ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

腸内細菌はノロウイルスのB細胞への感染を促進する

2014年11月26日

渡辺 真紀子
(米国Florida大学College of Medicine,Department of Molecular Genetics and Microbiology)
email:渡辺真紀子
DOI: 10.7875/first.author.2014.145

Enteric bacteria promote human and mouse norovirus infection of B cells.
Melissa K. Jones, Makiko Watanabe, Shu Zhu, Christina L. Graves, Lisa R. Keyes, Katrina R. Grau, Mariam B. Gonzalez-Hernandez, Nicole M. Iovine, Christiane E. Wobus, Jan Vinjé, Scott A. Tibbetts, Shannon M. Wallet, Stephanie M. Karst
Science, 346, 755-759 (2014)

続きを読む

アンセリジオーゲンはジベレリンの生合成経路を時間的および空間的に分けることによりシダの性を決定する

2014年11月25日

田中純夢・上口 (田中) 美弥子
(名古屋大学生物機能開発利用研究センター 有用農業形質保存分野)
email:上口 (田中) 美弥子
DOI: 10.7875/first.author.2014.144

Antheridiogen determines sex in ferns via a spatiotemporally split gibberellin synthesis pathway.
Junmu Tanaka, Kenji Yano, Koichiro Aya, Ko Hirano, Sayaka Takehara, Eriko Koketsu, Reynante Lacsamana Ordonio, Seung-Hyun Park, Masatoshi Nakajima, Miyako Ueguchi-Tanaka, Makoto Matsuoka
Science, 346, 469-473 (2014)

続きを読む

転写因子Bach2およびBach1による骨髄系細胞において発現する遺伝子の発現の抑制はB細胞の分化を促進する

2014年11月20日

伊藤亜里・五十嵐和彦
(東北大学大学院医学系研究科 生物化学分野)
email:五十嵐和彦
DOI: 10.7875/first.author.2014.143

The transcription repressors Bach2 and Bach1 promote B cell development by repressing the myeloid program.
Ari Itoh-Nakadai, Reina Hikota, Akihiko Muto, Kohei Kometani, Miki Watanabe-Matsui, Yuki Sato, Masahiro Kobayashi, Atsushi Nakamura, Yuichi Miura, Yoko Yano, Satoshi Tashiro, Jiying Sun, Tomokatsu Ikawa, Kyoko Ochiai, Tomohiro Kurosaki, Kazuhiko Igarashi
Nature Immunology, 15, 1171-1180 (2014)

続きを読む

加齢による記憶力の低下はグリア細胞の機能の不全による

2014年11月19日

堀内純二郎・山崎大介・齊藤 実
(東京都医学総合研究所 学習記憶プロジェクト)
email:堀内純二郎齊藤 実
DOI: 10.7875/first.author.2014.142

Glial dysfunction causes age-related memory impairment in Drosophila.
Daisuke Yamazaki, Junjiro Horiuchi, Kohei Ueno, Taro Ueno, Shinjiro Saeki, Motomi Matsuno, Shintaro Naganos, Tomoyuki Miyashita, Yukinori Hirano, Hiroyuki Nishikawa, Masato Taoka, Yoshio Yamauchi, Toshiaki Isobe, Yoshiko Honda, Tohru Kodama, Tomoko Masuda, Minoru Saitoe
Neuron, 84, 753-763 (2014)

続きを読む

インターロイキン22は補体系を増強することにより腸管上皮の傷害から侵入する細菌に対し抵抗性をあたえる

2014年11月14日

矢田祥子・猪原直弘・長谷川瑞穂
(米国Michigan大学Medical School,Department of Pathology)
email:猪原直弘
DOI: 10.7875/first.author.2014.140

Interleukin-22 regulates the complement system to promote resistance against pathobionts after pathogen-induced intestinal damage.
Mizuho Hasegawa, Shoko Yada, Meng Zhen Liu, Nobuhiko Kamada, Raúl Muñoz-Planillo, Nhu Do, Gabriel Núñez, Naohiro Inohara
Immunity, 41, 620-632 (2014)

続きを読む

Y染色体にコードされた小分子RNAがカキにおける性決定因子である

2014年11月14日

赤木剛士・田尾龍太郎
(京都大学大学院農学研究科 農学専攻果樹園芸学研究室)
email:赤木剛士
DOI: 10.7875/first.author.2014.141

A Y-chromosome-encoded small RNA acts as a sex determinant in persimmons.
Takashi Akagi, Isabelle M. Henry, Ryutaro Tao, Luca Comai
Science, 346, 646-650 (2014)

続きを読む

紡錘体チェックポイント複合体は2分子のCdc20に作用して活性化型APC/Cを阻害する

2014年11月13日

伊澤 大介
(英国Cambridge大学Cancer Research UK Gurdon Institute)
email:伊澤大介
DOI: 10.7875/first.author.2014.139

The mitotic checkpoint complex binds a second CDC20 to inhibit active APC/C.
Daisuke Izawa, Jonathon Pines
Nature, 517, 631-634 (2015)

続きを読む

クローン胚の発生は体細胞に由来するヒストンのメチル化修飾により阻害される

2014年11月12日

的場章悟・Yi Zhang
(米国Harvard Medical School,Department of Genetics)
email:的場章悟
DOI: 10.7875/first.author.2014.138

Embryonic development following somatic cell nuclear transfer impeded by persisting histone methylation.
Shogo Matoba, Yuting Liu, Falong Lu, Kumiko A. Iwabuchi, Li Shen, Azusa Inoue, Yi Zhang
Cell, 159, 884-895 (2014)

続きを読む

網膜のニューロンはVEGFを希釈することにより血管の新生を制限する

2014年11月11日

岡部圭介・久保田義顕
(慶應義塾大学医学部 機能形態学研究室)
email:久保田義顕
DOI: 10.7875/first.author.2014.137

Neurons limit angiogenesis by titrating VEGF in retina.
Keisuke Okabe, Sakiko Kobayashi, Toru Yamada, Toshihide Kurihara, Ikue Tai-Nagara, Takeshi Miyamoto, Yoh-suke Mukouyama, Thomas N. Sato, Toshio Suda, Masatsugu Ema, Yoshiaki Kubota
Cell, 159, 584-596 (2014)

続きを読む

RIPK3はネクローシスに非依存的にサイトカインの産生および組織の修復を促進する

2014年11月10日

森脇健太・Francis Ka-Ming Chan
(米国Massachusetts大学Medical School,Department of Pathology)
email:森脇健太
DOI: 10.7875/first.author.2014.136

The necroptosis adaptor RIPK3 promotes injury-induced cytokine expression and tissue repair.
Kenta Moriwaki, Sakthi Balaji, Thomas McQuade, Nidhi Malhotra, Joonsoo Kang, Francis Ka-Ming Chan
Immunity, 41, 567-578 (2014)

続きを読む