ライフサイエンス 新着論文レビュー

First author's

アレスチンの移行は光情報変換系によって促進されその量は異性化したロドプシンの量に対し化学量論的である

2010年10月29日

佐藤 明子
(名古屋大学大学院理学研究科 生命理学専攻細胞形態形成グループ)
email:佐藤明子
DOI: 10.7875/first.author.2010.044

Arrestin translocation is stoichiometric to rhodopsin isomerization and accelerated by phototransduction in Drosophila photoreceptors.
Akiko K. Satoh, Hongai Xia, Limin Yan, Che-Hsiung Liu, Roger C. Hardie, Donald F. Ready
Neuron, 67, 997-1008 (2010)

続きを読む

U1 snRNPはmRNA前駆体を異常な切断とポリA化から保護する

2010年10月27日

甲斐田 大輔
(米国Pennsylvania大学School of Medicine,Department of Biochemistry and Biophysics)
email:甲斐田大輔
DOI: 10.7875/first.author.2010.043

U1 snRNP protects pre-mRNAs from premature cleavage and polyadenylation.
Daisuke Kaida, Michael G. Berg, Ihab Younis, Mumtaz Kasim, Larry N. Singh, Lili Wan, Gideon Dreyfuss
Nature, 468, 664-668 (2010)

続きを読む

1分子操作技術に立脚した回転モータータンパク質F1-ATPaseの化学-力学共役機構の解明

2010年10月26日

渡邉力也1野地博行2
1大阪大学産業科学研究所 生体分子エナジェティクス研究分野,2東京大学大学院工学系研究科 応用化学専攻)
email:渡邉力也
DOI: 10.7875/first.author.2010.042

Phosphate release in F1-ATPase catalytic cycle follows ADP release.
Rikiya Watanabe, Ryota Iino, Hiroyuki Noji
Nature Chemical Biology, 6, 814-820 (2010)

続きを読む

アダプタータンパク質AP-3によるToll様受容体シグナル伝達の制御機構

2010年10月22日

笹井美和・岩崎明子
(米国Yale大学School of Medicine,Department of Immunobiology)
email:笹井美和岩崎明子
DOI: 10.7875/first.author.2010.040

Bifurcation of Toll-like Receptor 9 Signaling by Adaptor Protein 3.
Miwa Sasai, Melissa M. Linehan, Akiko Iwasaki
Science, 329, 1530-1534 (2010)

続きを読む

線虫の嗅覚可塑性はフェロモンシグナルによって制御されている

2010年10月22日

山田康嗣・飯野雄一
(東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
email:山田康嗣飯野雄一
DOI: 10.7875/first.author.2010.041

Olfactory plasticity is regulated by pheromonal signaling in Caenorhabditis elegans.
Koji Yamada, Takaaki Hirotsu, Masahiro Matsuki, Rebecca A. Butcher, Masahiro Tomioka, Takeshi Ishihara, Jon Clardy, Hirofumi Kunitomo, Yuichi Iino
Science, 329, 1647-1650 (2010)

続きを読む

T細胞の活性化に対する補助刺激受容体CTLA-4による時空間的な制御機構の解明

2010年10月18日

横須賀 忠・斉藤 隆
(理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター 免疫シグナル研究グループ)
email:横須賀 忠斉藤 隆
DOI: 10.7875/first.author.2010.037

Spatiotemporal basis of CTLA-4 costimulatory molecule-mediated negative regulation of T cell activation.
Tadashi Yokosuka, Wakana Kobayashi, Masako Takamatsu, Kumiko Sakata-Sogawa, Hu Zeng, Akiko Hashimoto-Tane, Hideo Yagita, Makio Tokunaga, Takashi Saito
Immunity, 33, 326-339 (2010)

続きを読む

活性X染色体からのXist遺伝子の発現の抑制はマウス体細胞クローンの効率を改善する

2010年10月18日

井上貴美子・小倉淳郎
(理化学研究所バイオリソースセンター 遺伝工学基盤技術室)
email:小倉淳郎
DOI: 10.7875/first.author.2010.039

Impeding Xist expression from the active X chromosome improves mouse somatic cell nuclear transfer.
Kimiko Inoue, Takashi Kohda, Michihiko Sugimoto, Takashi Sado, Narumi Ogonuki, Shogo Matoba, Hirosuke Shiura, Rieko Ikeda, Keiji Mochida,Takashi Fujii, Ken Sawai, Arie P. Otte, X. Cindy Tian, Xiangzhong Yang, Fumitoshi Ishino, Kuniya Abe, Atsuo Ogura
Science, 330, 496-499 (2010)

続きを読む

代謝によるグルタミン酸の輸送と放出の制御

2010年10月18日

森山 芳則
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 生体膜機能生化学研究室)
email:森山芳則
DOI: 10.7875/first.author.2010.038

Metabolic control of vesicular glutamate transport and release.
Narinobu Juge, John A. Gray, Hiroshi Omote, Takaaki Miyaji, Tsuyoshi Inoue, Chiaki Hara, Hisayuki Uneyama, Robert H. Edwards, Roger A. Nicoll, Yoshinori Moriyama
Neuron, 68, 99-112 (2010)

続きを読む

リジルtRNA合成酵素パラログGenXおよびYjeKによる翻訳因子EF-Pのアミノアシル化修飾

2010年10月13日

柳沢達男・横山茂之
(理化学研究所生命分子システム基盤研究領域)
email:横山茂之
DOI: 10.7875/first.author.2010.036

A paralog of lysyl-tRNA synthetase aminoacylates a conserved lysine residue in translation elongation factor P.
Tatsuo Yanagisawa, Tomomi Sumida, Ryohei Ishii, Chie Takemoto, Shigeyuki Yokoyama
Nature Structural & Molecular Biology, 17, 1136-1143 (2010)

続きを読む

第3のNF-κB活性化機構:紫外線はIKKβのアダプター機能を介してNF-κBの活性化を誘導する

2010年10月12日

土谷佳弘・鎌田英明
(広島大学大学院医歯薬学総合研究科 医化学研究室)
email:鎌田英明
DOI: 10.7875/first.author.2010.032

Nuclear IKKβ is an adaptor protein for IκBα ubiquitination and degradation in UV-induced NF-κB activation.
Yoshihiro Tsuchiya, Tomoichiro Asano, Keiko Nakayama, Tomohisa Kato Jr., Michael Karin, Hideaki Kamata
Molecular Cell, 39, 570-582 (2010)

続きを読む