ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

アディポネクチン受容体を活性化する低分子化合物AdipoRonの取得

2013年12月25日

山内敏正・岩部美紀・岩部真人・門脇 孝
(東京大学大学院医学系研究科 代謝・栄養病態学)
email:山内敏正門脇 孝
DOI: 10.7875/first.author.2013.166

A small-molecule AdipoR agonist for type 2 diabetes and short life in obesity.
Miki Okada-Iwabu, Toshimasa Yamauchi, Masato Iwabu, Teruki Honma, Ken-ichi Hamagami, Koichi Matsuda, Mamiko Yamaguchi, Hiroaki Tanabe, Tomomi Kimura-Someya, Mikako Shirouzu, Hitomi Ogata, Kumpei Tokuyama, Kohjiro Ueki, Tetsuo Nagano, Akiko Tanaka, Shigeyuki Yokoyama, Takashi Kadowaki
Nature, 503, 493-499 (2013)

続きを読む

腸内細菌の産生する酪酸による制御性T細胞の分化の誘導

2013年12月25日

古澤之裕1・福田真嗣2・長谷耕二1・大野博司3
1東京大学医科学研究所 国際粘膜ワクチン開発研究センター粘膜バリア学分野,2慶応義塾大学先端生命科学研究所,3理化学研究所統合生命医科学研究センター 粘膜システム研究グループ)
email:古澤之裕
DOI: 10.7875/first.author.2013.167

Commensal microbe-derived butyrate induces the differentiation of colonic regulatory T cells.
Yukihiro Furusawa, Yuuki Obata, Shinji Fukuda, Takaho A. Endo, Gaku Nakato, Daisuke Takahashi, Yumiko Nakanishi, Chikako Uetake, Keiko Kato, Tamotsu Kato, Masumi Takahashi, Noriko N. Fukuda, Shinnosuke Murakami, Eiji Miyauchi, Shingo Hino, Koji Atarashi, Satoshi Onawa, Yumiko Fujimura, Trevor Lockett, Julie M. Clarke, David L. Topping, Masaru Tomita, Shohei Hori, Osamu Ohara, Tatsuya Morita, Haruhiko Koseki, Jun Kikuchi, Kenya Honda, Koji Hase, Hiroshi Ohno
Nature, 504, 446-450 (2013)

続きを読む

判断の保続は判断の選択尤度を推定する自律的な機構により生じる

2013年12月24日

赤石れい・坂井克之
(東京大学大学院医学系研究科 認知・言語神経科学分野)
email:坂井克之
DOI: 10.7875/first.author.2013.165

Autonomous mechanism of internal choice estimate underlies decision inertia.
Rei Akaishi, Kazumasa Umeda, Asako Nagase, Katsuyuki Sakai
Neuron, 81, 195-206 (2014)

続きを読む

Tet1による始原生殖細胞におけるゲノムインプリンティングの消去

2013年12月24日

山口 新平
(米国Harvard Medical School,Boston Children’s Hospital)
email:山口新平
DOI: 10.7875/first.author.2013.164

Role of Tet1 in erasure of genomic imprinting.
Shinpei Yamaguchi, Li Shen, Yuting Liu, Damian Sendler, Yi Zhang
Nature, 504, 460-464 (2013)

続きを読む

RNAポリメラーゼIIのC末端ドメインはLCドメインにより形成された可逆性のポリマー線維と結合しリン酸化により解離する

2013年12月20日

加藤 昌人
(米国Texas大学Southwestern Medical Center,Department of Biochemistry)
email:加藤昌人
DOI: 10.7875/first.author.2013.163

Phosphorylation-regulated binding of RNA polymerase II to fibrous polymers of low-complexity domains.
Ilmin Kwon, Masato Kato, Siheng Xiang, Leeju Wu, Pano Theodoropoulos, Hamid Mirzaei, Tina Han, Shanhai Xie, Jeffry L. Corden, Steven L. McKnight
Cell, 155, 1049-1060 (2013)

続きを読む

コヒーシンのDNAとのトポロジカルな結合の生化学的な再構成

2013年12月19日

村山 泰斗
(英国Cancer Research UK London Research Institute,Chromosome Segregation Laboratory)
email:村山泰斗
DOI: 10.7875/first.author.2013.162

Biochemical reconstitution of topological DNA binding by the cohesin ring.
Yasuto Murayama, Frank Uhlmann
Nature, 505, 367-371 (2014)

続きを読む

サイトカイニンの作用の器官に対する特異性は側鎖の修飾により制御される

2013年12月19日

木羽隆敏・榊原 均
(理化学研究所環境資源科学研究センター 生産機能研究グループ)
email:木羽隆敏榊原 均
DOI: 10.7875/first.author.2013.160

Side-chain modification of cytokinins controls shoot growth in Arabidopsis.
Takatoshi Kiba, Kentaro Takei, Mikiko Kojima, Hitoshi Sakakibara
Developmental Cell, 27, 452-461 (2013)

続きを読む

家族性乳がんの原因遺伝子の産物であるBRCA1の新規の結合タンパク質OLA1は中心体を制御する

2013年12月19日

松澤綾子・千葉奈津子
(東北大学加齢医学研究所 免疫遺伝子制御研究分野)
email:千葉奈津子
DOI: 10.7875/first.author.2013.161

The BRCA1/BARD1-interacting protein OLA1 functions in centrosome regulation.
Ayako Matsuzawa, Shin-ichiro Kanno, Masahiro Nakayama, Hironori Mochiduki, Leizhen Wei, Tatsuro Shimaoka, Yumiko Furukawa, Kei Kato, Shun Shibata, Akira Yasui, Chikashi Ishioka, Natsuko Chiba
Molecular Cell, 53, 101-114 (2014)

続きを読む

ヒストンメチル化酵素であるEHMT1はPRDM16転写複合体を介して褐色脂肪細胞の分化と熱産生能を制御する

2013年12月17日

大野晴也・篠田幸作・大山夏奈・梶村真吾
(米国California大学San Francisco校UCSF Diabetes Center)
email:梶村真吾
DOI: 10.7875/first.author.2013.159

EHMT1 controls brown adipose cell fate and thermogenesis through the PRDM16 complex.
Haruya Ohno, Kosaku Shinoda, Kana Ohyama, Louis Z. Sharp, Shingo Kajimura
Nature, 504, 163-167 (2013)

続きを読む

ニトロ化ヌクレオチドは細菌に対する選択的なオートファジーにおける内因性の誘導因子である

2013年12月16日

伊藤千秋・斉藤洋平・有本博一
(東北大学大学院生命科学研究科 分子情報化学分野)
email:有本博一
DOI: 10.7875/first.author.2013.157

Endogenous nitrated nucleotide is a key mediator of autophagy and innate defense against bacteria.
Chiaki Ito, Yohei Saito, Takashi Nozawa, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Hirofumi Inoue, Tetsuro Matsunaga, Shahzada Khan, Soichiro Akashi, Ryota Hashimoto, Chihiro Aikawa, Eriko Takahashi, Hiroshi Sagara, Masaaki Komatsu, Keiji Tanaka, Takaaki Akaike, Ichiro Nakagawa, Hirokazu Arimoto
Molecular Cell, 52, 794-804 (2013)

続きを読む