ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

ユビキチンリガーゼZNRF1はAKTをプロテアソーム依存的に分解しGSK3BによるCRMP2のリン酸化を誘導することにより神経軸索の変性を促進する

2011年11月29日

若月修二・荒木敏之
(国立精神・神経医療研究センター神経研究所 疾病研究第5部)
email:若月修二荒木敏之
DOI: 10.7875/first.author.2011.177

ZNRF1 promotes Wallerian degeneration by degrading AKT to induce GSK3B-dependent CRMP2 phosphorylation.
Shuji Wakatsuki, Fuminori Saitoh, Toshiyuki Araki
Nature Cell Biology, 13, 1415-1423 (2011)

続きを読む

オートファジーに機能するユビキチン活性化酵素Atg7の構造とそのユニークなAtg8活性化の機構

2011年11月29日

野田展生1・稲垣冬彦2
1微生物化学研究会微生物化学研究所 分子構造解析部,2北海道大学大学院先端生命科学研究院 次世代ポストゲノム研究センター)
email:野田展生稲垣冬彦
DOI: 10.7875/first.author.2011.176

Structural basis of Atg8 activation by a homo-dimeric E1, Atg7.
Nobuo N. Noda, Kenji Satoo, Yuko Fujioka, Hiroyuki Kumeta, Kenji Ogura, Hitoshi Nakatogawa, Yoshinori Ohsumi, Fuyuhiko Inagaki
Molecular Cell, 44, 462-475 (2011)

続きを読む

mTORはDEPTORの分解を誘導することにより自己の活性を増幅させる

2011年11月29日

犬塚博之・Wenyi Wei
(米国Harvard大学Medical School,Beth Israel Deaconess Medical Center,Department of Pathology)
email:犬塚博之
DOI: 10.7875/first.author.2011.174

mTOR drives its own activation via SCFβ-TrCP-dependent degradation of the mTOR inhibitor DEPTOR.
Daming Gao, Hiroyuki Inuzuka, Meng-Kwang Marcus Tan, Hidefumi Fukushima, Jason W. Locasale, Pengda Liu, Lixin Wan, Bo Zhai, Y. Rebecca Chin, Shavali Shaik, Costas A. Lyssiotis, Steven P. Gygi, Alex Toker, Lewis C. Cantley, John M. Asara, J. Wade Harper, Wenyi Wei
Molecular Cell, 44, 290-303 (2011)

続きを読む

PPARα-Sirt1複合体のERR応答配列を介した転写抑制による心機能の制御

2011年11月29日

岡 新一・佐渡島純一
(米国Medicine and Dentistry of New Jersey大学,Department of Cell Biology and Molecular Medicine)
email:岡 新一佐渡島純一
DOI: 10.7875/first.author.2011.175

PPARα-Sirt1 complex mediates cardiac hypertrophy and failure through suppression of the ERR transcriptional pathway.
Shinichi Oka, Ralph Alcendor, Peiyong Zhai, Ji Yeon Park, Dan Shao, Jaeyeaon Cho, Takanobu Yamamoto, Bin Tian, Junichi Sadoshima
Cell Metabolism, 14, 598-611 (2011)

続きを読む

異なるニッチに存在する腸管上皮幹細胞のあいだの相互関連

2011年11月25日

武田憲文・Jonathan A. Epstein
(米国Pennsylvania大学Perelman School of Medicine,Department of Cell and Developmental Biology)
email:武田憲文
DOI: 10.7875/first.author.2011.173

Interconversion between intestinal stem cell populations in distinct niches.
Norifumi Takeda, Rajan Jain, Matthew R. LeBoeuf, Qiaohong Wang, Min Min Lu, Jonathan A. Epstein
Science, 334, 1420-1424 (2011)

続きを読む

IκBキナーゼ複合体は炎症性サイトカイン遺伝子mRNAの安定性をregnase-1の分解を介し制御している

2011年11月24日

岩崎秀典・竹内 理・審良静男
(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 自然免疫学研究室)
email:岩崎秀典竹内 理審良静男
DOI: 10.7875/first.author.2011.172

The IκB kinase complex regulates the stability of cytokine-encoding mRNA induced by TLR-IL-1R by controlling degradation of regnase-1.
Hidenori Iwasaki, Osamu Takeuchi, Shunsuke Teraguchi, Kazufumi Matsushita, Takuya Uehata, Kanako Kuniyoshi, Takashi Satoh, Tatsuya Saitoh, Mutsuyoshi Matsushita, Daron M. Standley, Shizuo Akira
Nature Immunology, 12, 1167-1175 (2011)

続きを読む

福山型筋ジストロフィーにおけるSVA型レトロトランスポゾンの挿入による異常なエキソントラッピングとそのアンチセンス療法

2011年11月24日

谷口 (池田) 真理子・小林千浩・戸田達史
(神戸大学大学院医学研究科 分子脳科学分野/神経内科学分野)
email:谷口 (池田) 真理子小林千浩戸田達史
DOI: 10.7875/first.author.2011.171

Pathogenic exon-trapping by SVA retrotransposon and rescue in Fukuyama muscular dystrophy.
Mariko Taniguchi-Ikeda, Kazuhiro Kobayashi, Motoi Kanagawa, Chih-chieh Yu, Kouhei Mori, Tetsuya Oda, Atsushi Kuga, Hiroki Kurahashi, Hasan O. Akman, Salvatore DiMauro, Ryuji Kaji, Toshifumi Yokota, Shin’ichi Takeda, Tatsushi Toda
Nature, 478, 127-131 (2011)

続きを読む

腸炎ビブリオ菌の下痢原性に寄与する新規のIII型分泌装置のエフェクターVopVの同定

2011年11月22日

日吉大貴・児玉年央
(大阪大学微生物病研究所 感染症国際研究センターゲノム病原細菌学研究グループ)
email:日吉大貴児玉年央
DOI: 10.7875/first.author.2011.170

VopV, an F-actin-binding type III secretion effector, is required for Vibrio parahaemolyticus-induced enterotoxicity.
Hirotaka Hiyoshi, Toshio Kodama, Kazunobu Saito, Kazuyoshi Gotoh, Shigeaki Matsuda, Yukihiro Akeda, Takeshi Honda, Tetsuya Iida
Cell Host & Microbe, 10, 401-409 (2011)

続きを読む

表現型の解析を基盤とした遺伝学的なスクリーニングを行うためのホモ変異体ES細胞バンクの構築

2011年11月21日

堀江恭二・竹田潤二
(大阪大学大学院医学系研究科 環境・生体機能学)
email:堀江恭二
DOI: 10.7875/first.author.2011.169

A homozygous mutant embryonic stem cell bank applicable for phenotype-driven genetic screening.
Kyoji Horie, Chikara Kokubu, Junko Yoshida, Keiko Akagi, Ayako Isotani, Akiko Oshitani, Kosuke Yusa, Ryuji Ikeda, Yue Huang, Allan Bradley, Junji Takeda
Nature Methods, 8, 1071-1077 (2011)

続きを読む

X染色体連鎖性精神遅滞の原因遺伝子の産物であるOligophrenin 1は代謝型グルタミン酸受容体の活性化により新規に翻訳され長期抑制に機能する

2011年11月18日

小林 亜希子
(米国Cold Spring Harbor Laboratory)
email:小林亜希子
DOI: 10.7875/first.author.2011.166

Rapid synthesis of the X-linked mental retardation protein OPHN1 mediates mGluR-dependent LTD through interaction with the endocytic machinery.
Nael Nadif Kasri, Akiko Nakano-Kobayashi, Linda Van Aelst
Neuron, 72, 300-315 (2011)

続きを読む