ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

ArcはCa2+/カルモジュリン依存性キナーゼIIβとの相互作用により不活性なシナプスに集積しAMPA型グルタミン酸受容体のエンドサイトーシスにはたらく

2012年5月29日

奥野浩行・尾藤晴彦
(東京大学大学院医学系研究科 神経生化学分野)
email:奥野浩行尾藤晴彦
DOI: 10.7875/first.author.2012.061

Inverse synaptic tagging of inactive synapses via dynamic interaction of Arc/Arg3.1 with CaMKIIβ.
Hiroyuki Okuno, Kaori Akashi, Yuichiro Ishii, Nan Yagishita-Kyo, Kanzo Suzuki, Mio Nonaka, Takashi Kawashima, Hajime Fujii, Sayaka Takemoto-Kimura, Manabu Abe, Rie Natsume, Shoaib Chowdhury, Kenji Sakimura, Paul F. Worley, Haruhiko Bito
Cell, 149, 886-898 (2012)

続きを読む

シナプス小胞の放出と取り込みとのバランスをささえるcGMP依存性プロテインキナーゼに依存したシナプス逆行性の制御機構

2012年5月24日

江口工学・高橋智幸
(沖縄科学技術大学院大学 細胞分子シナプス機能ユニット)
email:江口工学高橋智幸
DOI: 10.7875/first.author.2012.060

Maturation of a PKG-dependent retrograde mechanism for exoendocytic coupling of synaptic vesicles.
Kohgaku Eguchi, Setsuko Nakanishi, Hiroshi Takagi, Zacharie Taoufiq, Tomoyuki Takahashi
Neuron, 74, 517-529 (2012)

続きを読む

病原細菌の発現する病原因子は腸管に常在する細菌との競合を制御する

2012年5月23日

鎌田信彦・Gabriel Núñez
(米国Michigan大学Medical School,Department of Pathology)
email:鎌田信彦
DOI: 10.7875/first.author.2012.059

Regulated virulence controls the ability of a pathogen to compete with the gut microbiota.
Nobuhiko Kamada, Yun-Gi Kim, Ho Pan Sham, Bruce A. Vallance, José L. Puente, Eric C. Martens, Gabriel Núñez
Science, 336, 1325-1329 (2012)

続きを読む

抑制性の受容体PD-1は腸管における免疫グロブリンAの選択を制御することにより腸内細菌叢の構成の変化にかかわる

2012年5月21日

河本新平・Sidonia Fagarasan
(理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター 粘膜免疫研究チーム)
email:河本新平
DOI: 10.7875/first.author.2012.058

The inhibitory receptor PD-1 regulates IgA selection and bacterial composition in the gut.
Shimpei Kawamoto, Thinh H. Tran, Mikako Maruya, Keiichiro Suzuki, Yasuko Doi, Yumi Tsutsui, Lucia M. Kato, Sidonia Fagarasan
Science, 336, 485-489 (2012)

続きを読む

抑制性の神経伝達物質GABAは小脳においてシナプスの刈り込みを制御する

2012年5月17日

中山寿子・狩野方伸
(東京大学大学院医学系研究科 神経生理学分野)
email:中山寿子狩野方伸
DOI: 10.7875/first.author.2012.056

GABAergic inhibition regulates developmental synapse elimination in the cerebellum.
Hisako Nakayama, Taisuke Miyazaki, Kazuo Kitamura, Kouichi Hashimoto, Yuchio Yanagawa, Kunihiko Obata, Kenji Sakimura, Masahiko Watanabe, Masanobu Kano
Neuron, 74, 384-396 (2012)

続きを読む

セマフォリン3Aによる骨保護作用

2012年5月17日

林 幹人・中島友紀・高柳 広
(科学技術振興機構ERATO高柳オステオネットワークプロジェクト)
email:高柳 広
DOI: 10.7875/first.author.2012.057

Osteoprotection by semaphorin 3A.
Mikihito Hayashi, Tomoki Nakashima, Masahiko Taniguchi, Tatsuhiko Kodama, Atsushi Kumanogoh, Hiroshi Takayanagi
Nature, 485, 69-74 (2012)

続きを読む

出芽酵母はMod5のプリオン化により抗真菌剤などの環境ストレスに対する耐性を獲得する

2012年5月14日

鈴木元治郎・田中元雅
(理化学研究所脳科学総合研究センター タンパク質構造疾患研究チーム)
email:鈴木元治郎田中元雅
DOI: 10.7875/first.author.2012.055

A yeast prion, Mod5, promotes acquired drug resistance and cell survival under environmental stress.
Genjiro Suzuki, Naoyuki Shimazu, Motomasa Tanaka
Science, 336, 355-359 (2012)

続きを読む

P2X受容体のATP認識機構およびチャネル活性化機構

2012年5月11日

服部素之・Eric Gouaux
(米国Oregon Health and Science大学Vollum Institute)
email:服部素之
DOI: 10.7875/first.author.2012.054

Molecular mechanism of ATP binding and ion channel activation in P2X receptors.
Motoyuki Hattori, Eric Gouaux
Nature, 485, 207-212 (2012)

続きを読む

紫外線高感受性症候群A群の原因遺伝子の同定と転写と共役したDNA修復における機能の解析

2012年5月9日

西條将文・田中亀代次
(大阪大学大学院生命機能研究科 細胞機能学研究室)
email:西條将文
DOI: 10.7875/first.author.2012.053

Mutations in UVSSA cause UV-sensitive syndrome and destabilize ERCC6 in transcription-coupled DNA repair.
Xue Zhang, Katsuyoshi Horibata, Masafumi Saijo, Chie Ishigami, Akiko Ukai, Shin-ichiro Kanno, Hidetoshi Tahara, Edward G Neilan, Masamitsu Honma, Takehiko Nohmi, Akira Yasui, Kiyoji Tanaka
Nature Genetics, 44, 593-597 (2012)

続きを読む

大脳新皮質における神経新生プログラムの哺乳類と鳥類との進化的な保存性

2012年5月9日

鈴木郁夫・平田たつみ
(国立遺伝学研究所 脳機能研究部門)
email:鈴木郁夫平田たつみ
DOI: 10.7875/first.author.2012.052

The temporal sequence of the mammalian neocortical neurogenetic program drives mediolateral pattern in the chick pallium.
Ikuo K. Suzuki, Takahiko Kawasaki, Takashi Gojobori, Tatsumi Hirata
Developmental Cell, 22, 863-870 (2012)

続きを読む