ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

内在性siRNA経路における新規の細胞質顆粒体D2ボディの構成タンパク質R2D2の機能

2013年2月28日

西田知訓・塩見美喜子
(慶應義塾大学医学部 分子生物学教室)
email:西田知訓塩見美喜子
DOI: 10.7875/first.author.2013.016

Roles of R2D2, a cytoplasmic D2 body component, in the endogenous siRNA pathway in Drosophila.
Kazumichi M. Nishida, Keita Miyoshi, Akiyo Ogino, Tomohiro Miyoshi, Haruhiko Siomi, Mikiko C. Siomi
Molecular Cell, 49, 680-691 (2013)

続きを読む

オーキシンによる花芽形成の開始機構

2013年2月22日

山口暢俊・山口礼子・Doris Wagner
(米国Pennsylvania大学Department of Biology)
email:山口暢俊
DOI: 10.7875/first.author.2013.015

A molecular framework for auxin-mediated initiation of flower primordia.
Nobutoshi Yamaguchi, Miin-Feng Wu, Cara M. Winter, Markus C. Berns, Staci Nole-Wilson, Ayako Yamaguchi, George Coupland, Beth A. Krizek, Doris Wagner
Developmental Cell, 24, 271-282 (2013)

続きを読む

RAB7L1とLRRK2は協調してニューロンにおける細胞内輸送を制御するとともにパーキンソン病の発症リスクを決定する

2013年2月22日

桑原 知樹
(米国Columbia大学Departments of Pathology and Cell Biology)
email:桑原知樹
DOI: 10.7875/first.author.2013.014

RAB7L1 interacts with LRRK2 to modify intraneuronal protein sorting and Parkinson’s disease risk.
David A. MacLeod, Herve Rhinn, Tomoki Kuwahara, Ari Zolin, Gilbert Di Paolo, Brian D. MacCabe, Karen S. Marder, Lawrence S. Honig, Lorraine N. Clark, Scott A. Small, Asa Abeliovich
Neuron, 77, 425-439 (2013)

続きを読む

ショウジョウバエにおいて空腹な状態はCRTCを活性化させ長期記憶の形成を促進する

2013年2月18日

平野恭敬・齊藤 実
(東京都医学総合研究所 学習記憶プロジェクト)
email:平野恭敬齊藤 実
DOI: 10.7875/first.author.2013.013

Fasting launches CRTC to facilitate long-term memory formation in Drosophila.
Yukinori Hirano, Tomoko Masuda, Shintaro Naganos, Motomi Matsuno, Kohei Ueno, Tomoyuki Miyashita, Junjiro Horiuchi, Minoru Saitoe
Science, 339, 443-446 (2013)

続きを読む

思春期のストレスはグルココルチコイドを介してドーパミン作動性ニューロンをエピジェネティックに修飾する

2013年2月12日

丹羽美苗1・鍋島俊隆2・澤 明1
1米国Johns Hopkins大学School of Medicine,Department of Psychiatry and Behavioral Sciences,2名城大学薬学部 地域医療薬学講座)
email:澤 明
DOI: 10.7875/first.author.2013.012

Adolescent stress-induced epigenetic control of dopaminergic neurons via glucocorticoids.
Minae Niwa, Hanna Jaaro-Peled, Stephanie Tankou, Saurav Seshadri, Takatoshi Hikida, Yurie Matsumoto, Nicola G. Cascella, Shin-ichi Kano, Norio Ozaki, Toshitaka Nabeshima, Akira Sawa
Science, 339, 335-339 (2013)

続きを読む

核内受容体であるNr4aファミリーは胸腺における制御性T細胞への分化および免疫恒常性の維持において必須の役割を担う

2013年2月8日

関谷高史・吉村昭彦
(慶應義塾大学医学部 微生物学免疫学教室)
email:関谷高史
DOI: 10.7875/first.author.2013.011

Nr4a receptors are essential for thymic regulatory T cell development and immune homeostasis.
Takashi Sekiya, Ikkou Kashiwagi, Rei Yoshida, Tomohiro Fukaya, Rimpei Morita, Akihiro Kimura, Hiroshi Ichinose, Daniel Metzger, Pierre Chambon, Akihiko Yoshimura
Nature Immunology, 14,230-237 (2013)

続きを読む

上皮の形態形成における分裂期球形化の新たな役割

2013年2月1日

近藤武史・林 茂生
(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 形態形成シグナル研究グループ)
email:近藤武史林 茂生
DOI: 10.7875/first.author.2013.010

Mitotic cell rounding accelerates epithelial invagination.
Takefumi Kondo, Shigeo Hayashi
Nature, 494, 125-129 (2013)

続きを読む