ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

新規のキネシンKif24は中心体タンパク質CP110と協調して繊毛の形成を制御する

2011年6月28日

小林哲夫・Brian David Dynlacht
(米国New York大学School of Medicine,Department of Pathology)
email:小林哲夫
DOI: 10.7875/first.author.2011.100

Centriolar kinesin Kif24 interacts with CP110 to remodel microtubules and regulate ciliogenesis.
Tetsuo Kobayashi, William Y. Tsang, Ji Li, William Lane, Brian David Dynlacht
Cell, 145, 914-925 (2011)

続きを読む

リベロマイシンAにおけるスピロアセタール構造の形成機構の解明

2011年6月27日

高橋俊二・長田裕之
(理化学研究所基幹研究所 ケミカルバイオロジー研究基盤施設)
email:高橋俊二長田裕之
DOI: 10.7875/first.author.2011.099

Reveromycin A biosynthesis uses RevG and RevJ for stereospecific spiroacetal formation.
Shunji Takahashi, Atsushi Toyoda, Yasuyo Sekiyama, Hiroshi Takagi, Toshihiko Nogawa, Masakazu Uramoto, Ryuichiro Suzuki, Hiroyuki Koshino, Takuto Kumano, Suresh Panthee, Tohru Dairi, Jun Ishikawa, Haruo Ikeda, Yoshiyuki Sakaki, Hiroyuki Osada
Nature Chemical Biology, 7, 461-481 (2011)

続きを読む

新規のメチル化ヒストン認識機構の機能不全がATR-X症候群の発症機構である

2011年6月24日

岩瀬茂樹1・Dinshaw J. Patel 2・Haitao Li 3・Yang Shi 1
1米国Harvard Medical School,Children’s Hospital Boston,2米国Sloan-Kettering Cancer Center,3中国Tsinghua大学School of Medicine)
email:岩瀬茂樹
DOI: 10.7875/first.author.2011.098

ATRX ADD domain links an atypical histone methylation recognition mechanism to human mental-retardation syndrome.
Shigeki Iwase, Bin Xiang, Sharmistha Ghosh, Ting Ren, Peter W. Lewis, Jesse C. Cochrane, C. David Allis, David J. Picketts, Dinshaw J. Patel, Haitao Li, Yang Shi
Nature Structural & Molecular Biology, 18, 769-776 (2011)

続きを読む

コンデンシンとヒストンH2Aとの相互作用が分裂期の染色体を形成する

2011年6月23日

多田健志・渡邊嘉典
(東京大学分子細胞生物学研究所 染色体動態研究分野)
email:多田健志
DOI: 10.7875/first.author.2011.097

Condensin association with histone H2A shapes mitotic chromosomes.
Kenji Tada, Hiroaki Susumu, Takeshi Sakuno, Yoshinori Watanabe
Nature, 474, 477-483 (2011)

続きを読む

Tecpr1は病原体・アグリソーム・ミトコンドリアを標的とする選択的なオートファジーに必要なカーゴ受容体である

2011年6月21日

小川道永・笹川千尋
(東京大学医科学研究所 細菌感染分野)
email:小川道永
DOI: 10.7875/first.author.2011.095

A Tecpr1-dependent selective autophagy pathway targets bacterial pathogens.
Michinaga Ogawa, Yuko Yoshikawa, Taira Kobayashi, Hitomi Mimuro, Makoto Fukumatsu, Kotaro Kiga, Zhenzi Piao, Hiroshi Ashida, Mitsutaka Yoshida, Shigeru Kakuta, Tomohiro Koyama, Yoshiyuki Goto, Takahiro Nagatake, Shinya Nagai, Hiroshi Kiyono, Magdalena Kawalec, Jean-Marc Reichhart, Chihiro Sasakawa
Cell Host & Microbe, 9, 376-389 (2011)

続きを読む

女王バチへの分化を誘導する因子ロイヤラクチンの発見

2011年6月21日

鎌倉 昌樹
(富山県立大学工学部 生物工学研究センター)
email:鎌倉昌樹
DOI: 10.7875/first.author.2011.096

Royalactin induces queen differentiation in honeybees.
Masaki Kamakura
Nature, 473, 478-483 (2011)

続きを読む

転写因子BATFは濾胞性ヘルパーT細胞の分化およびB細胞のクラススイッチを制御することにより抗体産生応答を制御する

2011年6月20日

伊勢 渉
(大阪大学免疫学フロンティア研究センター 分化制御研究室)
email:伊勢 渉
DOI: 10.7875/first.author.2011.092

The transcription factor BATF controls the global regulators of class-switch recombination in both B cells and T cells.
Wataru Ise, Masako Kohyama, Barbara U. Schraml, Tingting Zhang, Bjoern Schwer, Uttiya Basu, Frederick W. Alt, Jun Tang, Eugene M. Oltz, Theresa L. Murphy, Kenneth M. Murphy
Nature Immunology, 12, 536-543 (2011)

続きを読む

タンパク質の膜透過を促進する膜タンパク質SecDFの構造と機能

2011年6月20日

塚崎智也1・森 博幸2・伊藤維昭3・濡木 理1
1東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻,2京都大学ウイルス研究所 がん遺伝子研究分野,3京都産業大学総合生命科学部 生命システム学科)
email:塚崎智也森 博幸伊藤維昭濡木 理
DOI: 10.7875/first.author.2011.093

Structure and function of a membrane component SecDF that enhances protein export.
Tomoya Tsukazaki, Hiroyuki Mori, Yuka Echizen, Ryuichiro Ishitani, Shuya Fukai, Takeshi Tanaka, Anna Perederina, Dmitry G. Vassylyev, Toshiyuki Kohno, Andrés D. Maturana, Koreaki Ito, Osamu Nureki
Nature, 474, 235-238 (2011)

続きを読む

マウス胚の前後方向を決定する遠位臓側内胚葉の起源と役割

2011年6月17日

高岡勝吉・濱田博司
(大阪大学大学院生命機能研究科 発生遺伝学研究室)
email:高岡勝吉
DOI: 10.7875/first.author.2011.094

Origin and role of distal visceral endoderm, a group of cells that determines anterior-posterior polarity of the mouse embryo.
Katsuyoshi Takaoka, Masamichi Yamamoto, Hiroshi Hamada
Nature Cell Biology, 13, 743-752 (2011)

続きを読む

mTORとオートファジーとが共存するコンパートメントにより補強される細胞の分泌表現型

2011年6月15日

成田昌子・成田匡志
(英国Cancer Research UK Cambridge Research Institute)
email:成田匡志
DOI: 10.7875/first.author.2011.091

Spatial coupling of mTOR and autophagy augments secretory phenotypes.
Masako Narita, Andrew R. J. Young, Satoko Arakawa, Shamith A. Samarajiwa, Takayuki Nakashima, Sei Yoshida, Sungki Hong, Lorraine S. Berry, Stefanie Reichelt, Manuela Ferreira, Simon Tavaré, Ken Inoki, Shigeomi Shimizu, Masashi Narita
Science, 332, 966-970 (2011)

続きを読む