ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

インナーセントロメア-シュゴシンネットワークは染色体不安定性をふせぐ

2015年9月30日

丹野悠司・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:丹野悠司渡邊嘉典
DOI: 10.7875/first.author.2015.109

The inner centromere-shugoshin network prevents chromosomal instability.
Yuji Tanno, Hiroaki Susumu, Miyuki Kawamura, Haruhiko Sugimura, Takashi Honda, Yoshinori Watanabe
Science, 349, 1237-1240 (2015)

続きを読む

ガレクチン9の自己分泌機構は骨髄系腫瘍において白血病幹細胞の自己複製を強化し白血病の進展に寄与する

2015年9月28日

菊繁吉謙・赤司浩一
(九州大学大学院医学研究院 病態修復内科学)
email:菊繁吉謙
DOI: 10.7875/first.author.2015.108

A TIM-3/Gal-9 autocrine stimulatory loop drives self-renewal of human myeloid leukemia stem cells and leukemic progression.
Yoshikane Kikushige, Toshihiro Miyamoto, Junichiro Yuda, Siamak Jabbarzadeh-Tabrizi, Takahiro Shima, Shin-ichiro Takayanagi, Hiroaki Niiro, Ayano Yurino, Kohta Miyawaki, Katsuto Takenaka, Hiromi Iwasaki, Koichi Akashi
Cell Stem Cell, 17, 341-352 (2015)

続きを読む

キネシンスーパーファミリーKIF3Aは神経の活動に依存してリン酸化されNカドヘリンを輸送する

2015年9月24日

一ノ瀬聡太郎・廣川信隆
(東京大学大学院医学系研究科 分子構造・動態学講座)
email:廣川信隆
DOI: 10.7875/first.author.2015.107

Mechanism of activity-dependent cargo loading via the phosphorylation of KIF3A by PKA and CaMKIIa.
Sotaro Ichinose, Tadayuki Ogawa, Nobutaka Hirokawa
Neuron, 87, 1022-1035 (2015)

続きを読む

Staphylococcus aureusに由来する小型のCas9の結晶構造

2015年9月16日

西増弘志・濡木 理
(東京大学大学院理学系研究科 生物科学専攻生物化学講座構造生命科学研究室)
email:西増弘志濡木 理
DOI: 10.7875/first.author.2015.104

Crystal structure of Staphylococcus aureus Cas9.
Hiroshi Nishimasu, Le Cong, Winston X. Yan, F. Ann Ran, Bernd Zetsche, Yinqing Li, Arisa Kurabayashi, Ryuichiro Ishitani, Feng Zhang, Osamu Nureki
Cell, 162, 1113-1126 (2015)

続きを読む

寄生植物ストライガのもつストリゴラクトン受容体を可視化する

2015年9月16日

萩原伸也・吉村柾彦・土屋雄一朗
(名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所)
email:萩原伸也土屋雄一朗
DOI: 10.7875/first.author.2015.106

Probing strigolactone receptors in Striga hermonthica with fluorescence.
Yuichiro Tsuchiya, Masahiko Yoshimura, Yoshikatsu Sato, Keiko Kuwata, Shigeo Toh, Duncan Holbrook-Smith, Hua Zhang, Peter McCourt, Kenichiro Itami, Toshinori Kinoshita, Shinya Hagihara
Science, 349, 864-868 (2015)

続きを読む

Rhoシグナル伝達経路による転写共役因子YAPおよびTAZの活性化はヒトのES細胞の維持培養に必要である

2015年9月14日

大串 雅俊
(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター ヒト幹細胞研究支援ユニット)
email:大串雅俊
DOI: 10.7875/first.author.2015.105

Rho-signaling-directed YAP/TAZ activity underlies the long-term survival and expansion of human embryonic stem cells.
Masatoshi Ohgushi, Maki Minaguchi, Yoshiki Sasai
Cell Stem Cell, 17, 448-461 (2015)

続きを読む

紡錘体形成チェックポイントタンパク質Mad1はキネシンをキネトコアにつなぎとめることにより染色体の整列を促進する

2015年9月8日

明楽隆志・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:明楽隆志
DOI: 10.7875/first.author.2015.103

Mad1 promotes chromosome congression by anchoring a kinesin motor to the kinetochore.
Takashi Akera, Yuhei Goto, Masamitsu Sato, Masayuki Yamamoto, Yoshinori Watanabe
Nature Cell Biology, 17, 1124-1133 (2015)

続きを読む

マウスのES細胞を用いた胃組織の作製

2015年9月1日

野口隆明・栗崎 晃
(産業技術総合研究所幹細胞工学研究センター 幹細胞制御研究チーム)
email:野口隆明栗崎 晃
DOI: 10.7875/first.author.2015.102

Generation of stomach tissue from mouse embryonic stem cells.
Taka-aki K. Noguchi, Naoto Ninomiya, Mari Sekine, Shinji Komazaki, Pi-Chao Wang, Makoto Asashima, Akira Kurisaki
Nature Cell Biology, 17, 984-993 (2015)

続きを読む