ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

選択的なオートファジーによる小胞体および核の分解

2015年6月30日

持田啓佑・中戸川 仁
(東京工業大学生命理工学研究科 生体システム専攻形態形成学分野)
email:持田啓佑
DOI: 10.7875/first.author.2015.080

Receptor-mediated selective autophagy degrades the endoplasmic reticulum and the nucleus.
Keisuke Mochida, Yu Oikawa, Yayoi Kimura, Hiromi Kirisako, Hisashi Hirano, Yoshinori Ohsumi, Hitoshi Nakatogawa
Nature, 522, 359-362 (2015)

続きを読む

HLA imputation法を用いたバセドウ病のバイオマーカーの同定

2015年6月30日

岡田 随象
(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 疾患多様性遺伝学分野)
email:岡田随象
DOI: 10.7875/first.author.2015.081

Construction of a population-specific HLA imputation reference panel and its application to Graves’ disease risk in Japanese.
Yukinori Okada, Yukihide Momozawa, Kyota Ashikawa, Masahiro Kanai, Koichi Matsuda, Yoichiro Kamatani, Atsushi Takahashi, Michiaki Kubo
Nature Genetics, 47, 798-802 (2015)

続きを読む

新奇の環境における海馬の発火パターンの形成はシナプス可塑性により制御される

2015年6月30日

北西 卓磨
(ノルウェーNorwegian University of Science and Technology,Kavli Institute for Systems Neuroscience)
email:北西卓磨
DOI: 10.7875/first.author.2015.079

Novelty-induced phase-locked firing to slow gamma oscillations in the hippocampus: requirement of synaptic plasticity.
Takuma Kitanishi, Sakiko Ujita, Mehdi Fallahnezhad, Naomi Kitanishi, Yuji Ikegaya, Ayumu Tashiro
Neuron, 86, 1265-1276 (2015)

続きを読む

オートファジー始動複合体における高等生物に固有なタンパク質Atg101の構造と機能

2015年6月23日

鈴木浩典・野田展生
(微生物化学研究所 分子構造解析部)
email:鈴木浩典野田展生
DOI: 10.7875/first.author.2015.078

Structure of the Atg101-Atg13 complex reveals essential roles of Atg101 in autophagy initiation.
Hironori Suzuki, Takeshi Kaizuka, Noboru Mizushima, Nobuo N. Noda
Nature Structural & Molecular Biology, 22, 572-580 (2015)

続きを読む

マウスの大脳皮質において知覚の形成に必須なトップダウンの制御

2015年6月22日

真仁田 聡・鈴木崇之・村山正宜
(理化学研究所脳科学総合研究センター 行動神経生理学研究チーム)
email:真仁田 聡鈴木崇之村山正宜
DOI: 10.7875/first.author.2015.076

A top-down cortical circuit for accurate sensory perception.
Satoshi Manita, Takayuki Suzuki, Chihiro Homma, Takashi Matsumoto, Maya Odagawa, Kazuyuki Yamada, Keisuke Ota, Chie Matsubara, Ayumu Inutsuka, Masaaki Sato, Masamichi Ohkura, Akihiro Yamanaka, Yuchio Yanagawa, Junichi Nakai, Yasunori Hayashi, Matthew E. Larkum, Masanori Murayama
Neuron, 86, 1304-1316 (2015)

続きを読む

哺乳類の卵母細胞では微小管と動原体との接続が不安定化されやすい

2015年6月22日

吉田周平・北島智也
(理化学研究所多細胞システム形成研究センター 染色体分配研究チーム)
email:吉田周平
DOI: 10.7875/first.author.2015.077

Inherent instability of correct kinetochore-microtubule attachments during meiosis I in oocytes.
Shuhei Yoshida, Masako Kaido, Tomoya S. Kitajima
Developmental Cell, 33, 589-602 (2015)

続きを読む

損傷した細胞の検知にかかわるDNGR-1とアクチン線維との複合体のクライオ電子顕微鏡法を用いた構造解析

2015年6月19日

藤井 高志
(大阪大学生命機能研究科 プロトニックナノマシン研究室)
email:藤井高志
DOI: 10.7875/first.author.2015.075

Structure of the complex of F-actin and DNGR-1, a C-type lectin receptor involved in dendritic cell cross-presentation of dead cell-associated antigens.
Pavel Hanč, Takashi Fujii, Salvador Iborra, Yurika Yamada, Jatta Huotari, Oliver Schulz, Susan Ahrens, Svend Kjær, Michael Way, David Sancho, Keiichi Namba, Caetano Reis e Sousa
Immunity, 42, 839-849 (2015)

続きを読む

撤 回

孤発性アルツハイマー病の発症における新しいリスク遺伝子の同定

2015年6月18日

藤田 亮介
(米国Columbia大学Department of Pathology & Cell Biology)

Integrative genomics identifies APOE ε4 effectors in Alzheimer’s disease.
Herve Rhinn, Ryousuke Fujita, Liang Qiang, Rong Cheng, Joseph H. Lee, Asa Abeliovich
Nature, 500, 45-50 (2013)

原著論文の Retraction にともない,2013年8月16日 公開の上記のレビューを撤回します.

高等植物の光化学系I-光捕集アンテナI超複合体におけるエネルギー伝達経路の構造基盤

2015年6月17日

菅 倫寛・沈 建仁
(岡山大学大学院自然科学研究科 地球生命物質科学専攻構造生物学分野)
email:沈 建仁
DOI: 10.7875/first.author.2015.074

Structural basis for energy transfer pathways in the plant PSI-LHCI supercomplex.
Xiaochun Qin, Michihiro Suga, Tingyun Kuang, Jian-Ren Shen
Science, 348, 989-995 (2015)

続きを読む

ダイニンによる膜の成分の供給が核の大きさの成長する速度を制御する

2015年6月15日

原 裕貴
(ドイツEuropean Molecular Biology Laboratory,Genome Biology Unit)
email:原 裕貴
DOI: 10.7875/first.author.2015.073

Dynein-based accumulation of membranes regulates nuclear expansion in Xenopus laevis egg extracts.
Yuki Hara, Christoph A. Merten
Developmental Cell, 33, 562-575 (2015)

続きを読む