang, Makoto Saito, Daniel Hess, Xiaoning Wang, Bruce J. Melancon, Paul Helquist, Heinz Gut, Patrick Matthias
Nature Chemical Biology, 12, 748-754 (2016)

続きを読む

tRNA前駆体は5’キャップ構造により安定化されている

2016年8月5日

大平高之・鈴木 勉
(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻)
email:大平高之鈴木 勉
DOI: 10.7875/first.author.2016.080

Precursors of tRNAs are stabilized by methylguanosine cap structures.
Takayuki Ohira, Tsutomu Suzuki
Nature Chemical Biology, 12, 648-655 (2016)

続きを読む

制御されたネクローシスをひき起こす新規の低分子化合物FIN56は脂質の合成を標的にする

2016年6月7日

嶋田 健一
(米国Columbia大学Department of Biological Sciences)
email:嶋田健一
DOI: 10.7875/first.author.2016.055

Global survey of cell death mechanisms reveals metabolic regulation of ferroptosis.
Kenichi Shimada, Rachid Skouta, Anna Kaplan, Wan Seok Yang, Miki Hayano, Scott J. Dixon, Lewis M. Brown, Carlos A. Valenzuela, Adam J. Wolpaw, Brent R. Stockwell
Nature Chemical Biology, 12, 497-503 (2016)

続きを読む

ヒトのミトコンドリアにおいて変則的な遺伝暗号の解読をつかさどる5-ホルミルシチジン修飾はNSUN3によるメチル化からはじまる

2016年6月3日

鈴木健夫・中野沙緒里・川原田礼以良・鈴木 勉
(東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻)
email:鈴木健夫鈴木 勉
DOI: 10.7875/first.author.2016.053

NSUN3 methylase initiates 5-formylcytidine biogenesis in human mitochondrial tRNAMet.
Saori Nakano, Takeo Suzuki, Layla Kawarada, Hiroyoshi Iwata, Kana Asano, Tsutomu Suzuki
Nature Chemical Biology, 12, 546-551 (2016)

続きを読む

アーキアにおいてヌクレオシドの分解を担うペントースビスリン酸経路の発見

2015年5月7日

青野 陸・佐藤喬章・跡見晴幸
(京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻生物化学工学分野)
email:跡見晴幸
DOI: 10.7875/first.author.2015.050

A pentose bisphosphate pathway for nucleoside degradation in Archaea.
Riku Aono, Takaaki Sato, Tadayuki Imanaka, Haruyuki Atomi
Nature Chemical Biology, 11, 355-360 (2015)

続きを読む

カイコの細菌感染モデルを利用して同定された新規の抗生物質ライソシンE

2015年1月6日

浜本 洋・関水和久
(東京大学大学院薬学系研究科 微生物薬品化学教室)
email:浜本 洋関水和久
DOI: 10.7875/first.author.2015.005

Lysocin E is a new antibiotic that targets menaquinone in the bacterial membrane.
Hiroshi Hamamoto, Makoto Urai, Kenichi Ishii, Jyunichiro Yasukawa, Atmika Paudel, Motoki Murai, Takuya Kaji, Takefumi Kuranaga, Kenji Hamase, Takashi Katsu, Jie Su, Tatsuo Adachi, Ryuji Uchida, Hiroshi Tomoda, Maki Yamada, Manabu Souma, Hiroki Kurihara, Masayuki Inoue, Kazuhisa Sekimizu
Nature Chemical Biology, 11, 127-133 (2015)

続きを読む

腸内細菌科細菌のもつLonプロテアーゼのレドックススイッチ

2014年12月10日

西井 亘・横山茂之
(理化学研究所 横山構造生物学研究室)
email:西井 亘横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2014.152

A redox switch shapes the Lon protease exit pore to facultatively regulate proteolysis.
Wataru Nishii, Mutsuko Kukimoto-Niino, Takaho Terada, Mikako Shirouzu, Tomonari Muramatsu, Masaki Kojima, Hiroshi Kihara, Shigeyuki Yokoyama
Nature Chemical Biology, 11, 46-51 (2015)

続きを読む

リボソームおよび新規のペプチドリガーゼによる協同的なペプチドの生成

2014年12月5日

大利 徹1・森田洋行2
1北海道大学大学院工学研究院 生物機能高分子部門応用生物化学研究室,2富山大学和漢医薬学総合研究所 資源開発部門天然物化学分野)
email:大利 徹森田洋行
DOI: 10.7875/first.author.2014.149

A peptide ligase and the ribosome cooperate to synthesize the peptide pheganomycin.
Motoyoshi Noike, Takashi Matsui, Koichi Ooya, Ikuo Sasaki, Shouta Ohtaki, Yoshimitsu Hamano, Chitose Maruyama, Jun Ishikawa, Yasuharu Satoh, Hajime Ito, Hiroyuki Morita, Tohru Dairi
Nature Chemical Biology, 11, 71-76 (2015)

続きを読む