ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

枯草菌MifMの解析から明らかにされた翻訳の途上にあるポリペプチド鎖によるユニークな翻訳伸長の停止

2012年8月22日

千葉志信・伊藤維昭
(京都産業大学総合生命科学部 生命システム学科)
email:千葉志信伊藤維昭
DOI: 10.7875/first.author.2012.109

Multisite ribosomal stalling: a unique mode of regulatory nascent chain action revealed for MifM.
Shinobu Chiba, Koreaki Ito
Molecular Cell, 47, 863-872 (2012)

続きを読む

腫瘍に浸潤した樹状細胞はTIM-3とHMGB1との相互作用を介し核酸に依存性の自然免疫を抑制する

2012年8月22日

千葉殖幹1・八木田秀雄2・地主将久1
1北海道大学遺伝子病制御研究所 附属感染癌研究センター,2順天堂大学大学院医学研究科 免疫学講座)
email:地主将久
DOI: 10.7875/first.author.2012.108

Tumor-infiltrating DCs suppress nucleic acid-mediated innate immune responses through interactions between the receptor TIM-3 and the alarmin HMGB1.
Shigeki Chiba, Muhammad Baghdadi, Hisaya Akiba, Hironori Yoshiyama, Ichiro Kinoshita, Hirotoshi Dosaka-Akita, Yoichiro Fujioka, Yusuke Ohba, Jacob V. Gorman, John D. Colgan, Mitsuomi Hirashima, Toshimitsu Uede, Akinori Takaoka, Hideo Yagita, Masahisa Jinushi
Nature Immunology, 13, 832-842 (2012)

続きを読む

サルマラリア原虫のゲノム配列の解読は三日熱マラリア原虫および関連するサルマラリア原虫族に対する理解を深めた

2012年8月21日

橘 真一郎・田邉和裄
(大阪大学微生物病研究所 マラリア学研究グループ)
email:橘 真一郎田邉和裄
DOI: 10.7875/first.author.2012.107

Plasmodium cynomolgi genome sequences provide insight into Plasmodium vivax and the monkey malaria clade.
Shin-Ichiro Tachibana, Steven A. Sullivan, Satoru Kawai, Shota Nakamura, Hyunjae R. Kim, Naohisa Goto, Nobuko Arisue, Nirianne M. Q. Palacpac, Hajime Honma, Masanori Yagi, Takahiro Tougan, Yuko Katakai, Osamu Kaneko, Toshihiro Mita, Kiyoshi Kita, Yasuhiro Yasutomi, Patrick L. Sutton, Rimma Shakhbatyan, Toshihiro Horii, Teruo Yasunaga, John W. Barnwell, Ananias A. Escalante, Jane M. Carlton, Kazuyuki Tanabe
Nature Genetics, 44, 1051-1055 (2012)

続きを読む

染色体の高次構造とS期チェックポイントを減数分裂期の組換えの開始と連係させるリエゾンタンパク質

2012年8月15日

三好知一郎・伊藤 将・太田邦史
(東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻生命環境科学系)
email:太田邦史
DOI: 10.7875/first.author.2012.106

A central coupler for recombination initiation linking chromosome architecture to S phase checkpoint.
Tomoichiro Miyoshi, Masaru Ito, Kazuto Kugou, Shintaro Yamada, Masaki Furuichi, Arisa Oda, Takatomi Yamada, Kouji Hirota, Hisao Masai, Kunihiro Ohta
Molecular Cell, 47, 722-733 (2012)

続きを読む

非古典的Wntシグナル経路はニッチェにおいて造血幹細胞の維持にはたらく

2012年8月10日

杉村 竜一
(米国Stowers Institute for Medical Research)
email:杉村竜一
DOI: 10.7875/first.author.2012.105

Noncanonical Wnt signaling maintains hematopoietic stem cells in the niche.
Ryohichi Sugimura, Xi C. He, Aparna Venkatraman, Fumio Arai, Andrew Box, Craig Semerad, Jeffrey S. Haug, Lai Peng, Xiao-bo Zhong, Toshio Suda, Linheng Li
Cell, 150, 351-365 (2012)

続きを読む

細胞の創傷治癒においてプロテアソームによるタンパク質分解により細胞極性のダイナミックな切替えが起こる

2012年8月9日

河野恵子・David Pellman
(米国Dana-Farber Cancer Institute,Department of Pediatric Oncology)
email:河野恵子
DOI: 10.7875/first.author.2012.103

Proteasomal degradation resolves competition between cell polarization and cellular wound healing.
Keiko Kono, Yasushi Saeki, Satoshi Yoshida, Keiji Tanaka, David Pellman
Cell, 150, 151-164 (2012)

続きを読む

バイオセンサーにより明らかにされた染色体分離におけるセパラーゼの異なる2つの役割

2012年8月9日

進藤軌久・広田 亨
(がん研究会がん研究所 実験病理部)
email:進藤軌久広田 亨
DOI: 10.7875/first.author.2012.104

Separase sensor reveals dual roles for separase coordinating cohesin cleavage and cdk1 inhibition.
Norihisa Shindo, Kazuki Kumada, Toru Hirota
Developmental Cell, 23, 112-123 (2012)

続きを読む

GBPはインターフェロンγにより誘導され病原性の寄生虫トキソプラズマを破壊する

2012年8月7日

山本雅裕・竹田 潔
(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 粘膜免疫学研究室)
email:山本雅裕
DOI: 10.7875/first.author.2012.102

A cluster of interferon-γ-inducible p65 GTPases plays a critical role in host defense against Toxoplasma gondii.
Masahiro Yamamoto, Megumi Okuyama, Ji Su Ma, Taishi Kimura, Naganori Kamiyama, Hiroyuki Saiga, Jun Ohshima, Miwa Sasai, Hisako Kayama, Toru Okamoto, David C.S. Huang, Dominique Soldati-Favre, Kyoji Horie, Junji Takeda, Kiyoshi Takeda
Immunity, 37, 302-313 (2012)

続きを読む

種間関係の多様性が生態系をささえる

2012年8月3日

舞木昭彦・近藤倫生
(龍谷大学理工学部 環境ソリューション工学科生態マネジメント分野)
email:舞木昭彦近藤倫生
DOI: 10.7875/first.author.2012.099

Diversity of interaction types and ecological community stability.
A. Mougi, M. Kondoh
Science, 337, 349-351 (2012)

続きを読む

熱性けいれんののちの興奮性GABAA受容体シグナル伝達により異所性の顆粒細胞の出現とてんかんの発症が誘導される

2012年8月3日

小山 隆太
(東京大学大学院薬学系研究科 薬品作用学教室)
email:小山隆太
DOI: 10.7875/first.author.2012.101

GABAergic excitation after febrile seizures induces ectopic granule cells and adult epilepsy.
Ryuta Koyama, Kentaro Tao, Takuya Sasaki, Junya Ichikawa, Daisuke Miyamoto, Rieko Muramatsu, Norio Matsuki, Yuji Ikegaya
Nature Medicine, 18, 1271-1278 (2012)

続きを読む