ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

細菌のべん毛タンパク質輸送装置とF型ATP合成酵素との意外な類似性

2011年2月28日

伊吹達也・難波啓一
(大阪大学大学院生命機能研究科 プロトニックナノマシン研究室)
email:難波啓一
DOI: 10.7875/first.author.2011.035

Common architecture of the flagellar type III protein export apparatus and F- and V-type ATPases.
Tatsuya Ibuki, Katsumi Imada, Tohru Minamino, Takayuki Kato, Tomoko Miyata, Keiichi Namba
Nature Structural & Molecular Biology, 18, 277-282 (2011)

続きを読む

XBP1u mRNAが小胞体膜において効率よくスプライシングされるには翻訳停止反応が必要である

2011年2月28日

柳谷耕太・河野憲二
(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 細胞生物学専攻動物細胞工学講座)
email:柳谷耕太河野憲二
DOI: 10.7875/first.author.2011.034

Translational pausing ensures membrane targeting and cytoplasmic splicing of XBP1u mRNA.
Kota Yanagitani, Yukio Kimata, Hiroshi Kadokura, Kenji Kohno
Science, 331, 586-589 (2011)

続きを読む

脳の固有のシナプス層への視神経の軸索の投射において2つの膜タンパク質が協調している

2011年2月24日

鈴木(羽毛田)聡子・鈴木崇之
(ドイツMax Planck Institute of Neurobiology,Axonal Guidance and Neuronal Connectivity)
email:鈴木崇之
DOI: 10.7875/first.author.2011.033

Golden Goal collaborates with Flamingo in conferring synaptic-layer specificity in the visual system.
Satoko Hakeda-Suzuki, Sandra Berger-Müller, Tatiana Tomasi, Tadao Usui, Shin-ya Horiuchi, Tadashi Uemura, Takashi Suzuki
Nature Neuroscience, 14, 314-323 (2011)

続きを読む

免疫反応の際のインターロイキン17産生T細胞の可塑性

2011年2月23日

廣田 圭司
(英国Medical Research Council National Institute for Medical Research,Division of Molecular Immunology)
email:廣田圭司
DOI: 10.7875/first.author.2011.032

Fate mapping of IL-17-producing T cells in inflammatory responses.
Keiji Hirota, João H. Duarte, Marc Veldhoen, Eve Hornsby, Ying Li, Daniel J. Cua, Helena Ahlfors, Christoph Wilhelm, Mauro Tolaini, Ursula Menzel, Anna Garefalaki, Alexandre J. Potocnik, Brigitta Stockinger
Nature Immunology, 12, 255-263 (2011)

続きを読む

活動電位は軸索の伝導中に制御される

2011年2月16日

佐々木拓哉・池谷裕二
(東京大学大学院薬学系研究科 薬品作用学教室)
email:佐々木拓哉池谷裕二
DOI: 10.7875/first.author.2011.031

Action-potential modulation during axonal conduction.
Takuya Sasaki, Norio Matsuki & Yuji Ikegaya
Science, 331, 599-601 (2011)

続きを読む

ショウジョウバエの雄特異的な介在ニューロンは雌への接触により活性化され定型的な求愛行動の引き金をひく

2011年2月15日

古波津 創・小金澤雅之・山元大輔
(東北大学大学院生命科学研究科 脳機能遺伝分野)
email:山元大輔
DOI: 10.7875/first.author.2011.030

Female contact activates male-specific interneurons that trigger stereotypic courtship behavior in Drosophila.
Soh Kohatsu, Masayuki Koganezawa & Daisuke Yamamoto
Neuron, 69, 498-508 (2011)

続きを読む

SIK2はTORC1-CREB経路を介してニューロンの障害を制御する

2011年2月15日

佐々木 勉1・竹森 洋2・北川一夫1
1大阪大学大学院医学系研究科 神経内科学,2医薬基盤研究所創薬基盤研究部 代謝疾患関連タンパク探索プロジェクト)
email:佐々木 勉北川一夫
DOI: 10.7875/first.author.2011.029

SIK2 is a key regulator for neuronal survival after ischemia via TORC1-CREB.
Tsutomu Sasaki, Hiroshi Takemori, Yoshiki Yagita, Yasukazu Terasaki, Tatsuya Uebi, Nanao Horike, Hiroaki Takagi, Teruo Susumu, Hiroshi Teraoka, Ken-ichi Kusano, Osamu Hatano, Naoki Oyama, Yukio Sugiyama, Saburo Sakoda, Kazuo Kitagawa
Neuron, 69, 106-119 (2011)

続きを読む

膜貫通型セマフォリンのシグナルが網膜における層特異的な神経回路の形成を制御する

2011年2月14日

松岡亮太・Alex L. Kolodkin
(米国Johns Hopkins大学School of Medicine,The Solomon H. Snyder Department of Neuroscience)
email:松岡亮太
DOI: 10.7875/first.author.2011.028

Transmembrane semaphorin signalling controls laminar stratification in the mammalian retina.
Ryota L. Matsuoka, Kim T. Nguyen-Ba-Charvet, Aijaz Parray, Tudor C. Badea, Alain Chédotal, Alex L. Kolodkin
Nature, 470, 259-263 (2011)

続きを読む

古細菌の細胞分裂を担うESCRT-III複合体の分子構造的な基盤

2011年2月14日

帯田 孝之
(富山大学大学院医学薬学研究部 構造生物学研究室)
email:帯田孝之
DOI: 10.7875/first.author.2011.027

Molecular and structural basis of ESCRT-III recruitment to membranes during archaeal cell division.
Rachel Y. Samson, Takayuki Obita, Ben Hodgson, Michael K. Shaw, Parkson Lee-Gau Chong, Roger L. Williams, Stephen D. Bell
Molecular Cell, 41, 186-196 (2011)

続きを読む

GDNFをコードする遺伝子のエピジェネティックな制御がストレスへの適応と不適応を決定する

2011年2月9日

内田周作・渡邉義文
(山口大学大学院医学系研究科 高次脳機能病態学分野)
email:内田周作
DOI: 10.7875/first.author.2011.026

Epigenetic status of gdnf in the ventral striatum determines susceptibility and adaptation to daily stressful events.
Shusaku Uchida, Kumiko Hara, Ayumi Kobayashi, Koji Otsuki, Hirotaka Yamagata, Teruyuki Hobara, Takayoshi Suzuki, Naoki Miyata, Yoshifumi Watanabe
Neuron, 69, 359-372 (2011)

続きを読む