ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

背側大動脈は交感神経および副腎髄質の前駆細胞の移動と分化を制御する司令塔としてはたらく

2012年6月28日

齋藤大介1・高橋淑子2
1奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 分子発生生物学研究室,2京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻発生ゲノム科学研究室)
email:齋藤大介高橋淑子
DOI: 10.7875/first.author.2012.077

The dorsal aorta initiates a molecular cascade that instructs sympatho-adrenal specification.
Daisuke Saito, Yuta Takase, Hidetaka Murai, Yoshiko Takahashi
Science, 336, 1578-1581 (2012)

続きを読む

ショウジョウバエの転写因子Fruitlessに拮抗的に結合する2種類のクロマチン制御タンパク質のはたらきにより単一の性的二型ニューロンがつくられる

2012年6月27日

伊藤弘樹・山元大輔
(東北大学大学院生命科学研究科 脳機能遺伝分野)
email:伊藤弘樹山元大輔
DOI: 10.7875/first.author.2012.076

Fruitless recruits two antagonistic chromatin factors to establish single-neuron sexual dimorphism.
Hiroki Ito, Kosei Sato, Masayuki Koganezawa, Manabu Ote, Ken Matsumoto, Chihiro Hama, Daisuke Yamamoto
Cell, 149, 1327-1338 (2012)

続きを読む

リボソーム-tmRNA-SmpB-EF-G複合体におけるトランスロケーション反応のクライオ電子顕微鏡による構造解析

2012年6月22日

山本 紘・David J. F. Ramrath・Christian M. T. Spahn
(ドイツCharité – Universitätsmedizin Berlin,Institute of Medical Physics and Biophysics)
email:山本 紘
DOI: 10.7875/first.author.2012.075

The complex of tmRNA-SmpB and EF-G on translocating ribosomes.
David J. F. Ramrath, Hiroshi Yamamoto, Kristian Rother, Daniela Wittek, Markus Pech, Thorsten Mielke, Justus Loerke, Patrick Scheerer, Pavel Ivanov, Yoshika Teraoka, Olga Shpanchenko, Knud H. Nierhaus, Christian M. T. Spahn
Nature, 485, 526-529 (2012)

続きを読む

母性因子PGC7はヒストンH3の9番目のリジン残基のジメチル化との結合を介し受精卵における5-メチルシトシンから5-ヒドロキシルメチルシトシンへの変換を阻害する

2012年6月20日

中村肇伸・仲野 徹
(大阪大学大学院医学系研究科 幹細胞病理学)
email:中村肇伸仲野 徹
DOI: 10.7875/first.author.2012.074

PGC7 binds histone H3K9me2 to protect against conversion of 5mC to 5hmC in early embryos.
Toshinobu Nakamura, Yu-Jung Liu, Hiroyuki Nakashima, Hiroki Umehara, Kimiko Inoue, Shogo Matoba, Makoto Tachibana, Atsuo Ogura, Yoichi Shinkai, Toru Nakano
Nature, 486, 415-419 (2012)

続きを読む

マウスの初期胚におけるBMPシグナルのパターンはVam2に依存するエンドサイトーシス経路により制御されている

2012年6月19日

和田戈虹1・和田 洋2
1同志社女子大学薬学部 生化学研究室,2大阪大学産業科学研究所 生体分子機能科学研究分野)
email:和田戈虹
DOI: 10.7875/first.author.2012.072

Spatial restriction of bone morphogenetic protein signaling in mouse gastrula through the mVam2-dependent endocytic pathway.
Minako Aoyama, Ge-Hong Sun-Wada, Akitsugu Yamamoto, Masamichi Yamamoto, Hiroshi Hamada, Yoh Wada
Developmental Cell, 22, 1163-1175 (2012)

続きを読む

ウイルスによるmiR-196aの遺伝子導入はCELF2の発現抑制を介し球脊髄性筋萎縮症の表現型を改善する

2012年6月19日

宮崎 雄・祖父江 元
(名古屋大学大学院医学系研究科 神経内科学)
email:祖父江 元
DOI: 10.7875/first.author.2012.073

Viral delivery of miR-196a ameliorates the SBMA phenotype via the silencing of CELF2.
Yu Miyazaki, Hiroaki Adachi, Masahisa Katsuno, Makoto Minamiyama, Yue-Mei Jiang, Zhe Huang, Hideki Doi, Shinjiro Matsumoto, Naohide Kondo, Madoka Iida, Genki Tohnai, Fumiaki Tanaka, Shin-ichi Muramatsu, Gen Sobue
Nature Medicine, 18, 1136-1141 (2012)

続きを読む

インスリン-AKTシグナル伝達経路の情報多重化によるインスリンの作用の時間情報コード

2012年6月18日

久保田浩行・黒田真也
(東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
email:久保田浩行
DOI: 10.7875/first.author.2012.071

Temporal coding of insulin action through multiplexing of the AKT pathway.
Hiroyuki Kubota, Rei Noguchi, Yu Toyoshima, Yu-ichi Ozaki, Shinsuke Uda, Kanako Watanabe, Wataru Ogawa, Shinya Kuroda
Molecular Cell, 46, 820-832 (2012)

続きを読む

膜貫通型セマフォリンとその受容体との複合体の形成による視神経の交差ガイダンスの制御

2012年6月15日

桑島孝明・Carol Mason
(米国Columbia大学Departments of Pathology and Cell Biology)
email:桑島孝明
DOI: 10.7875/first.author.2012.070

Optic chiasm presentation of Semaphorin6D in the context of Plexin-A1 and Nr-CAM promotes retinal axon midline crossing.
Takaaki Kuwajima, Yutaka Yoshida, Noriko Takegahara, Timothy J. Petros, Atsushi Kumanogoh, Thomas M. Jessell, Takeshi Sakurai, Carol Mason
Neuron, 74, 676-690 (2012)

続きを読む

減数分裂前期の相同染色体の認識と対合に非コードRNAが関与する

2012年6月15日

丁 大橋・平岡 泰
(情報通信研究機構未来ICT研究所 バイオICT研究室)
email:丁 大橋
DOI: 10.7875/first.author.2012.069

Meiosis-specific non-coding RNA mediates robust pairing of homologous chromosomes in meiosis.
Da-Qiao Ding, Kasumi Okamasa, Miho Yamane, Chihiro Tsutsumi, Tokuko Haraguchi, Masayuki Yamamoto, Yasushi Hiraoka
Science, 336, 732-736 (2012)

続きを読む

ペルオキシレドキシンは脳虚血ののちに起こる炎症において鍵となるタンパク質である

2012年6月14日

七田 崇・吉村昭彦
(慶應義塾大学医学部 微生物学・免疫学教室)
email:吉村昭彦
DOI: 10.7875/first.author.2012.068

Peroxiredoxin family proteins are key initiators of post-ischemic inflammation in the brain.
Takashi Shichita, Eiichi Hasegawa, Akihiro Kimura, Rimpei Morita, Ryota Sakaguchi, Ichiro Takada, Takashi Sekiya, Hiroaki Ooboshi, Takanari Kitazono, Toru Yanagawa, Tetsuro Ishii, Hideo Takahashi, Shuji Mori, Masahiro Nishibori, Kazumichi Kuroda, Shizuo Akira, Kensuke Miyake, Akihiko Yoshimura
Nature Medicine, 18, 911-917 (2012)

続きを読む